新庄藩・櫛羅藩

永井家

丹後宮津〜改易→ 1万石
譜代 菊間 陣屋

志摩鳥羽藩の項もあわせてご参照願いたいが、丹後宮津藩主だった永井尚長は、増上寺での将軍家綱の法要の際に、兼ねてから不仲だった志摩鳥羽藩主内藤忠勝と口論となり、斬りつけられ絶命する。斬られた方も、士道不覚悟ということであるから、改易。
しかし、情状酌量されて、尚長の弟、永井直圓に名跡が認められ、大和新庄に1万石を得た。

その後、八代永井直壮のとき、居所を櫛羅に移し、櫛羅(くじら)藩と称す。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

永井直圓(なおみつ)

従五位下 能登守
永井尚征の子 永井尚長の弟

二代

永井直亮(なおすけ)

従五位下 播磨守
永井直圓の二男

三代

永井直国(なおくに)

従五位下 信濃守
永井直亮の二男

四代

永井直温(なおあつ)

従五位下 信濃守
永井直国の二男

五代

永井直方(なおかた)

従五位下 信濃守
永井直温の長男

六代

永井直養(なおのぶ)

従五位下 信濃守
永井直方の子

七代

永井直幹(なおもと)

従五位下 播磨守
美濃加納藩主永井尚佐の七男

八代

永井直壮(なおたか)

従五位下 信濃守
永井直次の二男

九代

永井直哉(なおちか)

従五位下 信濃守
下総高岡藩主井上正瀧の五男

大和の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る