ロミオとジュリエット
2004/01東京グローブ座 /2004/02大阪NHKホール


祝♪初日@友達よりロミジュリな報告です♪

グローブ座>
マツモトキヨシの角を曲がって、線路と平行の道を10分ほど歩くと到着。
改装で入口が変わって<線路側>になりました。
植え込みがロミジュリ仕様になっていて乙女チック。
(とにかく山手線の線路際は風よけもなく、駅から劇場入るまで、とっても寒い)

パンフ A4サイズ 2000円

上演時間 1幕75分 / 休憩15分 / 2幕75分 アンケート用紙も置いてあります。

太い柱はキレイさっぱりなくなってて、天井落ちてこないよね?とちと心配。
見えないS席ってのはなくなってよかったと思います。
しかし!3階は改装前と変わらず、手すりが邪魔で舞台の1/3は見えません!!

今回、あちこちの通路をたくさん使うので通路際の方は要注意です。
ヒガシくんの声に鼓膜破れそうに(?)なりました(笑)
そしてヒガシくんはめっちゃかわいかったっす!
鉄棒あり、床にじたばたあり、ぴょんぴょん跳ねて可愛いのにょ〜!
衣裳をあんまり着替えないのがちと残念です。

朝香ジュリエットは初舞台で芝居が初々しいくて可愛かったです。
しかもキレイ!!

ワイドショーはキスシーンばっかり取り上げていたけど、客席は別に反応なし(当然だ)。
バルコニー登りがすごくて、そこはひゃーひゃー言ってしまいました(笑)
タッキーと真琴さんが顔近付けただけで悲鳴があがった帝劇じゃないのだ!
帝劇といえば客席を<魚>だと「若い魚ね」というが、グローブ座では木立と「年配の木立だな」と河原さんが言っていたよ(←それって帝劇はピチピチ。グローブ座はカサカサってこと?!河原さんステキすぎ(><)/きゃーーー(><)←昨夏のシンデレラ以来好きらしい(笑))

東山<老けた>ロミオをお楽しみ! (←(笑))

----------------

わーい!ありがとにゃー!そして↓は私の感想です。

SHO(にっきちゃん)
いってきました。芝居らしい芝居でした。
1幕は笑っているうちにテンポ良く終わる感じ。一転2幕はシリアスモード。
メリハリがあってよかったです。
鴻上さんなのでどうなるかと思ったのですが、わりと「ふつー」に演出していて「へー」でした。

上手い脇に固められ、東山さんが絶対に持ってないであろう出せないであろう、小演劇系の芝居っけがないところが、その中では「初々しく」見えてロミオな感じでよかったです。
実は東山さんは芝居らしい芝居に出たことは初めてだと思うのでお芝居できるようになったら、違った感動があるのかと思いました。(特に最後の薬を飲むシーンとかとかです) しかし東山さんといえば嫌がらせのように似合う衣装がない!それってどうよ^_^;どうなのよ!?衣装さん!!
しかも衣装替えが少ない!ちぇっ!なのです。
もともとカッコいいんだから、それをもっとカッコよくみせるのが衣装ってもんじゃないのか?!と。
うちの東山のことをなんだと思ってるんだーー!!と思いました。

瀬戸朝香ちゃんが可愛らしくて良かったです^^
半歩引いた感じなのがまた素敵!
声も良く通るし初めての舞台とは思えない感じでした^^
ただ!発声がアニメ声っていうかなんていうか、その声どっかで聞いたことがある^^;うーー背中かゆい^^;って感じでした。
何をイメージに「こんな感じ」と発声を演出したのかわかりませんがアニメに違いない!と思いした。だってだって〜^_^;

ロミジュリといえば河原さんカッコイイ〜〜〜(><)
きゃーーーーすてきーーーー(><)きゃーきゃーーー(><)私こういうダラダラ芝居をする人に弱い(><)激弱い(><)
きゃーーーーー(><)そして濃い芝居が大好きだ!!!←笑
1幕は東山さんがほとんど出ているんですが、ちょっと出ないと思うと河原さんが出ているので、気も力も抜く暇がない!
おいおいおいおい私に対しての嫌がらせか!(笑)と思ってみておりました。
だってほんとうに1幕は隙間のないほど2人が出すぎだっちゅーねん!
いやーんマキューシオさまったら、すーてーきーー(><)

そうそう、今回のロミジュリは「1階席」をめっちゃめちゃ使います。
そこに座ると落ち着いて観られないってば!^^;って感じです。
とくに最前と2列目と通路際の方は、がんばってください!
って感じです。

あとねージュリエットが短剣を刺したあと、普通に死んでしまうのが「え?」でした。
照明変わったり、花がぼとぼとぼと!って落ちてきたり、音楽がウワァァーーーと…がないわ^^;あら?と思ったら、ニーナの演出じゃないってば!>自分^_^;と思ってしまいました(えへ)
ちょっとね、ふつーに淡々と進むのが逆に新鮮でもありました。はい。

ちょっと興味ある方で、お時間とお金の許す場合、一度ご覧になることお勧めです。
鴻上さんはちょっと…な方も大丈夫です!私も最初どうなることかと思って、うーーーんだったんですが、ふつーなので大丈夫です。はい。
では^^

感想の追記とかとか…っていうか、すっごいネタバレ↓

今回、あんなに狭いグローブ座なのにマイク使ってます。
使ってるのはいいとして、私が見た回は東山さんのマイク位置がおかしかったせいか、なんなのかわからないんですが、何度かバリバリ言ってしまって、うーんでした。

大公役の金田さんの声が前に出ていないので(致し方ない感じですが)台詞劇な上に、最初と最後はそれでしめるので、何言ってるんだかわからないことが多くて、うーーーん^^;でした。
私は1階で見たからまだいいんですが、これ3階となると、まったく聞こえないのではないかな?と思うと、マイク音量とか位置とか考えた方がいいのでは?と思ってしまいました。

そしてそして、両家和解の時にですね、舞台後方に現代の戦場場面が映し出されます。
歴史は繰り返すとか言いたいのか?とか思いましたが、それよりなにより、けっこうそれまで楽しく見ていたのに、ここで一気に現実に引き戻されました。
ああそうだ!これRUPが作ってたんだ!うわーーーーやだーーーー(−−;)と一気にテンションさがりました。
あれは何?岡村のさしがね?それともRUPの社風?そうとしか思えない!!!ああもうガッカリ!!!!
(↑悪い事は全部RUPのせいにする!そうしてやる!←だってだってー)
内容がない芝居に、手法としてそういうの取り入れるのは良いと思うけどちゃんとした芝居にマイナス演出を加えてどうする!!って思いました。

あと決闘シーン…ってか剣を抜いたシーンがすべて「殺陣」にみえる。
おいおいおいおい^^;でした。そういうのあり?
そいでもってこの殺陣っていうか、この空気どっかで体感した!と思ったら、つかさんのところ&JACKの方達が出ていて「ああ!」(ポン!納得)でした。
なんていうか…なんでそこで「殺陣」になるんだよぉぉ〜(T_T)

なんでそこでって言えば、仮面舞踏会(笑)なシーンがあるんですが、みんなの振付は案外それっぽい。古典的で可愛い感じなダンスなんですが、ひがしくんのソロだけ「東山紀之」なのです。ってか少年隊?っていうかー。みたいな?
いや、こういう遊び心はキライじゃない。っていうかむしろ好き!でも今回は入れ方が半端で、どーしていいやら?^^;でした。

あと、そうだそうだ。河原さんが中々に下品で(笑)私は大好きなんですが東山さんのファンには、ああいうのダメな人おおいんじゃないかなー^^;と、ちょっと心配であります。
今回は最前列の子に抱きついているわけですが(いやあれは木立だしね。うん木立だし)なんかこう、ダメな人はダメだろうなと。
河原さんの「帰ってきた帰ってきた帰ってきたーぁ(はーと)」がツボ!!
そしてカーテンコール最後までマキューシオさまなところが好きでーす^^

最後に紙ふぶきが、花びらのように客席に舞ってくるんですが「おっ?ここは明治座(近松心中物語)か?」と思ってしまって、ここだけ、ちょこっとニーナの幻影が私には見えておりました。
どうせやるならね、こう思い切ってね、音楽と一緒にもっともっともーーーーーーーーーっと!思いっきり、それこそ、いつまでもいつまでもいつまでもいつまでも、これ以上になく長く長く客席に降らせたほうが、よかったんじゃないかなー?
と思ってみてました。(だってどれもこれも半端なんだもーん)

--------------------------------------

1/24(sun)夜公演
行ってきました。
全体的にグダグダな日(笑)皆さんお疲れ?な感じでした。
かむのはもちろん、セリフ飛ばしてるし(笑)うひゃひゃ(笑)でした。

ロミオ、マキューシオ、ベンボーリオの三人でダジャレを言い合うとき、ロミオのセリフ「靴がキュウキュウで窮屈」で、やたらとうけるベンボーリオ&マキューシオ。
東山さんがこれに笑ってしまいニコニコでいると、河原さんに「サイズあってないじゃないの?」と、シラッと突っ込まれ、東山さんかなりストライクはいり、素で笑ってしまってセリフの上で「ロミオ」にむかって話し掛ける河原さんに、「うん?」とけっこう素で返事をしてしまったら「うん?ってなんだ?うんって?」と、またツッコミを入れられ、またストライクはいった東山さんにツボでした^^
そして一応あんまりひろってもらえなかったけど「買い換えようかな」とサイズあってないんじゃないの?と言われた靴を気にしてました(てへ)

ジュリエットと結婚を誓い、神父さま相談にいった朝に喜びいっぱい相談するシーンで、セリフがわからなくなってしまい「なんだっけ?」と問いかける東山さん(大笑)
「はっきりしゃべれ!」と神父さまよりのご注意。
もともとが「何を言ってるんだかわからないロミオに、ちゃんとわかるように話せ」というシーンなので、わからなくなっちゃったけど、かけあい的にそれがハマっていて妙におかしくて大笑いでした^^

仮面舞踏会のシーンで、前回「浮いてしまった」東山さんのソロパートですが、今回はそうじゃなかったです。「踊るぞ!」っていう気合が抜けたのがいい感じーでその後に輪に加わって、皆と一緒に一列になり、クルクルクル(ターンをして)とまって、肩の高さで手をパンッ!と鳴らす、こんな振付も可愛かったです^^

そしてまた河原さんですが、客席後方より会話をしながら登場のシーンでは
河原「帰ってきた帰ってきた帰ってきたぁ〜」(瀬戸朝香ちゃんの真似)
  「ちゅんちゅん(鳥の鳴き声)もう朝よ」(効果音&朝香ちゃんの真似)
  「キスながい!ながい!!」
  「ひとーーーつ!」←ベンボーリオ役の大堀さんの真似
  (合わせた手を頭上にピーンと腕を伸ばした状態であげて、数字の1の形になる)
大堀「なあマキューシオ」
河原「キスながい!ながい!」(神父さまの真似&自分の感想)
大堀「マキューシオ!」
河原「ひとーぉつ!」(上記の通り)
大堀「話をきけ!」
↑相変わらずで大笑いです^^

マキューシオ&ベンボーリオがロミオを探しにきたとに、見つからないようにロミオが木立に見立てた客席に身を潜めていると、河原さんは「ロミロミーィ」と勝手に愛称をつけて呼んでました(笑)そして小芝居を続けるんですが突然「はーい。リアリティをとります。いま声がしたよな?「いや〜ん」って言ったよな。
首がこっち(東山さんが移動した方)に動いたよな?」と。
そして東山さんを見ている木立にむかい「はーい。こっち見てぇ」「ここ一生懸命練習したからっ」「1ヶ月練習したからっ」と(大笑)
さらに、木立にむかって「ファミリークラブ」と呼んだのにも笑いました(笑)
↑すーてーきー^^
そしてその木立に抱きつくと、髪の毛をなでながら「VO5のかおりがする」とこれにも大笑いでした^^(←昼は「エメロン」だったということ(友達談))はけていく時には「もういっぱいいっぱいだよ」「この幕間芝居には!」でした。

あーあとあれだ、河原さんが、ジュリエットの乳母役の山下裕子さんに向かい「年くったサザエさん」と呼んでいたのに大笑い。そうそう言われてみればそう。
(先日来からそう呼んでいるそう(笑))
そして、乳母さん達がちょっと客席にアピールする演出があるんですが「中途半端な客席いじり」とツッコミをいれてました(笑)(先日来から増えたツッコミ(笑))
さんざん乳母さんに色々というマルボーリオがいなくなると「なんなの?」的なつっこみをいれて、ロミオにかばってもらおうとすると、ロミオは「彼は本当の事しか言わないんです」と言った、この間に大笑いでした。
↑ちゃんとセリフなんですが、これかけあいの間が面白いと大笑いです^^

そして今日も刺されてからのあとの芝居が長くてステキだわ!河原さん^^
クドイ芝居が大好きだーー(><)←笑
苦しんでいるマキューシオに、刺された事をしらないロミオがニコニコして「傷は浅い」「大丈夫だ」って言う、ここの演出が好きです。
そしてマキューシオの「どっちの家もくたばっちまえ!」の最後のセリフが好きでごじゃる。

1幕が楽しいのは相変わらず。
1幕でマキューシオさまが死んでしまうので(河原さんの出番おわりー)私的にも<幕>って感じ?←こらこら。えーでもだってーぇ。
2幕はジュリエットとロミオの「独白」が長すぎて、私的には「ツラッ」です。
お芝居が上手かったら印象も違ってくるんですが、うーん^^;です。

カーテンコールでは、一同手と手をとりあい、その手を上にあげて、そして礼っていう演出ですが前回は、隣の大堀さんの手をふりはらっていたのが1回目ではつなぐようになった河原さん。
ほ?と思っていたら、2回目はつながずにふりはらいうんですが、袖にはけていくときに河原さんから手をむりやりつなぐと「♪」って感じで、手をつないだまま(っていうか河原さんがひっぱる感じで(笑))大堀さんと退場なのでした(笑)

最後のカーテンコールは主役の二人のみですが、東山さんがセットのかげから足だけソロッとだして、ピーンとのばして、しばしキープ(大笑)←いいぞー壊れてるぞー(笑)なのでした^^

全体的にとにかくグダグダな日でしたが、そのなかで、大公役の金田さんのみが前回、見たときより声が前に出ていて、おお!でした。
今日ならわかるぞ!と思い見ておりました。
前回も今回もわからなかったのが、ジュリエットが従兄弟ティボルトを、どうしてそんなに好きなのか?本当にわからんです^^;

うーん。すっかり河原さんレポになってる。しまった(笑)

あっそうだ。東山さんがちょーーっと動くと大汗で、どうした?って感じです(笑)いいなー東山さん。年齢を感じるわ!
それと、鼻をすすっているんですが、大丈夫?花粉?って思いました。
もう飛んでるんですよー今月の頭から^_^;
先週ぐらいから、けっこうつらくなってきました@私
東山さんはどうなんでしょう?
何年か前に注射して治したとか言ってましたが、注射治療は最近過ぎて、副作用報告がまだないので、怖いからやめてー^^;何かあってからじゃ遅いのにゃー(><)と思っております。

そうそう、今回、客席にかなり降りるっていうか、客席もステージな感じですが、最前列や2〜3列目もかな?セットで、舞台がすごーーーく見難いと思います。
特に役者が寝転ぶと、何も見えないぞと思います。
セットで土手が作られているのですが…なんだろう?このセットは?^_^;いいんだろうか?です。
あとねー3階席は本当に見えないと思う。改装して一番はココを直せ!と思ったけど結局はダメな模様。なんでやねん?です。2階も脇はつらいと思うんですよ。
グローブ座は小さくて舞台との距離が近いけれど、客の立場に立った客席ではないぞ!おい!と思います。

あと外がロミジュリチックにメルヘンにデコレートされてますが、雨でも雪でも特にカバーも何もせず、そのまま放置!なので、終る頃にはデロデロ?^_^;と思いながら見てました。

---------------------

かんなっち(ひがし)
29日にロミジュリ観てきました☆★
まだ一日もたってないと言うのに、若干記憶があやふやですが(笑)、私なりの感想を書きたいと思います。

まず劇場が小さかったです!「こんなに近くで見れるのか〜」とびっくりしてしまいました。
舞台が始まって、意外だなーと思ったのが、導入部分で、普通に物語が始まるのかなと思ってたのですが、現代の本屋さん?のシーンから始まり、急に物語の中へと引き込まれていく感じが、面白いなぁと思いました。

最初は、やっぱり台詞の独特の流れについていくのが大変でした。
でも、意外と私はひがしの台詞流れが聞き取りやすく、綺麗だなーと感じました。(でも一回台詞をかんでたけれど(笑))だんだんと他の方の台詞にも慣れてきて、中盤からはほとんど気にならなくなりました。

脇役の方もホントにすばらしかったです。河原さんのマキューシオは、前半の舞台を盛り上げてくれましたね〜(客席に茶々を入れるシーン、好きです★)また、渡辺さんの神父は雰囲気ぴったりでしたし、始めは台詞が聞き取りづらいと感じてしまった大公も、逆にその抑えた台詞口調に威厳を感じてしまいました。

瀬戸さんのジュリエットは初々しかったです。かわいかったです★
初舞台にしては堂々と演技をしていらっしゃるように感じました。

そしてひがし!確かに「ひがしロミオ」満載でしたね〜。夏の怪我を吹き飛ばすくらい、駆けるわ飛ぶわ転がるは・・と目まぐるしい(笑)でも不思議と舞台が進むにつれて、16歳位に見えてきてしまうのがびっくりでした。とても舞台を自然体で楽しんでいるように感じました。

あ、そしてそして、私もラストの戦争映像にびっくりしました!せっかくいい感じで気分がしんみりしてきて、じわっと涙が出そうだったのに、あの映像が出てきた瞬間、涙も引っ込んでしまいました(苦笑)
「ロミオとジュリエット」って「両家の争い・憎みあい」よりも、「二人の純愛」がテーマですよね?この映像が出てしまうと、なんだか主旨がずれてるのでは?と感じてしまいました。それなら、ロミオとジュリエット、それぞれを回想っぽく映像で流すとかの方がまだよかったかな・・とも勝手に(笑)考えてしまいました。

まぁ、何はともあれ、素敵な一夜を過ごせたのがなによりです★☆
これを機に、もっといろいろな舞台を観てみたい!と思いました♪

長々と乱筆失礼致しました。それでは・・。

P.S
この日、どうやら楠田枝里子さんも観劇されていましたよ★
帰り際、別室から出て来られたのを目撃しました〜。

----------

ありがとうございました^^
かんなっちさんに言われて、なんであの映像が?なのか理解。
主題と合ってないんだ!ポン!でした。
なんだかなーですよね^^;せっかくいい舞台なのに…とほほ
この調子でWSSは不良の青春ではなく、人種問題になったらどうしよう!?とか思ってます。(怖い怖い)