「ブラザーベアー」ジャパンプレミア
2004/02/17
東京国際フォーラム


感想は人ぞれぞれ、ああこの人はこう思ったのねって程度でお願いします。
自分の感想、思い、感じたことだけが正しく、それ以外を受付けないって方は、絶対に読まないほうがよいです。


「ブラザーベアー」ジャパンプレミアに行ってきました。
ひがしくんは今日は来てなくて(着ぐるみもきてなかった(;_;)残念←私は着ぐるみフェチ(笑))
映画も字幕スーパーでした。

スペシャルゲストは日本語版の主題歌を歌う、天童よしみさんと、 ディズニーの制作スタッフでした。
天童よしみさんがその場で歌ったんですが、すげ〜〜〜歌うますぎ!ブラボー!\(^^)/でした。

映画自体はディズニー映画らしく音が壮大!
動物の動きがゾクゾクしました←ディズニーアニメ大好き(^^)
あと、途中、仔グマが歌いだし、ミュージカルかと思いました(笑)
途中、あっこんなところにも宮崎アニメの影響が…(^^;)というところがチラホラありましたが、ディズニーの強引さには負けてました(笑)ほんとに主張があって素敵だ!

《ストーリー》
昔々、イヌイットの村に住む三人の兄弟がいた。
末っ子であるキナイが、ある日、わけあってクマに姿を変えられる。
人間に戻るには「光が大地に触れる山」に行かなければいけないが、キナイはその場所がどこにあるかわからない。
途中、出会った仔グマのコーダがその場所を知っていると言う。
2頭は一緒に旅することとなる。
目的の地につくと、そこで待っていたものは・・・

という話でしたが、最後がスッゴイ意外な終わり方なので、皆さん、自分で見て、是非、ええ?!えーーーー!?(°〇°;)となってください。
すげ〜びっくりしました^^;外人の考えることはわからん(^_^;
びっくりするためには、字幕版を最初に見ることをおすすめします。
声が東山さんだと、ちがう気持ちでみちゃうかと思うので…。

ひがしくんの役ですが、たいへんに感情表現のある役なので、ひがしくん大丈夫〜ぅ?と、思いながら見てました。
モリミーの役は良い役でした。しかも「愛」を説く役なので、東山ファンモードでみると、びみょ〜(^^;うげげ…でした。

パンフももう売っていて、変型A5版っていうんでしょうか?
小さい絵本のようなサイズで値段は600円でした。
東山さんは白ブラウスで、でっかいベアーをハグしてる写真でした(^^)

以上で〜す。