伊勢西条(にしじょう)藩・南林崎藩

有馬家

加増新知 1万石
譜代 菊間 陣屋

八代将軍吉宗の紀州時代からの側近であった有馬氏倫は、吉宗の将軍就任にともなって2千石の直臣となり、加増を受けて伊勢西条で1万石を得る。

西条村が隣藩の伊勢神戸城下にあまりに隣接していることから、替地が行われ、さらに居所を伊勢南林崎に移す。
この移転は二代氏久の時とする説と五代氏恕の時とする説があり、ここでは、一連のものとして扱う

氏恕の時にやはり領内であった上総五井に居所移転、さらに氏郁の時に、下野吹上に居所を移すが、伊勢南林崎分領は、有馬家領地として、維新まで及ぶ。

この有馬家は、久留米藩の有馬家を宗家とするが、和歌山藩の陪臣であった有馬氏倫が、取り立てられて、諸侯の列したので、こちらは譜代大名とということになる。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

有馬氏倫(うじのり)

従五位下 兵庫頭
有馬清兵衛の子

二代

有馬氏久(うじひさ)

従五位下 備後守
紀伊徳川家家臣、渡辺主水泰綱の子

三代

有馬氏恒(うじつね)

従五位下 式部少輔
信濃飯田藩主堀親蔵の四男

四代

有馬氏房(うじふさ)

不祥
有馬氏久の三男

五代

有馬氏恕(うじしげ)

従五位下 備後守
有馬氏貞の長男

上総五井へ

伊勢の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.