長島藩

菅沼家→松平(久松)家→松平(久松)家→増山(ましやま)

関ヶ原ののち、上野より、菅沼定仍が2万石で長島に入り、成立。
子の定芳に継いで、定芳は近江膳所へ。

この間、万石に満たないので藩ではないが、領主としては松平(久松)定勝の五男、松平(久松)定房が新知取り立て7千石で入り、伊予今治へ。
同じく、その弟松平(久松)定政が同じく7千石で入って、三河刈谷へ転出する。

大名としては、下野那須より、松平(久松)康尚が1万石で入って復活。忠充に継ぐが、突然、近臣や侍女などを斬り、狂気として改易。

常陸下館より増山正弥が入って、以後2万石の地味な藩ながら、維新まで増山家の支配をまっとうする。

増山家は大名に取り立てられたのは、正弥の先代増山正利の時で、正利は将軍家綱の生母宝樹院の弟であった。増山正利は当初1千石で召し出され、相模のうちで1万石、三河西尾2万石、甥の正弥に継いで、常陸下館を経て、長島に移ってたものである。


歴代藩主

菅沼家

上野のうちより 2万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

菅沼定仍(さだより)

従五位下 志摩守
菅沼定盈の二男

二代

菅沼定芳(さだよし)

従五位下 織部正
菅沼定盈の六男

近江膳所へ

松平(久松)家

下野那須より 1万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)康尚(やすひさ)

従五位下 佐渡守
美濃大垣藩主松平(久松)忠良の三男

二代

松平(久松)忠充(ただみつ)

従五位下 佐渡守
松平(久松)康尚の二男

狂疾改易

増山家

常陸下館より 2万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

増山正弥(まさみつ)

従五位下 兵部少輔
那須資弥の長男。那須資弥は増山正利の弟

二代

増山正任(まさとう)

従五位下 河内守
増山正弥の長男

三代

増山正武(まさたけ)

従五位下 弾正少弼
増山正任の二男

四代

増山正贇(まさよし)

従五位下 対馬守
長門長府藩主毛利匡広の九男

五代

増山正賢(まさかた)

従五位下 河内守
増山正贇の長男

六代

増山正寧(まさやす)

従五位下 弾正少弼
増山正賢の長男

七代

増山正修(まさなお)

従五位下 対馬守
出羽庄内藩主酒井忠器の二男 正寧の女婿となる

八代

増山正同(まさとも)

従五位 備中守
大和櫛羅藩主永井直方の二男

伊勢の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.