「今月の名曲」2000年8月


ズデニェク・フィビヒ 

Zdenek Fibich (1850〜1900)

交響曲第2番 変ホ長調(1892〜1893)


なるべく、色々な国の作曲家を紹介したいと思いますので、
今回はチェコのズデニェク・フィビヒ。

3曲の交響曲のなかから、とりあえず、とっつきやすい第2番を。

ボヘミア国民楽派ということになっていますが、このドヴォルザークより9歳若い作曲家は、
ドイツロマン派の影響が強く、
ボヘミア的な風合いよりも、シューマン風?、ブルックナー風?ワーグナーの影響を受けたとも書いてありますが。

前期ロマン派風の作風の、遅れてきた作曲家というのは、他にも捨てがたい作曲家がいますが、
この曲の書かれた1892年といえば、マーラーが「復活」を書いている年ですから、
こんな保守的な曲の評価が低いのは止むを得ないか。

とはいえ、毎度の決まり文句ですが、「捨て難い魅力」があります。

第1楽章:Alleglo moderato

第2楽章:Adagio

第3楽章:Scherzo.Presto - Trio.Molto meno mosso - Presto

第4楽章:Finale,Allegro Energico
試聴1楽章より 試聴2楽章より 試聴3楽章より 試聴4楽章より

良い音で1楽章より 良い音で2楽章より 良い音で3楽章より 良い音で4楽章より 


参考CD

CHANDOS CHAN-9328
指揮:ネーメ・ヤルヴィ
デトロイト交響楽団

「今月の名曲」目次

今月の名曲

2005

1月

2月
 3月  4月

5月
 6月  7月          

2004
             

8月
   10月  11月  12月

2003

General Pause

2002
             

8月

9月

10月

11月

12月

2001
 

2月

3月

4月

5月

6月
           

2000

 

 

 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月


HOME