伊勢亀山藩

関家→松平(奥平)家→天領→三宅家→本多家→石川家→板倉家→松平(大給)家→板倉家→石川家

伊勢亀山も非常に出入りの激しい藩である。

関ヶ原後、関一政が3万石で入り成立。伯耆黒坂へ。関一政ははじめ蒲生氏郷の臣で、氏郷が伊勢松坂を領していたとき、伊勢亀山におり、旧領復帰であった。

三河作手より、松平(奥平)忠明が入るが、最初で最後の摂津大坂藩主(10万石)としてへ転出。

その後しばらく天領となる。

三河挙母より、三宅康信が1万石で入って、康盛に継いで、三河挙母へ戻る。

三河西尾より、本多俊次が5万石で入って、近江膳所へ。

近江膳所より、石川憲之が5万石で入って、山城淀へ。

下総関宿より、板倉重常が5万石で入って、重冬、重治と継いで、志摩鳥羽へ。

志摩鳥羽より、松平(大給)乗邑が6万石で入って、山城淀へ。

志摩鳥羽より、板倉重治が戻ってきて、勝澄に継いで、備中松山へ。

備中松山より、石川総慶が6万石で入り、石川家のが維新まで支配。

この亀山の石川家はご存知のように、家康の筆頭家老の地位にありながら、秀吉の元に翻しった石川数正の家。
石川数正は秀吉に信濃松本を与えられ、長男の康長に継いで徳川時代もそのまま領有が許されていたが、大久保長安事件に連座して改易。
数正の叔父の家成が石川家の祖となるが、子の康通は大垣で5万石を領するまでになる。数正−康長の石川家は外様だが、家成に始まる石川家は徳川取り立てという扱いで、譜代。
石川康通は家成に先立ち、家成が再勤し、外孫の大久保忠隣の子忠総を養子にするが、これが大久保長安−忠隣の失脚に引っかかり、罪を得る。
大坂の陣の功などもあって、豊後日田、下総佐倉、近江膳所と経て、7万石までになる。
次ぎの石川憲之がこの伊勢亀山に一旦入るが、山城淀、備中松山を経て、総慶の時に、また伊勢亀山に戻ってくる。

石川忠総の二男、総長は兄の憲之が伊勢亀山に入ったときに伊勢神戸を分け与えられ、下館藩の石川家に繋がる。


歴代藩主

関家

美濃多良より 3万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

関一政(かずまさ)

従五位下 長門守
関盛信の二男

伯耆黒坂5万石へ
のち嗣子無く改易、甥の関氏盛に5千石で名跡

松平(奥平)家

三河作手より 5万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠明(ただあきら)

従四位下 下総守 侍従
奥平信昌の四男

摂津大坂を経て大和郡山へ

<天領>

三宅家

三河挙母より 1万石→2万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

三宅康信(やすのぶ)

従五位下 越後守
三宅康貞の長男

二代

三宅康盛(やすもり)

従五位下 大膳亮
三宅康信の長男

三河挙母へ

本多家

三河西尾より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多俊次(としつぐ)

従五位下 下総守
本多康俊の長男

近江膳所へ

石川家

近江膳所より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

石川憲之(のりゆき)

従五位下 主殿頭
石川忠総長男で父に先立った石川廉勝(かどかつ)の長男

山城淀へ

板倉家

下総関宿より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

板倉重常(しげつね)

従五位下 隠岐守
板倉重郷の長男

二代

板倉重冬(しげふゆ)

従五位下 周防守
板倉重大の長男

三代

板倉重治(しげはる)

従五位下 近江守
板倉重冬の長男

志摩鳥羽へ

松平(大給)家

志摩鳥羽より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)乗邑(のりさと)

従四位下 和泉守 侍従
松平(大給)乗春の長男

山城淀へ

板倉家

志摩鳥羽より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

板倉重治(しげはる)

従四位下 近江守
板倉重冬の長男

二代

板倉勝澄(かつずみ)

従五位下 周防守
板倉重治の長男

備中松山へ

石川家

備中松山より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

石川総慶(ふさよし)

従五位下 主殿頭
石川憲之の長男石川昌能の子石川勝之の長男

二代

石川総尭(ふさたか)

従五位下 主殿頭
石川総慶の二男

三代

石川総純(ふさずみ)

従五位下 日向守
石川総慶の長男石川総英の長男

四代

石川総博(ふさひろ)

従五位下 日向守
分家石川総恒の二男

五代

石川総師(ふさのり)

従五位下 主殿頭
石川総徳の子

六代

石川総佐(ふさすけ)

従五位下 主殿頭
石川総師の長男

七代

石川総安(ふさやす)

従五位下 主殿頭
常陸下館藩主石川総般の二男

八代

石川総紀(ふさのり)

従五位下 日向守
分家石川総登の長男

九代

石川総禄(ふさよし)

従五位下 主殿頭
常陸下館藩主石川総般の子石川総安の長男

十代

石川総脩(ふさのぶ)

なし
石川総紀の子

十一代

石川成之(なりゆき)

従五位下 日向守
石川総紀の子

伊勢の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.