ひがしくん in めんたいワイド
(FBS福岡放送:福岡ローカルの番組です)
2005/01/25


レポをいただきました^^
感想は人それぞれ、この人はこう思ったのねって感じでお願いします。自分の意見だけが正しい、それ以外は受け付けない、許せないしありえないって人は読まないでください。

それではGO→

たまたまTVつけたらその放送局で、ホワイトボードに、本日のメニューが書いてあるのですが「東山紀之さん生出演」と 手書き(さすがローカル!)で書いてあったので、そのままTVをつけっぱなしにしてたらヒガシが登場しました。
昨日から試写会で来福し、「MAKOTO」の試写会も大盛況だった東山紀之さんです、との紹介をうけ、ヒガシ登場。

服装は、白のタートルと白の二つボタンのシングルジャケット、濃いこげ茶っぽいパンツ、首にはいつも中尾彬氏が彬巻きしている ような薄めのこげ茶のマフラーを二重にまいていました。
シンプルで素敵でした。 (かっこいい〜、ニッキにぜひ見習ってほしい)

アナウンサーが、CMのあと東山さんに「MAKOTO」の見方に ついてじっくりお聞きしたいと思いますと言いCMへ。

☆映画関係のお話☆
<「MAKOTO」という映画について>
・法医学の先生でいっぷう変わった役を演じ、内容の 濃い映画に仕上がっています。
・才能を持った寂しい男の物語で、霊がでてくるがホラーというよりヒューマンな感じのする映画です。
・この映画で演じたのは、動ではなく静の役、新しい自分の世界をどう感じていただけるか、楽しみです。

この番組にきたときには、スタッフの方から躍ってくださいと言われましたが(スタジオ内ちょっとだけ、ややうけ)
監督からは、動かないでくれといつも言われました。(←笑)

<霊が見えるときのポーズを披露してもらってもいいですか?>
快諾したヒガシは「右手の手のひらを首にあてる」をしてみせ、 これは監督と二人で考えました。
実はこういうポーズ「右手を首の後ろからまわし、左耳の耳たぶをつまむ」にしてと監督にお願いしたんですよ!
そう言っておどけてました。(男性・女性アナ、ニュース解説の紳士他スタッフにうけ、スタジオはなごやかな雰囲気に)

男性アナが東山さんは気遣いがおありになって、このスタジオに入られたときから、ずっと場がもりあがるように気をつかっていたと おっしゃってました。
(じゃ少しくらいのファンにも気をつかってよ〜!←まったくまったく)

☆映画以外の問いと答え☆
ずっと聞き役に徹していたニュース解説の初老の紳士(彼は教授らしい)よりの質問
<いつもすらっとしていますが秘訣はなんですか?>
それは「ジョーバ」(byナショ○ル)やひねりっこ(腹筋を鍛えるアイデア商品)ではないでしょうか?(一同大爆笑)
  ※なぜ、爆笑したかというと、ヒガシが出演したコーナーのすぐ前に腹筋をきたえるアイテム
   として、若手男性アナが実演しながら、こんないい商品があるヨ!と説明するコーナーを
   やっていたのです。

以下は、メイン司会の男性アナより質問

<今後の動向について?>
この番組(めんたいワイド)をいかにのっとろうかと思ってます。
(スタジオ内大爆笑)

<私生活のスタンスについて?>
仕事でもそうですが、エンターテイメントは普段から心がけていて、なんでもいつでも楽しいほうがよいと思っています。

<少年隊20周年おめでとうございます!>
ありがとうとざいます、20年はあっという間でした。

<「動」の東山さんは桃太郎もされましたが、今後はどうですか?>
もちろん、グループでもこちらに来たいですね!
(本当かよ!単なるリップサービスじゃないの!?猜疑心だわ〜 ←東山さんの話は、話1/10に聞いてください^^;にゃ)

こんな感じで東山紀之さん生出演は終了しました。

グループでもこちらに来たいだなんて、真偽は別としてうれしいこと言ってくれるじゃないの!
全国主要都市ツアーでもやろうっていうのでしょうか?
私は一瞬小躍りしそうになりました^^;
ローカルだからって、そんなこと口走っていいのでしょうか?

以上です。

「グループでもこっちにきたい・・・」そんなあま〜いヒガシのお言葉にちょっぴり喜んだあと、今焦燥感におそわれてます(ToT)

---------

ということでした。
ありがとうございました(^^)うわーい♪
「めんたいワイド」あなどりがたし!実はキー局より面白かったりするので(気持ちがのびのびするせいか?)羨ましいでございます。
本当にありがとうございましたm(_)m