堅田藩

堀田家

下野佐野より 1万石
譜代 菊間→帝鑑間 陣屋

大老堀田正俊は遺領のうち下野佐野1万石を三男堀田正高に分知した。
堀田正高は所領を近江堅田に移され、堅田藩が立藩。

五代目の堀田正敦の時に下野佐野藩へ戻る。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正高(まさたか)

従五位下 備後守
上野安中藩主堀田正俊の三男

二代

堀田正永(まさなが)

従五位下 大和守
堀田正高の九男

三代

堀田正実(まさざね)

従五位下 若狭守
脇坂安利の二男

四代

堀田正富(まさとみ)

従五位下 若狭守
堀田正実の子

五代

堀田正敦(まさあつ)

従五位下 摂津守
陸奥仙台藩主伊達宗村の八男

下野佐野へ

近江の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る