水口藩


加藤家→鳥居家→加藤家

賤ヶ岳七本槍の一人として知られる加藤嘉明は、関ヶ原の功で伊予松山20万石、さらに会津40万石の大封を得る。

しかし、子の加藤明成は領地返上を申し出て、改易。
将軍家光は加藤家の絶えるのを惜しんで、子の加藤明友を名跡取立、石見吉永で1万石を与える。

さらに近江水口2万石となり、水口藩が成立。

明英に継ぐが、下野壬生へ。

あとに、これもやはり、無嗣改易となって、さらに能登下村に名跡を認められていた鳥居家、鳥居忠英が2万石で入ってくる。

鳥居家と加藤家は入れ替わり、加藤明英の子喜矩が水口に再封。

以降、加藤家の支配で維新まで続く。

二代明英が若年寄を勤めたこともあり、譜代格を認められていた。


歴代藩主

加藤家

陸奥会津→石見吉永より 2万石
譜代格 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

加藤明友(あきとも)

従五位下 内蔵介
加藤明成の長男

二代

加藤明英(あきひで)

従五位下 越中守
加藤明友の長男

下野壬生へ

鳥居家

信濃高遠→能登下村より 3万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

鳥居忠英(ただてる)

従五位下 伊賀守
信濃高遠藩主鳥居忠則の二男

下野壬生へ

加藤家

下野壬生より 2万5千石
譜代格 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

加藤喜矩(よしのり)

従五位下 和泉守
加藤明英の子加藤明治の長男

二代

加藤明経(あきつね)

従五位下 伊勢守
加藤喜矩の子

三代

加藤明煕(あきひろ)

従五位下 豊後守
分家加藤明教の子

四代

加藤明尭(あきたか)

従五位下 能登守
松平忠名の二男

五代

加藤明陳(あきのぶ)

従五位下 能登守
加藤明煕の二男

六代

加藤明允(あきまさ)

従五位下 能登守
加藤明煕の子

七代

加藤明邦(あきくに)

従五位下 能登守
加藤明允の長男

八代

加藤明軌(あきのり)

従五位下 越中守
加藤明邦の二男

九代

加藤明実(あきざね)

正三位 能登守
加藤明邦の三男

近江の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る