綾部藩 綾部藩陣屋跡の様子 All Photos By Ken究所長

九鬼家

志摩鳥羽より 1万9千石
外様 柳間 陣屋

織田水軍として名を馳せた九鬼家は、藩祖九鬼守隆の没後、世継ぎ争いで、幕府の裁決を仰ぐ事態となり、海のない摂津三田と丹波綾部とに二分され移される。(鳥羽藩三田藩参照)

当初2万石だが、分知により1万9千500石となる。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

九鬼隆季(たかすえ)

従五位下 大隈守
九鬼守隆の三男

二代

九鬼隆常(たかつね)

従五位下 大学頭
九鬼隆季の子

三代

九鬼隆直(たかなお)

従五位下 豊前守
松平信定の十一男

四代

九鬼隆寛(たかのぶ)

従五位下 大隈守
播磨林田藩主建部政周の三男

五代

九鬼隆貞(たかさだ)

従五位下 式部少輔
九鬼隆寛の子

六代

九鬼隆祺(たかよし)

従五位下 大隈守
遠江相良藩主田沼意次の三男

七代

九鬼隆郷(たかさと)

従五位下 式部少輔
九鬼隆貞の子

八代

九鬼隆度(たかのり)

従五位下 出雲守
九鬼隆郷の子

九代

九鬼隆都(たかひろ)

従五位下 大隈守
九鬼隆郷の子、隆度の弟

十代

九鬼隆備(たかとも)

従五位下 大隈守
九鬼隆都の子

丹波の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る