ひがしくんin広島「MAKOTO」試写会
2005/02/02
松竹東洋座


友達よりです。ありがとうだにゃ^^
感想は人それぞれ、この人はこう思ったのねって感じでお願いします。自分の意見だけが正しい、それ以外は受け付けない、許せないしありえないって人は読まないでください。

それではGO→

会場は広島の「松竹東洋座」座席数300ちょっとのアットホームな空間でした。
なんせ何年ぶり??いつぶり??なヒガシin広島!!
広島は試写会に舞台挨拶が有るなんてめったに無いので凄いじゃん・・・って感じでした。

司会者の女性が出てこられスタートです。
「MAKOTO」は広島の安浦町(グリンピア安浦)でも撮影が行われそうで、その説明やら何やら何分か有り、最後にヒガシ&監督を呼び込 む前に
「さて皆様、今日はあの方が来られるのか〜あの方かしら?など思っていらっしゃる事でしょう、テレビ局には今日は朝から誰が来られるんですか?などの問い合わせが沢山来ています…」
と言うような事を長々とあおっていて、ウザ〜(-_-;)でした。←うははは(^^)

当日、広島テレビの「テレビ宣言」って番組にゲストで出てたし(見てないけど)
ヒガシが来てるの知ってるっつ〜の(-_-;)って感じでした。
そして、ヒガシ&監督が拍手と歓声の中出てきました。
何となく通路に座ってる人の顔を見ながら「さわやかに」登場してきました。←うはははは^^なんか笑える。

服装は黒の革ジャケット、黒のタートル(両袖にチャック有り)
黒のGパン黒の靴で黒ずくめでした。

ここからはヒガシ、監督を交えてトークなのですが、いつ何を言ったかはっきり覚えていないので、覚えている事を書きますね。
順番が違う・・・言葉が違う・・・
なのですが、こんな事を言っていた的に読んで下さ〜い☆

この作品は脚本を書く時点でヒガシを想定していたとか・・・その場に立っているだけで絵になる人だとか・・・ヒガシは普段は楽しくて現場を明るくしてくれて、良い雰囲気で撮影が行われた・・・と言うようなことを監督が言っていた気がします。←笑^^;
ヒガシは翔さんの事を歌って踊れる方なので植草と交換したいとかいってました 。←うひゃひゃひゃ(笑)

質問コーナーでは映画に関する質問が薄く・・・
司会者とヒガシが関連づけて映画の話に戻そうとしているのが面白かったです(^_^;)

しょっぱなから「広島で行きつけの焼肉屋が有ると聞いたけど何処ですか?」と聞かれ、「元カープの高橋慶彦さんから教えて貰ったお店で、最近は後輩ばかりが御世話になっているので、このへんで僕が行って又慶彦さんにつけとかないと・・・今日監督とこれから行きます!」って答えたら、質問された方が店名や場所を聞きたかったらしく←おいおい^^;
「質問に答えて貰っていないのですが〜」と言い、「え?場所??連れてって頂くんでね〜住所は西〜何とかです・・・東じゃないんだ〜と思った覚えが 有る(^_^;)」と困惑してました。

「去年のWSSを見て、いつか少年隊にWSSをやって欲しかったのでもの凄く感動でした、でもすぐに嵐で再演になりアレ?って感じでした。 今後の少年隊の活動(新曲など)を教えて下さい。」みたいなプレゾン絡み、 少年隊絡みの質問が2つ続きました。

「とりあえず新曲は出しません」(うっすら笑ってました・・・苦笑?)←おー い!^^;
「桃太郎〜浦島太郎〜金太郎〜をもう1、2本やります」←そうなんだ。へー。
「WSSは嵐のも見に行きましたが若さ一杯で・・・・惨敗!!でしたね」
(そんな事言うなよ〜泣けるじゃんよ〜(T_T))←いやいや少年隊版もよかったよっていうか、本人がそんなこと言うなー!だよね。 あっそれとも、そんなことないです!って言って欲しいわけか?^^;

「今年のプレゾンは20周年と言うことで、通常道りオリジナルをやります。」と、この質問の最後には 「はこの映画もそうですが、これからも色々な事をやって行きい 」と映画の話に戻そうとしてました(^_^;)←がんばれ!ひがしくん!(笑)

そして、司会者も映画の質問が来ないので焦ったのかここで 「安浦での撮影はいかがでしたか?」と自ら質問していました 。←うははは^^
とても重要なシーンをいくつか撮影して、地元の方達に協力して頂いた・・・ とか言っていた気がします・・・(記憶が曖昧ですいません)
司会者が「エキストラとして参加された方〜?」と会場に聞くと、ちらほら手が上がってました。

そうそう、司会者の方が質問するお客さんに「席を起立して下さい。」と言ってしまい、ヒガシは、これがたいそうお気に召したらし く何度か「席を起立・・・」と言っては、司会者の方に「意地悪ですね〜」と言われてました(^_^)←いやーん東山さんらしいぃ〜(^^)すて きー^^

「印象に残ったシーンは?」に「安浦のシーンですかね・・・これしとかないとね☆」と言って手でゴマすりのゼスチャーをしてました。←爆(^^)

客席 「映画のような能力は欲しいですか?」
東山 「いらないですね〜」
客席 「大切な人でもですか?」
東山 「それは会ってみたいかもしれない・・・僕には祖父が憑いているらしいので
   (江原さんに言われたそうです)
    ちゃんとやれているかとか聞いてみたいですね〜」

それと、「腹筋が凄いですがそれが今回の映画出演の上で役立ったとか有りますか?」←こんなへんてこな質問だったと思います。
←っていうか!っていうか、おかしすぎ(^―^;)!!
「腹筋をわ〜っと見せる所は無いですが、日々がんばっている姿が監督の目に止まったりしたんだと思う・・・」みたいな事言っていたと思います。

質問はこれぐらいだったと思います。忘れてるかもしれません。
←いえいえ沢山ありがとう^^嬉しいにゃー^^

質問コーナーの間、服の袖から出てるチャックを上げたり下げたり、手悪さしてたのが面白かったです。
(ジャケットよりインナーの袖がだいぶ出てた)
←うははは^^想像つくー可愛いなー^^こういうところが大好きだ!!

最後にお二人に松竹東洋座から花束の贈呈が有ったのですが、 あんた誰?的な女性2人がトコトコと出てきて、ヒガシには事務員さんでしょうか?ピンクの制服を着た人から←^^;
監督には20歳そこそこそうなジーンズにブーツINなそこら辺で道歩いてた人 捕まえてきた?的な人が渡して、握手をして貰い帰って行きました・・・←苦笑 ^^;

これで良いの?広島松竹東洋座・・・がちょっと面白かったです。

映画の感想は・・・すいません(-_-;)って感じです。
映像に凝ってるって言うかクライマックス?で、ヒガシが走るシーンが延々続くのですが、映像がホームビデオ的で、そんな撮り方酔っちゃいますから止めて下さい(>_<) みたいな・・・

以上!長い割に非常につたないレポを終わります。

---------------------

いえいえとんでもない!
どうもありがとう、めっちゃ楽しかったにゃ^^わーい♪