アーゴの法則  501−520

501自分一人ぐらい怠けても会社はつぶれないと思う人が増えるのは重症であるが、自分一人ぐらい頑張っても会社はつぶれると思う人の増える方がもっと重症である。
502ひらめきやアイデアは努力に比例するものではない。生産性を高める普遍的方法はない。
503人に何か尋ねる前に電子メールが来ていないかチェックした方が良い。
504プログラミングとHTML作成は凝り出すときりがない。
505相談者の言うことを聞く気がないのならば、相談なんか受けない方が良い。
506使わなくなったWINDOWは閉じる方がいい。
507宝物は思いがけないところに埋まっていることがある。
508いいものを素直にいいと言えないのならば、あなたの進歩は止まったのだ。
509姿形が同じだからといって、中身も同じだと考えてはいけない。
510通信や印刷を始める前に作業中のファイルを保存した方が良い。
511愚かな指導者を持つぐらいなら、愚かな部下を持った方がいい。
512パソコンでトラブルがあった時、人に尋ねる前に自分で十分ぐらい考えた方が良い。
513コンピュータでは何でもすぐ反応が出ると思うな。一呼吸置け。
514法則は将来別の新しい法則で置き換えられる可能性がある。
515叡智だけで生きるのは難しい。
516パスワードを最低5個ぐらい覚えられないと高度情報化社会では生きられない。
517自分の知恵だけで問題を解決する必要はない。
518電子メールを毎日読まないのならば、使う意義はない。
519初めての事態への対処で実力が分かる。
520いやな電子メールでも読まないと信頼は得られない。


アーゴの法則 521−540