丸岡藩

本多家→有馬家

越前福井藩の附け家老として本多成重が4万3千石で入ったのが、はじまりである。

本多と言えば、徳川四天王の本多忠勝、家康の謀臣本多正信が有名だが、もう一人忘れてならないのが、「鬼作左」本多作左衛門重次である。で、本多成重はその作左重次の子だが、日本一短い手紙として有名な「一筆啓上火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」は本多重次が妻に宛てた手紙で、文中の「お仙」が成重のことである。

現在、丸岡町が「日本一短い手紙」を募集し、テレビや書籍でも紹介されているのはこの故事に発している。

で、その仙千代・お仙こと本多成重は3千石の旗本であったが、越前福井藩主忠直が幼少であったことから附け家老として丸岡に入った。
忠直が乱行で咎められ、子の光長が高田に移されると、丸岡本多家はそのまま直大名となって、6万石。本来、一国一城令で、丸岡城は破却されるべきであったが、特別に残って、現存天主を今に伝えている。本多家が四代続くが、本多重益が、酒色に溺れて家臣の間に争いが起き、改易。

糸魚川の有馬清純が5万石で入って、幕末まで八代続く。

この丸岡に入った有馬家は、久留米藩や吉宗の近臣だった有馬氏倫の有馬家とは別の家で、キリシタン大名として有名な有馬晴信の後裔である。

久留米の有馬家が九州にあるので、こちらが有馬晴信の家かと思ってしまうが、久留米の有馬家、吉宗の近臣から大名になった氏倫の有馬家は、村上源氏赤松氏の支流で、有馬温泉の有馬が姓の由来で、ここ丸岡にきた、肥前の戦国大名有馬晴信の家系は瀬戸内海賊で有名な藤原純友の裔で、肥前高来郡有馬庄の地頭になったことに発している。

有馬晴信は罪を得て切腹したが、子の直純が家康にかわいがられていたので、特に許されて、日向延岡5万3千石を得た。しかし2代後の有馬清純が藩政懈怠を咎められ、陣屋格の糸魚川に移され、許されて城主である丸岡に移された。

本来外様だが、二代有馬一準の時に譜代格に上げられ、五代有馬誉純は幕政にも参与し、奏者番、寺社奉行、若年寄となっている。


歴代藩主

本多家

4万3千石
譜代
 城主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多成重(なりしげ)

従五位下 飛騨守
本多重次の子

二代

本多重能(しげよし)

従五位下 淡路守
本多成重の長男

三代

本多重昭(しげあき)

従五位下 飛騨守
本多重能の長男

四代

本多重益(しげます)

従五位下 飛騨守
本多重昭の長男

改易

有馬家

越後糸魚川より 5万石
譜代格 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

有馬清純(きよずみ)

従五位下 周防守
有馬康純の長男

二代

有馬一準(かずのり)

従五位下 左衛門佐
有馬清純の長男

三代

有馬孝純(たかずみ)

従五位下 日向守
有馬一準の長男

四代

有馬允純(まさずみ)

従五位下 左衛門佐
有馬孝純の長男

五代

有馬誉純(しげずみ)

従五位下 左衛門佐
有馬允純の長男

六代

有馬徳純(のりずみ)

従五位下 左衛門佐
越後高田藩主榊原政令の子

七代

有馬温純(はるずみ)

従五位下 日向守
有馬誉純の二男戸田純佐の長男

八代

有馬道純(みちずみ)

従五位下 左衛門佐
播磨山崎藩主本多忠鄰の二男

越前の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.