久居藩

藤堂家

分知 5万3千石
外様 柳間 城主格

他の外様大名も同様だが、嗣子断絶による改易に備えるため、藤堂家も支藩創設を行う。

津藩二代藩主藤堂高次は二男の藤堂高通に5万石を分知し、久居に居所を定め久居藩を作る。
宗藩32万3千石からの分知で、津藩は表高を変更しなかったので、形としては津藩の内分大名である。
当初築城を前提に幕府に願ったが入れられず、陣屋となるが、のち城主格を認められた。

二代高堅の時、高堅は相続にあたって、既に持っていた知行3千石を併せたので、5万3千石が久居藩の石高となる。

宗家に度々藩主を送るため、代替わりが激しい。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

藤堂高通(たかみち)

従五位下 佐渡守
伊勢津藩主藤堂高次の二男

二代

藤堂高堅(たかかた)

従五位下 備前守
藤堂高次の子、高通の弟

三代

藤堂高陳(たかのぶ)

従五位下 佐渡守
藤堂高堅の長男

四代

藤堂高治(たかはる)

従五位下 大膳亮
宗藩の一門家臣藤堂出雲守高明の三男。
宗家に嗣子無く伊勢津藩主となる。
出雲守家は宗家藩祖藤堂高虎の弟高清から出て、高明は高清の孫。

五代

藤堂高豊(たかとよ)

従五位下 大膳亮
宗藩の一門家臣藤堂出雲守高武の三男
宗家を継ぎ、藤堂高朗となる。

六代

藤堂高雅(たかまさ)

従五位下 佐渡守
宗藩の一門家臣藤堂出雲守高武の四男

七代

藤堂高敦(たかあつ)

従五位下 大膳亮
藤堂高豊の長男
宗家を継ぎ、藤堂高嶷となる。

八代

藤堂高朶(たかえだ)

従五位下 左京亮
津藩主となった藤堂高朗(高豊)の六男

九代

藤堂高興(たかおき)

従五位下 弾正忠
津藩主となった藤堂高朗(高豊)の七男

十代

藤堂高衡(たかひら)

従五位下 佐渡守
宗藩の一門家臣藤堂出雲守高周の長男

十一代

藤堂高矗(たかなお)

従五位下 佐渡守
藤堂高璞の子

十二代

藤堂高兌(たかさわ)

従五位下 左近将監
津藩主となった藤堂高嶷(高敦)の三男
宗家を継ぐ

十三代

藤堂高邁(たかとう)

従五位下 佐渡守
津藩主となった藤堂高嶷(高敦)の五男

十四代

藤堂高■(たかやつ)

従五位下 佐渡守
津藩主となった藤堂高嶷(高敦)の十男

十五代

藤堂高聴(たかより)

従五位下 佐渡守
藤堂高邁の長男

十六代

藤堂高邦(たかくに)

従五位下 佐渡守
一門家臣名張領主藤堂宮内長徳の二男

藤堂高やつの「やつ」は第二水準外。説明できない字なので、のちほどgifで作りたいと思います。

伊勢の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る