宮津藩

京極家→<天領>→永井家→阿部家→奥平家→青山家→松平(本庄)家

関ヶ原戦役後、細川家が豊前中津へ増転封されると、丹後には、信濃飯田より、京極高知が当初田辺に入って丹後一国を領するが、高知は嫡男高広を宮津に、高三を田辺に、養子高通を峯山に入れ、丹後に3藩を並立させる。宮津藩は7万8千石。

京極家は二代高広が隠居後、子の当主の三代京極高国と争い、幕府の裁決で改易となってしまう。

天領を経て、永井尚征が7万3千石で入るが、次ぎの永井尚長は四代将軍家綱の法要の際、増上寺で志摩鳥羽藩主内藤忠勝に諍いの上、斬り殺され、改易。

武蔵岩槻より、阿部正邦が9万9千石で入るが、下野宇都宮へ。

下野宇都宮より、奥平昌成が9万石で入るが、豊前中津へ。

信濃飯山より青山より青山幸秀が入り、幸道に継いで、「宝暦騒動」後の美濃郡上八幡へ。

遠江浜松より松平(本庄)資昌が7万石で入って、藩主家は定着、以後本庄家の支配で明治に至る。


歴代藩主

京極家

信濃飯田より 12万3千石→7万8千石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

京極高知(たかとも)

従四位下 丹後守 侍従
京極高吉の子

二代

京極高広(たかひろ)

従四位下 丹後守
京極高知の長男

三代

京極高国(たかくに)

従四位下 丹後守 侍従
京極高広の子

家中騒動改易

<天領>

永井家

山城淀より 7万3千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

永井尚征(なおゆき)

従五位下 右近大夫
永井尚政の長男

二代

永井尚長(なおなが)

従五位下 信濃守
永井尚征の子

刃傷改易
のち大和新庄・櫛羅に名跡再興

阿部家

武蔵岩槻より 9万9千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部正邦(まさくに)

従五位下 対馬守
阿部定高の二男

下野宇都宮へ

奥平家

下野宇都宮より 9万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

奥平昌成(まさしげ)

従四位下 大膳大夫
奥平昌章の二男

豊前中津へ

青山家

信濃飯山より 4万8千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

青山幸秀(よしひで)

従五位下 大膳亮
青山幸督の長男

二代

青山幸道(よしみち)

従五位下 大和守
青山幸秀の二男

美濃郡上八幡へ

松平(本庄)家

遠江浜松より 7万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(本庄)資昌(すけまさ)

従五位下 伊予守
松平(本庄)資訓の四男

二代

松平(本庄)資尹(すけただ)

従五位下 大隈守
出羽庄内藩主酒井忠寄の七男

三代

松平(本庄)資承(すけつぐ)

従五位下 伊予守
松平正温の三男

四代

松平(本庄)宗允(むねただ)

従五位下 大隈守
松平(本庄)資承の二男

五代

松平(本庄)宗発(むねあきら)

従四位下 伯耆守 侍従
松平(本庄)資承の子

六代

松平(本庄)宗秀(むねひで)

従四位下 伯耆守 侍従
松平(本庄)宗允の二男

七代

松平(本庄)宗武(むねたけ)

従五位下 伯耆守
松平(本庄)宗秀の子

丹後の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る