柏原(かいばら)藩 柏原藩陣屋跡の写真 All Photo By Ken究所長

織田家→天領→織田家

丹波柏原(かいばら)藩は織田家以外の大名はいないのだが、一家支配というわけではなく、前期織田家、後期織田家に分かれ、それぞれ、系統が違う。

織田家の血筋を引く大名家は、織田信長の二男の織田信雄の系統と、信長の弟、有楽斎織田長益の系統が、結果的には明治まで残るが、当初は、信長の三弟の織田信包が残っていたのである。しかしこの織田信包家は、三代継ぐが無嗣絶家となってしまう。

しばらく天領となったのち、大和宇陀藩にあった織田信武が騒動を起こし、当初、改易ということだったが、家柄を重んじ、信武の子織田信休に減封の上、丹波柏原で存続が認められる。

地図はこちら


歴代藩主

織田家

3万6千石
外様 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

織田信包(のぶかね)

従三位 左近衛中将
織田信秀の三男、織田信長の弟

二代

織田信則(のぶなり)

従四位下 刑部大輔
織田信包の三男

三代

織田信勝(のぶかつ)

従五位下 上総介
織田信則の長男

無嗣改易

<天領>

織田家

大和宇陀松山より 2万石
外様 柳間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

織田信休(のぶやす)

従五位下 近江守
織田信武の子

二代

織田信朝(のぶとも)

従五位下 出雲守
織田信休の長男

三代

織田信旧(のぶひさ)

従五位下 山城守
織田信休の三男

四代

織田信憑(のぶより)

従四位下 出雲守
分家織田対馬守信栄の子

五代

織田信守(のぶもり)

従五位下 山城守
織田信憑の子

六代

織田信古(のぶもと)

従五位下 近江守
織田信旧の三男織田信応の長男

七代

織田信貞(のぶさだ)

従五位下 出雲守
織田信古の長男

八代

織田信敬(のぶのり)

従五位下 出雲守
肥後宇土藩主細川之寿の三男

九代

織田信民(のぶたみ)

従五位下 山城守
筑前秋月藩主黒田長元の四男

十代

織田信親(のぶちか)

従五位下 出雲守
交替寄合のち備中成羽藩主山崎治正の二男

丹波の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る