宮川藩

堀田家

上野吉井より 1万石→1万3千石
譜代 帝鑑間 陣屋

堀田正国(致仕後正休)は父の下総佐倉藩主堀田正信が、無断帰城、改易され、所領を没収されていた。

その後許されて、上野吉井〜近江宮川1万石を得る。

その後佐倉藩は堀田正信の弟の堀田正俊の家系が、立身して上野安中、出羽山形、陸奥福島などを経て下総佐倉に返り咲くが、堀田正俊は、兄堀田正信の名跡取り立てというよりも、新規召し出しという印象もあり、堀田正信の嫡男であるこの近江宮川の堀田正国が堀田宗家の名跡を継いだと考えるべきと思う。
とは言いながらやはり石高の点でも、歴代の幕格での活躍もあり、正俊に始まる後期佐倉藩の堀田家が宗家という印象があるのはやむを得ない。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正国(まさくに)
のち正休(まさやす)

従五位下 豊前守
堀田正信の長男

二代

堀田正朝(まさとも)

従五位下 駿河守
堀田正国の子

三代

堀田正陳(まさのぶ)

従五位下 出羽守
堀田正朝の子

四代

堀田正邦(まさくに)

従五位下 出羽守
堀田正陳の子

五代

堀田正穀(まさざね)

従五位下 豊前守
堀田正邦の子

六代

堀田正民(まさたみ)

従五位下 豊前守
堀田正穀の子

七代

堀田正義(まさのり)

従五位下 豊前守
美濃大垣藩主戸田氏庸の子

八代

堀田正誠(まさずみ)

従五位下 豊前守
本多助信の子

九代

堀田正養(まさやす)

従五位下 豊前守
出羽亀田藩主岩城隆喜の子

近江の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る