郡山藩

水野家→松平(奥平)家→本多家→松平(藤井)家→本多家→柳沢家

増田長盛の領していた大和郡山は、増田長盛が関ヶ原で敗れ、天領となっていたが、三河刈谷より水野勝成が入り、6万石で立藩。備後福山へ。

豊臣秀頼の後、最後の摂津大坂藩主となった松平(奥平)忠明が12万石で入り、播磨姫路へ。

播磨姫路から本多政勝が15万石で入るが、政勝が没すると、後嗣を巡って有名な「九・六騒動」が起き、政勝の従兄弟、本多政長が9万石、政勝の実子本多政利が6万石と分かたれる。
これは、本多政勝の先代、兄の政朝が没するにあたって、嫡子政長が幼く、本多家には藩祖平八郎忠勝以来、「馬の乗り降り自在」でないものが当主となってはならない、という家訓があるため、子の政長に敢えて姫路藩を相続させず、弟の政勝にピンチヒッターを依頼し、政長成長ののちに、嫡流に戻すべく遺言した。
しかし、政勝は次第に実子可愛さに子の政利を継嗣にしようと画策しだし、藩内家臣も二分する騒動となり、幕府の裁定を受ける事態となった。
結果、15万石を嫡流政長が9万石、政利に6万石に分割ということで決着したため、「九・六騒動」というのである。

この事件は、譜代名門の本多家が、結果的に小藩分立して、影が薄くなり、幕閣への影響力をも弱めていくことに繋がる契機とも言える。
幕末まで重きを成した井伊家、酒井家に比して、本多家、榊原家は当初こそは枢要の地を任され、四天王の裔として、幕府譜代の柱石として期待されるが、自壊していった感がある。

政長から忠国に継ぎ、陸奥福島へ。政利は播磨明石へ。

播磨明石から松平(藤井)信之が8万石で入り、下総古河へ。

下野宇都宮より、本多忠平が12万石で入り、四代継ぐが相次いで幼主が早世し無嗣改易。

柳沢吉保の子、柳沢吉里が甲府より15万1千石で入り、以後柳沢家の支配で維新に至る。

綱吉の寵臣柳沢吉保は、天領、もしくは徳川家門しか領したことのない、甲府を与えられて、絶頂を究めた(しかも柳沢家は武田家の庶流)。
子の吉里も、綱吉が自分の側妾を吉保に下げ渡して、生まれた子で、綱吉がもしや自分の実子ではないか、との疑いを持ったという巷説もあり、才色兼備で、綱吉や、綱吉の母桂昌院に非常に可愛がられた。

しかし、やはり綱吉政権が終わると、甲府を新出来の成り上がり大名が領していること自体、非常に不自然であり、大和郡山へ移されるのである。大幅な減封が無かっただけ、柳沢家にとっては幸いとしなければならないであろう。


歴代藩主

水野家

三河刈谷より 6万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野勝成(かつなり)

従五位下 日向守
水野忠重の長男

備後福山へ

松平(奥平)家

伊勢亀山→摂津大坂より 12万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠明(ただあきら)

従四位下 下総守 侍従
奥平信昌の四男

播磨姫路へ

本多家

播磨姫路より 15万石→9万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多政勝(まさかつ)

従四位下 内記 侍従
本多忠朝の子

二代

本多政長(まさなが)

従五位下 中務大輔
本多政朝の二男

三代

本多忠国(ただくに)

従四位下 中務大輔 侍従
松平(水戸)頼元の次男(頼元は水戸初代徳川頼房の三男)、本多政長の養子となる。母が小笠原忠真の娘で、その母が本多忠政の娘であったことから、本多忠政の外曾孫である。

陸奥福島へ

郡山分封藩 6万石
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多政利(まさとし)

従五位下 出雲守
本多政勝の長男

播磨明石へ

郡山分封藩(2) 1万石
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多政信(まさとし)

従五位下 出雲守
本多政朝の三男

二代

本多忠英(ただひで)

従五位下 肥後守
本多政勝の五男

播磨山崎(宍粟)へ

松平(藤井)家

播磨明石より 12万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(藤井)信之(のぶゆき)

従四位下 日向守
松平(藤井)忠国の二男

下総古河へ

本多家

下野宇都宮より 12万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠平(ただひら)

従四位下 能登守
本多忠義の長男

二代

本多忠常(ただつね)

従五位下 能登守
本多忠義の子

三代

本多忠直(ただくに)

従五位下 信濃守
本多忠常の兄遠江相良藩主本多忠晴の長男

四代

本多忠村(ただむら)

なし
本多忠直の子

五代

本多忠烈(ただつら)

なし
本多忠直の子 忠村の弟

無嗣改易

柳沢家

甲斐府中より 15万1千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

柳沢吉里(よしさと)

従四位下 甲斐守 侍従
柳沢吉保の長男

二代

柳沢信鴻(のぶとき)

従四位下 美濃守
柳沢吉里の二男

三代

柳沢保光(やすみつ)

従四位下 甲斐守 侍従
柳沢信鴻の長男

四代

柳沢保泰(やすひろ)

従四位下 美濃守 侍従
柳沢保光の長男

五代

柳沢保興(やすおき)

従四位下 甲斐守
柳沢保泰の子

六代

柳沢保申(やすのぶ)

従四位下 甲斐守 侍従
柳沢保興の子

大和の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る