PLAYZONE2006「Change」に想うことなど

2006/07/20  


7/9(初日)と7/15昼に行ってきました。感想などです。
「人は人」「この人はこう思ったのね」って思える人だけ読んで下さい。
自分だけが正しい、違う考えは許さない、感想や感じ方はそれぞれではない、 私と同じじゃないなんておかしい、ありえないと言う人は読まないでください。
相容れないことがあったら、お互いが不幸なので(^_^;)はい。

また、私の感想等を読んで思うところ、伝えたいこと等ありましたら、 私にメールを下さい。
よろしくお願いいたします。

それではGO!→

作・演出が岡村でした。
設定が穴だらけの陳腐な話に、統一感のない演出。
これが15000円の舞台かと思うと納得できませんでした。
脚本は高校生がはじめて考えたような設定。演出は他作品のパッチワーク(うわ べのコピー)。
岡村には15000円の舞台は作れないんだと実感です。
小さい小屋で3000円程度ならこの話でも十分ですが、 青山劇場15000円の舞台では納得できないんですよ。

勝柴さんの照明の良さと、ヴィンセントの素敵な振付のおかげで、 全体のクオリティが上がってました。
あと音楽がたまに良いのがありました。だけどねーストーリーにはまってないん です。
岡村にある程度の脚本がちゃんと書け、演出ができる才能があれば、完成度の高 い舞台に なっていたことでしょう。
プロの間に素人をまぜちゃいけないんですよ。

セットと衣装も手抜きすぎです。
1本だけの立ち木に書割の背景。吊るしがメインの衣装。
15000円の舞台ですよ。何事なんでしょう?
「無駄のないシンプルな舞台」と「手抜きの安い舞台」は違うんです。
青山だからできる大掛かり&細かいセリの上げ下げと回り盆で「凄いんだ感をだしてる 」ところも多いです。
セリが上がり下がりすることがすごいんじゃなくて、ストーリーに違和感なく どう取り入れるか、効果として使うのかが舞台って大事なんじゃないんですか?
セットや装置や効果を仰々しくしろといっているのではなく、 日本一高いチケット代に相応しく、細部にまで「こだわり」をもって 作ってほしいんです。
物を作る時に大事なのって、その一つ一つに拘ることではないんですか?
拘りがホンモノになり、そして感動を与えるんじゃないんですか?
私はそう思います。

少年隊があまりに踊ってなくてビックリでした。
振付は素敵だけれど「群舞」を引き立てる振付であって、 スターがいてこその舞台の振付ではないのが残念でした。
「どんなに踊れていなくても、とにかく3人は目立つように」 「踊れているように、踊ってるようにみえるように」という 最低限度のお約束も伝えてないんだろうと思います。

カラオケに口パクで15000円も高すぎです。
 *7/15昼に見たら歌えるところは歌うようになってました。
  (除く植草←いい加減に口パクぐらいあわせてよ)
  アカペラが一曲ふえていました。
  15000円で公開ゲネをやるのはやめてくれです。

SHOWTIMEを楽しみにチケットを買った人も多いと思います。
来年もしあるなら最初から「SHOWTIMEはありません」と明記するべきだし、 岡村が作るならそれも書くべきです。
っていうかもうないような気がします。なくていいです。来年は。

初日とワイドショー取材日以外はMCはおろかカーテンコールも ないんですよね。
もう好きにしてくれと、誰がそんな指示をだしているのかしらないですが、 求めているものはそれじゃないんですよ。

気になったのは、舞台にお金をかけないのに会場外の デコレートが無駄に派手なこと。
真っ白の派手な電飾パネルの柱&出演者の文字が流れる電光掲示板。
無駄なことはいいですから、舞台に凝ってください。
内容に拘ってください。大事なのはそっちです。
だいたい柱にこの作品がなんなのかわかる手がかりも書いてない。
出演者の名前は電光掲示板にながれるけれど、 この舞台を作ったスタッフの名前の明記すらない。
こういうところからして上辺だけ豪華&肝心の中身がない状態です。
がっかりです。

今年のプレゾンはプレゾンとしてみると物足りない。
ミュージカル作品として観るとレベルが低すぎる。
少年隊が揃ったというだけでは全てを払拭できない。
そんな感じでした。
いまプレゾン&少年隊が向かっている方向と、私が望んでいる形とは 違ってきているんだなと実感でした。
これに無理して付き合うと不満ばかりが募るので、私の好きな気持ちは しばらく止めようと思いました。
もう無理です。ほんとに無理です。

-----------------------------------------

PLAYZONE2006「Change」
・3人は元産業スパイで「闇のプロバイダー」と呼ばれていた。
・アツヒロは極秘サンプルを研究所から盗み出す最中に3人を庇って命を落とした 。
・アツヒロを亡くしたことで、3人はお互い憎しみあうことになる。
・10年間音信不通だった3人を引き合わせたのは謎の少年「星の王子様」だった。
・謎の少年からの依頼は10年前と同じく「極秘の実験サンプル」を研究所から盗 み出す事だった。
・最初はYESとは言わなかった3人だが、アツヒロの声に導かれ研究所へと侵入す る。
・研究所には「事故で体は元気なままに意識不明で亡くなった息子」 をとりもどすために「人間の体と精神を切り離し入れ替える」研究をする博士の 姿があった。
・10年の間に博士の研究は歪んだものとなり、いつしかマッドサイエンティスト と化していた。
・その研究は優秀な人間の精神だけを残し、選ばれた人間の体に移し、全てをコ ントロールし、 争いのない永遠のパラダイスを作る、地球征服なのだった。←はあ?
・博士の研究は3人が盗み出すことを依頼されている極秘のサンプルにより進めら れていた。
・極秘サンプルには「棄てられた過去の家電達の哀しみのエネルギー」が詰まっ ていた。←なんで?
・棄てられた物達のエネルギーは年をおうごとに増加し(棄てられるものが増え るから)暴走をはじめていた。
・極秘サンプルは盗めるのか、アツヒロの謎の声はなんなのか、 星の王子様の正体は誰なのか、博士の実験で何が作られるのか、 そして憎しみあっていた3人はまた互いに信じあえるのだろうか?

これが15000円のミュージカルの設定ですよ。
はあ?ですよ。実際に見るといたたまれません。

まずアツヒロが3人を体をはって守る必要がわからない。
次にアツヒロの死を巡って、3人が憎しみあいバラバラになって10年が経った・・ ・ って言うけれど、3人にとってアツヒロがなぜそんなに大事なのか 描かれていないので、そこまでする理由がわからない。

<疑問がいっばい>
捨てられたモノ達の悲しみのエネルギーを集めるって、それもすごい発明なんで すが、それについては触れること無し。
少年(息子)の体にアツヒロの精神を博士がいれたのは10年前のはずなのに、 いまさら「もう研究は成功していたのか!」と言ってしまうところ。
マッドサイエンティストのはずが、最後の最後に「あとは頼んだぞ」と良い人に なってしまうところ。
普通ここは破滅の美学を選びませんか?ねぇ?そうでしょ?
岡村の中では「ポケベル→携帯電話」「扇風機→クーラー」になって、モノは棄 てられていくと、 「使い棄てられたモノ達の哀しみのエネルギー云々」ってさーなんなんだよ!そ のセリフ!
携帯は広く普及してますが、ポケベルは一般的じゃないです。当時そうでした。
扇風機はまだ使ってますから。っていうかむしろ扇風機って見直されてますから 。
「捨てられたモノ達の悲しみのエネルギー」がどうやって「人間を入れ替える研 究」につかわれるんですか?
ライブラ(でしたっけ?エネルギーの名前?)の暴走を止めるにはマスターキーが 必要で、 それが「王子(息子)の右手の静脈」ってのはどういうことなんですか?
生かしたい子にそんなことするわけないだろーーーーーーーーーーーー!!!( −−;凸)
などなどなどなど・・・

あー前後の脈略がなさすぎ。エピソードが繋がってなさすぎ。伏線がなさすぎで す。
余計なことはこれでもかと説明セリフがあるのに、肝心なことを描かないんです よ。 岡村って。
自分に想像力がないからって観客もそうだと思うなよって感じです。
感動させるのに大事なのは「核=テーマ」になる部分と、キャラにどれだけ感情 移入できるかじゃないですか。
しっかりした「核=テーマ」があれば、あとは観る側の想像力や感じ方にまかせ ていいんですよ。
それなのに岡村は「中身のない薄っぺらなセリフ(状況&心情説明)」で泣けと 、感動しろって脚本なんですよ。
そうじゃないんだと、大事なのは「中身の無い表面だけカッコいい、表面だけ良いセリフ」ではないと 岡村にわかる日がくるんでしょうか?疑問です。

岡村の作るものは他の作品のパッチワークなので伏線がありません。
それはホンモノではないので、深みも説得力も有りません。
まったく心に届かないんですよ。
そんな舞台を見せられてもねぇ・・なんです。
「新世紀」からこちら耐えてきましたがもう無理です。
プレゾン(少年隊)から岡村が降りないなら、こちらがファンを降りる しかないんだなと、ようやく踏ん切りがつきました。
あまりに少年隊を好きすぎて、次こそは・・・次こそは・・・と 思っていたんですが、もう無理です。

--------------------------------

錦織さんは顔の輪郭はすっきりですが覇気がなさすぎ。
雰囲気が哀しいぐらいおじさんです。
見るからに足または腰が痛そうで、そこを庇いながら踊ってるので 彼独特の流れるような踊りが見られず残念でした。
せっかくの振付がもったいないです。

初日と7/15昼に観ましたが、両日共に今年は恐ろしく真面目に やっていて驚きました。友達に聞くと他の日も同様との事。
以前だったらこれだけでも満足レベルは上がったんですが、 掛け違えたボタンがそのまま来ているので、まずはそこから直して もらいたいなと思います。
私はこの錦織一清をみて「素敵」「かっこいい」「可愛い」 「会えてよかった」「また来たい」「ありがとう」「大好き」 とは思えませんでした。
ここまで琴線に響かない錦織くんを見たのは初めてでした。

声も1幕最初はもつんですがだんだんとね・・・です。
やっぱり聞きにくいですよ。この声は。
舞台をやっていく上では避けて通れないものなので、治すか 治らないなら声を張る舞台には出ちゃダメよって思いました。
それなのに「蒲田行進曲」をやるんですね。せっかく少しは喉が戻ってきたのに ね・・・。
錦織くんは一体なにになりたいんでしょう?
岡村に役者人生のピリオドを打ってもらいたいんでしょうか?

そこに気持ちはなくても、形式だけ「つか」を真似る岡村です。
がなるんですよね?無駄に声をはるんですよね?
つぶれちゃいますね。またね・・・ほんとにどうして?!です。
蒲田再々演を聞いて「どーーーん↓」と気持ちが下がりました。
ファンを続けてるのつらいです。
錦織くんのこと本当は好きなのに、ずっと好きでいたのに、向いている方向があまりに違いすぎ・・・な んです。
違っていても認められる事なら良いんですが、そうじゃないので好きでいるのがツライんです。

錦織くんのセリフで「たった一人の信じてくれる人がいれば、オレは逃げない」 ってのがあるんですが
(一言一句は違うかもです。こんな感じのセリフがあるんです。)
私はこれを聞いたときに「さむーーーーっっっ」って思いました。
なに?オレを信じろと?この状況になってるオレを信じてくれと?これは心情セ リフなの?ねえ?
そりゃありえないだろと「たった一人でも見てくれるお客さんがいるならやりた い」って去年いったじゃーん。
去年の時点から「おじさん何言ってるの?」だったけど、今年は大阪公演ないじ ゃーん。
やるんでしょ?おじさんやるって言ったじゃない?やればいいじゃん!待ってる 人いるんだからっ!
でもさーできないでしょ?言ってるだけでしょ?おじさんはそんなことはできな いでしょ?
本当に有言負実行なのよ。カッコ悪いのよ。
そんなあなたに「オレは逃げない」って言われても説得力も何ともなーーーーい !!!(−−;)
と、ツッコミどころ満載でした。

「頑張るから信じて!」って意味合いもあるんですが、もう無理だから。ほんと 無理なの。
おじさん言ってる事とやってることがぜんぜん違うんだもん。
そこからかな。ちゃんとしてほしいのは。
できるんでしょうかね?

私は↑こう感じてしまうんですが、錦織くんを手放しで好き(っていうのかな? 盲目って言うのかな?)な人は、 このセリフを聞いて「信じるわ!」「私が最後の一人になる!」ぐらいな勢いな んだろうなと。
それはそれでいいんですけどね、心情セリフであったなら、狙った意味合いと落 ちたところが 全然違っていると言う事に、気づいた方がよくってよって思いました。

そーれーとー使い棄てられたモノの哀しさを、錦織くんが説明セリフで言うんで すが、 なぜに言わせたんだーー!!
それによって感じる事は「少年隊も棄てないでね」「僕達の事も大事にしてね」 ってことですよ。
もーーーーーーーーーーーーーーーみっともなさすぎ!!!(−−;)
今回、おじさんが「説明セリフ」担当なんですが、不愉快極まりない事を言わせ られまくりです。
岡村ほんとに勘弁してよ(−−;凸)でした。
でも、それもこれも全部はおじさんが悪いと思います。
岡村と小演劇系のことがやりたならやってくれていいんです。好きにすれば良い んです。
だけどやるなら用意された器でやるのではなく、自分達で借りた「小さい小屋」 からコツコツはじめるべきなんです。
出演者やスタッフ集めも、告知もチケット売りも、コツコツコツコツ地道にやる べきだと思います。
それが認められて集客が出来るようになったら、どんどん大きいところへ・・・ じゃないんですかね?

求められる事に応えられなくなったら、アイドルであれ、役者であれ、 なんであれ 商品価値がなくなってしまうということなんですよ。
存在するだけではファンはついてこないんですよ。いるだけでは満足できないん ですよ。
今の事務所にいるから生活が出来ているだけであって、求められる事に応えられ てないと、普通は生活ができません。無理ですから。
自分を売りこむ、自分を磨くのに普通はもっと必死ですよ。それが当然なんです。
ありのままの自分を愛してほしいことは、家族とか、恋人とか、友達とかに求め てください。
極端な話、錦織くんのおかれてる状況って、ファンに対してまで「虫」になって も中身が自分なら愛してって感じがしますが、 タレントとファンの関係はそうじゃないってこと、本人にわかってほしいです。

東山さんにしては珍しく「俺だけでも頑張るよ」がないんですよね。
東山さんですら記憶に残る「これ」って見せ場がないのはガッカリです。
こう言うんじゃいんですよ。ファンが見たい東山さんは。
そしてテンションがひっくい東山さんは見ててつらいです。
でもこんな舞台なら低くもなるよねーと思います。
今まで体を張ってやってきた事を岡村に否定され、否定された状態で 舞台に立つ。やってられないと思います。
しかしそんな舞台を見せられるこちらの立場にもなってくれー(泣)です。

植草は「やりたくない」と逃げているうちに今の植草になったわけで、 本人的にはそれで良いんでしょうね。
だけど、そんなレベルの低い姿をお金を払って見せられるこちら立場になってみ ろです。
「ミステリー」「WEST SIDE STORY」そして今回の「Change」と同じことになって ます。 外人の振付師はシビアですね。
主演だからこそしっかりやるのが本当だと思うのに、植草はその位置に胡座をか いてます。
そういうタレントって私はダメなんです。私が求めてるタレントじゃないんです 。
この人が少年隊だと思うと本当にガッカリです。
痩せた事が話題になってますが今まで「リバウンド王」だったので今だけだと思 ってます。
7/15昼に見たときには既に緊張感が薄れてましたし。
性格(考え方)が変わらなければ、もとに戻ると思ってます。

--------------------------------

晃くんが博士で頑張ってるけど報われない役でした。岡村の書き込んでない脚本 (キャラ設定)のせいです。
晃だけは初日から生歌でした。おお?ビックリでした。
そして晃のとこの演出は「なんちゃって東宝ミュージカル」なんです。
なんで?(^_^;)なんでなんで?
踊らないのはもったいないなと。カッコいい部分も見たいです。 晃とアツはめっちゃ出番少ないです。もったいなーい。

アツヒロは「言われたとおりの芝居」をしてました。
「なーんちゃってつか芝居」の演出をされてますが、 芝居にイヤミがないので、アツヒロがやるなら許せる範囲です。
アツヒロ自体はよかったです。
与えられた役を自分の中でちゃんと演じようってのは素晴らしいです。
白いロングコートの衣装で目を閉じてるアツ最高!
これフィギアが欲しいですヽ('ー'#)/
こだわりの髪型(色も)も本当に良かったです。
初日のご挨拶は最高でした。
大阪がない事、ショータイムがない事の疑問を口に出してくれて 本当にありがとう。
それをフォローもできない、話題にする事も出来ない少年隊は カッコ悪いよねって思います。
「それでも頑張らないといけない!がんばります!」って言った あっくんの思いは本当に熱くて大好きです。
今年も本当にありがとう!あっくんカッコいい!(^^)

長谷純兄さんは大きくなってました。兄さんも頑張ってました(^-^)
少クラで落ち着きなかったあの子供が20歳になったんだと思うと、 かなり感慨深いです。
↑いま2000〜2001年くらいの少クラ整理中なので、うおぉうでしたよ。

ABCとMAD大活躍です。少年隊より踊ってますから。出番も多いです。
でもファンの子はどうなんでしょう?
子供達がいてくれて本当に良かったです。
かわりに働いてくれてありがとう(><)です。

トッツ―が始まると共に舞台に駆け込んでくるので、 トッツ―ファンの方は遅刻しないようにーです。
塚ちゃんが相変わらずの笑顔でムンムン(笑)踊ってました。
塚ちゃんここでもクルクル回ってくれてありがとう!^^
ふみきゅんはなぜ髪の毛を染めているの?
長くした春先もそりゃどうなんだ?と思ったけど、 その色もびみょー。
人民服は馴染みすぎだったわ(笑)
五関はドレープ袖の赤いブラウスが「え!」だったです。
あれはギャグなの?笑っていいの?よね?(笑)とかとかとか・・・
って思っていたら、15日昼にはシルバーの落ち着いた色になってました。
ABCはおかげさまでわかるようになりましたよ^^
去年の私からは想像も出来なかったでーーす(笑)

MADは残念ながらわからないんですよ。
今年はPZはリピートしないので、覚えるチャンスはないのが残念です。
NEWSコンかKAT-TUNコンで会いましょう♪です。
あっそうだ。驚いたのがおじさんのバックがMADだったこと。
エーー(^^;)でしたよ。あらビックリでした。
MADに囲まれると小さいのよー。体型がー!足の長さがーー!!
今時の若者でおじさんを囲まないでーー!!!!!
おねがいーーーー!!(泣)って思いました。

------------------------------------------------

ヴィンセントの振付を少年隊が踊れていません。
最後の群舞で見せる踊りも、その振付自体はすっごく良いんですが、 やっぱり肝心の少年隊が踊れてないんですよ。
後ろの皆さんもですけどね。
プレゾンでやる振付じゃないってのがそもそもなんですが、 振付自体は本当に良いので、ちゃんと踊れる人達で見たかったです。

でも振付はいいけど唐突すぎなのがこのラストです。
岡村がポリシーもってストーリーを書いてないので、最後をどうして いいのかわからなかったんだろうと思います。
あーやだやだやだや。

一番印象に残ったのは、このラスト群舞の時の白い衣装。
それはまるで「夏の縁側のオヤジの夕涼み」のような ステテコと肌着にしか見えないものでした。
すべての記憶が吹き飛ぶほどの衝撃でした。
!!!(゜〇゜;)(゜〇゜;)(゜〇゜;)(゜〇゜;)(゜〇゜;)(゜〇゜;)!!!!
マジで勘弁してーーーー(T_T)
特におじさんのは襟が「てろん」としているので余計なんですよ。
つーかあなただけなぜ初日から「着古した感」があるの?!?!!
ひがしくんのはパリッとしてるのにっ!!!!!!!
更にあのオヤジ体型なのでもう・・・(涙)(涙)(涙)
ウチワを持ったらほらそれはまるで、夏の夕涼みのオヤジ!!!!
最近かなりしょんぼり感があるので「おじいちゃん」ですよ。ええ
ばかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!(T_T)

それでバレエぽい踊りをするんですよ。
なんちゃってサムホェア〜BY WSSなんですよ。
真っ白の世界なんですよ(意味もなく)
最後に虹までかかっちゃうんですよっ!!!!
ほんとに意味がないんです!!!
ありえね〜(-_-;)なんて浮いてる演出なんだー。

ラストは新曲「想」。白い上下スーツ。
少年隊ってば白がなんて似合わなくなってしまったんでしょう。
かなしーーいぃぃぃ(:_;)

許せないのは少年隊がM列通路でずっと歌うこと。
2階からは見えないです。
FCで2階席をけっこう出しているのに、最後の歌はステージに 少年隊不在なんですよ。最悪な演出ですね。
今年はプレイガイドでL列より前がかなり出たので、 通路に少年隊がいても、ステージを見ている人達が多いです。
2階の少年隊FC枠が少年隊を見られないのに、見られる位置にいる人は ステージ上の子供達&A2を見ると。
端や後ろや2階をかなりな数、FC席で出しておきながら、少年隊は通路のセンター にいると。
ホントにおかしなことになってます。

少年隊3人ともに客席から登場で、最後も客席で歌うので、近くに本人達が来た から 「来てよかった」って気持ちになる人もいるんじゃないかと思います。
1階席はそれで騙されろと。これでチャラにしろってこと?はあ?ですよ。
2階席は哀しいですね。まったく蚊帳の外ですもんね。
それでも一律15000円です。
2階席で1回のみ観劇だとしたらかなり哀しいと思います。

---------------------------------------

パンフはA4の横開き。スタジオ撮影無。プロフィール掲載も無。
モノクロの稽古写真@セピア色でした。これで3000円は高いです。
2000円だったら考えたかな。
普通に3000円は高いんですよ。

会場でシングルを買うとジャケットと同じ写真がプリントされた クリアファイルがついてきます。
販売員の声は響けどそれ程には売れておらず・・・です。
初日からそうでした。
発売2週で5000枚台だったので1万枚いかないんでしょうね。
本人達もなぜこんなにファンが乗り気じゃないのか考えろと。
ファンですらシングルを買わない(買う気がおこらない)現実を知った方がいいですよ。

私はパンフもシングルもアルバムもグッズも買いませんでした。
今後も買わないと思います。私的には前代未聞です。
でもそんな気持ちなんですよ。この舞台では買おうという気がおこらないんです 。
そういうファンの人も多いと思います。
私はこうして文字にしてますが、何も言わず、少年隊からプレゾンから立ち去る 人も多いと思います。

今回何よりショックだったのは、ジャニーさん完全撤退なこと。
だからSHOWTIMEがないんだ。納得でした。
ジャニーさんを選ぶのか、岡村を選ぶのか・・・で岡村が残ったと。
これが良い選択とは私には思えないです。
永遠に変わらないものはこの世にはないけれど、 悪い方に変わっていくことを悲しんでもいいですよね?
受け入れることが無理でもいいですよね?

今年のプレゾンは例年になく売れてないです。
内容とタレントの商品価値は下がる一方なのに、年々高騰するチケット代。
そりゃ売れませんよね。
来年あったらもっと売れないんでしょうね。
プレゾンのチケットが売れなくなった一番の原因は岡村です。
岡村が関わりだしてから、おかしくなってしまいました。
だけど言われるのは「少年隊人気ないね」でしょう。
哀しいですね。
何が悪いのかちゃんと考えろって言いたいです。

岡村につぶされるために少年隊はやってきたのかと思うと ほんとにやりきれません。
泣けてきます。
だけど本人達ですらそれを止めようとしないんだから、 仕方ないんですよね。
そういう運命だったんだよねって思います。

大阪プレゾンがなくなったように青山だってあっけなくなくなるんですよ。
続けるためにはまず集客です。
今年を見て「良い」と思った人や、PZを続けてほしいと思っている人はリピート してますか?
ファンとしてタレントのプロモを自分でもしてますか?
黙っていても売れるタレントではないんです。
PZがなくなるってことはイコール少年隊の活動がなくなるってことですから。
続けてほしい人は頑張ってください。
気持ちだけの応援ではなく、CD1枚、チケット1枚買ってこそなんですよ。
そういうことが大事なんです。
私はもう無理だなと。色んな意味で無理を感じたPLAYZONE21年目の夏でした。ま る。

PS.
「想 SOH」は聞くほどに物悲しくなってきます。
なんでいまこんな歌詞を歌ってるのかな?って感じです。
これを初めて聞いたのはラジオでした。
久々の錦織くんの歌声。
なんて歌が下手になったんだろうと驚いてしまいました。
どうして?ほんとにどうしちゃったの?
そんな意味でもすごく悲しくなりました。
青山に行ってもそれは変わらず。ほんとに悲しい限りです。

そういうこととかをね、思っていると、ほんとにいろいろツラスギル・・ので、 ちと好きな気持ちをお休みーって思いました。
おじさんを嫌いになることは無理なんですよ。やっぱり大事なんですよ。
なんでかなー?なんでなんでしょうね?
そこが自分でどうにもならない「感情」の部分なので、困ってシマウマな今日この頃です。

あーすごいよ。長々だったよ。
お付き合いありがとうございましたm(..)m

 

<別件>
7月18日昼公演にABCの戸塚くんが居なかったそうです。
理由は「KittyGYM」のお披露目記者会見があったから。
少年隊ファンの皆さん「KittyGYM」わかりますか?
バレーボールを応援する為に作られた、山ぴーがリーダーの 『1ヶ月限定ユニット』のことです。

事務所的にはそっちの方が大事だったんですね。
バレー応援1ヶ月限定ユニットよりプレゾン21年目は以下なんですね。

トッツー(戸塚くん)が不在な事にアナウンスはもちろん無。
表の柱の電光掲示板に名前はしっかり入ってますが、 他の仕事と掛け持ちで出ないと。
事前にアナウンスはないと。出演者は他の仕事で変更になって当然だと。
ありえないですね。おかしいですね。普通じゃないです。
Jrファンは慣れてるんでしょうかね?でもこれおかしいですからね。絶対に。
公演を見ていた友達が言うには、トッツ―がいないところはそこだけ空いてたそ うです。
入れ替わらない、埋めないってことは昼抜けるだけなと思ったそうな。
その「空いた」状態のラインを見せられた観客も迷惑ですよ。
なんだかねーです。

そうそうおかしなことといえば、先日、KAT-TUNの2ndシングルが 初披露だったんですが、衣装が新調ではなく使いまわしでした。
←ありえなさすぎーーーーっっ!!!!!!!!(絶句)
今までこんなことありませんよ。
ジャニの衣装センスはどうなの?ってことはおいといて、とにかく 初お披露目ですよ?ねぇ?普通は新調でしょ?普通はそうでしょ?
大事なんですよ。こういうこと。
しかもデビューしたてのKAT-TUNですよ?
いま押して当然のKAT-TUNですよ?
今週は2ndシングル祭りでテレビに出てますが、目に付く衣装は「DOCOMO」のCMの 衣装だと思います。
でもやっぱり事務所は作らないんですよ。
なぜお金をそんなにかけたくないのか?必要なところにすら使わないのか?
ホントにおかしすぎます。

「KittyGYM」だってNEWS&Pファンとしてみると、ユニット自体が・・・ですよ 。
Golf&Mikeの2人が素直でスレてなくて可愛らしい=好印象なので まだ救われますが、でもね、でもさ・・・なんです。

少年隊のところだけじゃないんです。
事務所が全体的におかしいです。
事務所自体がおかしいんです。

もともとジャニーさんの勘&メリーさんの押しの強さでやってきた事務所です。
2人とも高齢なので世代交代は当然です。
だけど、良い人には変わっていないなと思います。
これからどうなっちゃうんでしょうね?
事務所の移り変わりを見ているいま、ワクワクっていうより不安がいっぱいです 。