三日月藩

森家

美作津山新田領より 1万石
外様 柳間 陣屋

美作津山藩の森家宗家が改易となるにともなって、美作の内に1万石の新田領を分知されていた森長俊も失領し、領地を播磨に移され、三日月に陣屋を構えて立藩する。

森家の宗家は、森長継のあと、長武、長成と次々と早世し、次ぎの象利(あつとし)も発狂したため除封となる。しかし、この時、四代前の森長継が87歳で存命であったため再出仕、備中西江原に新知名跡2万石を許され、八男の長直が継いで、播磨赤穂に移り、赤穂藩の森家として存続する。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

森長俊(ながとし)

従五位下 対馬守
美作津山藩主森長継の五男

二代

森長記(ながのり)

従五位下 安芸守
森長俊の長男

三代

森俊春(としはる)

従五位下 対馬守
森長記の五男

四代

森俊韶(としつぐ)

従五位下 対馬守
森俊春の長男

五代

森快温(はやあつ)

従五位下 丹波守
安芸広島藩主浅野重晟の二男

六代

森長義(ながよし)

従五位下 河内守
一門である備中新見藩主関長誠の二男

七代

森長篤(ながあつ)

従五位下 対馬守
播磨赤穂藩主森忠賛の五男

八代

森長国(ながくに)

従五位下 佐渡守
六代森長義の長男

九代

森俊滋(とししげ)

従五位下 伊豆守
森長国の二男

播磨の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る