仁正寺藩

市橋家

名跡取立 1万8千石
外様 柳間 陣屋

越後三条で4万1千石を領していた市橋長勝に実子がなく、収公されたが、その後市橋長政に近江仁正寺(西大路とも)で名跡が認められ、2万石を得た。
長政は一門の市橋長吉に2千石を分知、1万8千石となり、一家支配で維新に至る。

仁政寺は蒲生氏の日野城の近傍である。

近畿地区には、地味な外様小藩がひっそりとあって面白い。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

市橋長政(ながまさ)

従五位下 下総守
林右衛門左衛門の三男で、母は市橋長利の娘

二代

市橋政信(まさのぶ)

従五位下 下総守
市橋長政の長男

三代

市橋信直(のぶなお)

従五位下 下総守
市橋政信の長男

四代

市橋直方(なおかた)

従五位下 壱岐守
越後新発田藩主溝口重雄の三男

五代

市橋直挙(なおたか)

従五位下 下総守
筑後三池藩主立花種明の二男

六代

市橋長■(ながてる)

従五位下 伊豆守
稲葉薫通の二男

七代

市橋長昭(ながあき)

従五位下 下総守
市橋長てるの長男

八代

市橋長発(ながはる)

従五位下 伊豆守
市橋長昭の長男

九代

市橋長富(ながとみ)

従五位下 主殿頭
出羽庄内藩主酒井忠徳の子

十代

市橋長和(ながかず)

従五位下 下総守
出羽庄内藩主酒井忠器の子
六代長てるの「てる」の字は「王」偏に「連」

近江の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る