出石藩

小出家→松平(藤井)家→仙石家

小出家については、丹後園部藩に書いた内容と重複するが、小出秀政と長男の小出吉政は、関ヶ原で西軍についてしまうが、二男の小出秀家が東軍方として活躍し、その功を持って、秀政、吉政も許され、但馬出石の6万石の旧領を安堵される。

初期の小出家は親子相勤めのような形になっているので、いささか複雑な経緯だが、秀政の死後、小出吉政は和泉岸和田に移り、出石領は嫡男の小出吉英が領した。小出吉英が岸和田を継ぐと、出石領は吉英の弟、小出吉親が別家として継ぐ。
この段階で、出石領は別家として立藩と見るべきかもしれない。
しかし、その後、岸和田藩宗家の兄小出吉英が、但馬出石に移されることとなった。それに従い弟の小出吉親は、丹波園部へ移って、園部藩を立藩する。
 結果、小出吉英は出石藩主に2回なるが、当初は父が岸和田藩主を勤めながらの、出石藩主であり、2回目は岸和田藩そのものが出石に転封となって、出石に戻ってくるわけなので、本来、小出家は第1期小出家と、岸和田から移ってきた第二期小出家に分かれる。

この宗藩である但馬出石の小出家はその後、藩主の夭折が相次ぎ、ついに無嗣断絶してしまう。

あとを受けて松平(松井)忠周が入り、信濃上田へ。

替わって信濃上田より、仙石政明が入り、幕末に至る。

有名な仙石騒動が起きるのは政美のときである。
藩財政の逼迫に伴い、筆頭家老の仙石左京は改革産業振興策を、もう一人の家老仙石造酒は、質素倹約の保守政策を、という対立構造の中、藩主政美は左京の政策を支持し、左京は強引な改革を推進する。
そして、藩主政美が嗣子なくして没すると、江戸で嗣子を選定するための支族旗本らを含めての会議が持たれる。仙石左京は国許の代表として会議出席のため江戸へ出るが、その際に自分の子、小太郎を同伴する。
実際には仙石左京は会議の場で自分の子のことを持ち出すことはなく、継嗣は仙石久利ということに決するが、長年左京の強引な藩政を快く思っていなかった反左京派は、左京の行動が穏当を欠く、として糾弾し、左京は失脚、政権は仙石造酒派の手に。
しかし、仙石造酒派は派内で争いを起こし、自壊。左京が政権に返り咲く。
反左京派はおさまらず、左京がなおも自分の子を藩主につけるべく、藩主久利の暗殺まで計画しているなどと誹謗中傷を繰り返し、ついに藩内の争いは幕府に聞こえ裁を仰ぐことに。
結果、仙石左京は獄門、出石藩も半知の3万石に。世はすでに幕末、時代錯誤的な御家騒動。


歴代藩主

小出家

6万石→5万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小出吉政(よしまさ)

従四位下 信濃守
小出秀政の長男

和泉岸和田藩を継ぐ

二代

小出吉英(よしふさ)

従五位下 大和守
小出吉政の長男

和泉岸和田藩を継ぐ

三代

小出吉親(よしちか)

従四位下 信濃守
小出吉政の二男

和泉岸和田より小出吉英が入り、小出吉親は丹波園部へ

四代

小出吉英(よしふさ)

従五位下 大和守
小出吉政の長男

五代

小出吉重(よししげ)

従五位下 修理亮
小出吉英の二男

六代

小出英安(ふさやす)

従五位下 備前守
小出吉重の長男

七代

小出英益(ふさえき)

従五位下 大和守
小出英安の長安

八代

小出英長(ふさなが)

従五位下 播磨守
小出吉英の四男で一門分家2千石小出英信の二男

九代

小出英及(ふさつぐ)

不詳
小出英長の長男

無嗣改易

松平(藤井)家

武蔵岩槻より 4万8千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(藤井)忠周(ただちか)

従四位下 侍従 伊賀守
松平(藤井)忠晴の三男

信濃上田へ

仙石家

信濃上田より 5万8千石→3万石 
外様 柳間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

仙石政明(まさあきら)

従五位下 越前守
仙石政俊の長男仙石忠政の長男

二代

仙石政房(まさふさ)

従五位下 信濃守
藩祖仙石秀久の長男仙石久忠は失明のため嫡を弟忠政に譲っていたが、その久忠の子久治の子政治の子

三代

仙石政辰(まさとき)

従五位下 越前守
一門分家旗本2700石仙石政因(まさもと)の七男

四代

仙石久行(ひさゆき)

従五位下 刑部少輔
一門分家旗本2000石仙石久近の三男

五代

仙石久道(ひさみち)

従五位下 越前守
仙石久行の長男

六代

仙石政美(まさみつ)

従五位下 越前守
仙石久道の長男

七代

仙石久利(ひさとし)

従五位下 越前守
仙石久道の十二男


但馬の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る