神戸藩

一柳家→天領→石川家→本多家

伊勢神戸は滝川雄利が領していたが、関ヶ原で西軍となり、没収後、尾張黒田より、一柳直盛が5万石で入る。伊予西条に移ったあと、幕領となっていたが、近江膳所にあった石川憲之が伊勢亀山に入るにあたって、叔父の石川総長に分知して復活。当初1万石のち2万石。総良、総茂に継いで、常陸下館へ。

近江膳所藩の支藩として万石を得た本多忠統が河内西代より1万石、のち1万5千石で入る。

本多家の支配で維新に至る。


歴代藩主

一柳(ひとつやなぎ)

尾張黒田より 5万石
外様 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

一柳直盛(なおもり)

従五位下 監物
一柳直高の二男

伊予西条へ

<天領>

石川家

伊勢亀山藩より分知 1万石→2万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

石川総長(ふさなが)

従五位下 播磨守
石川忠総の五男

二代

石川総良(ふさよし)

従五位下 若狭守
石川総長の長男

三代

石川総茂(ふさしげ)

従四位下 近江守
石川総良の長男

常陸下館へ

本多家

河内西代より 1万石→1万5千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠統(ただむね)

従五位下 伊予守
近江膳所藩主本多康将の長男本多忠恒の二男

二代

本多忠永(ただなが)

従五位下 丹後守
本多忠統の五男

三代

本多忠興(ただおき)

従五位下 丹後守
本多忠統の三男本多忠篤の長男

四代

本多忠■(ただひろ)

従五位下 伊予守
本多忠永の三男

五代

本多忠升(ただたか)

従四位下 下総守
膳所藩主本多康桓の子本多忠薫の四男、本多忠薫は病を理由に廃嫡になり康桓実弟の本多康敏が膳所藩主となる。

六代

本多忠都(ただよし)

従五位下 伊予守
本多忠升の二男

七代

本多忠貫(ただつら)

従五位下 河内守
出羽新庄藩主戸沢正実の弟

※本多忠ひろの「ひろ」は第二水準外で、「大」の下に「周」を書く。

伊勢の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.