「餓狼伝説」を語る(←笑)


突然ですが「餓狼伝説」を語ってます。
もとはSNKのゲーム。それがアニメ化(TV版)となり、なぜだか、にっきちゃんが主人公テリー・ボガードをやってました。
TV版は1と2があり、それから劇場版になります。
TV版および劇場版ともに最近DVD(各6800円)で発売になりました。

・「THE MOTION PICTURE 餓狼伝説」2003年9月26日発売:マーベラスエンターテイメント)←こっちが劇場版(1994年公開)

・「バトルファイターズ餓狼伝説&バトルファイターズ餓狼伝説2」2003年11月27日発売:キングレコード←こっちがTV版の1(92年放送)と2(93年放送)
 *アーケードゲーム「餓狼伝説2」の攻略ビデオの1部映像&解説書付:ジャケット大張監督描き下ろし。

劇場版の敵キャラはオリジナルで、悪役美形キャラ「ラオコーン・ゴーダマス」ってのが出てくるんですが、私はこういうキャラに超弱いはずが、芝居がちょっと・・・え?^_^;でした。
だからあんまりはまれなく、テリーを満喫できていたのが、のちのちに知る、実は現在の中堅実力派アイドル(笑)声優、今では大張作品には絶対にかかせない、三木眞一郎さんだったりするわけです(←笑) 今もう一回やってほしー!と思うんですが、最初についた大きな役なので、初々しさがいいかんじー!(byロケット団←わかる人だけ笑って!)です。
でもねーやっぱりねー今見ても、はまれないよー^^;

劇場版のキャストがなかなか豪華でヒロインのスーリアに桜井智さん。
ラオコーンの側近2人に 速水奨さん、故・井上瑤さん。
ちょーっとしか出ないダック・キングに三ツ矢雄二さん(←笑)が出てました。
TVよりのキャストとしては、テリーの弟にアンディ難波圭一さん。
その恋人の不知火舞ちゃんに三石琴乃さん。
ムエタイ選手で仲間でありライバルのジョー東に檜山修之さん。
←ちょっとでも声優ファンだと、この豪華キャストに、おお!になります。

こんな豪華キャストに囲まれ、我らが錦織くん大健闘!…ってか上手すぎ。
私は、もともとアニメ&声優ファンだったりするので、気持ちをそっちに切り替えてみても十二分で、錦織くんの怖いところは、声優じゃないのに、画面通しても声が前にでてくること^^;←すごすぎるぅ
上にも書きましたが、実はおすすめなのはTV版の「2」です。
内容もですが、にっきちゃんの演技が秀逸!もうすばらしすぎ!
最後の「オッケー!」には腰がくだけそうになりました(><)
ってかね、錦織くんのすごいところは、正統派「ヒーロー声」なところ。
そしてそして普通だったらテレ出てしまう、決め台詞とかを、まったく普通にむしろとってもカッコよく言えてしまうところだ!素敵すぎ(><)
いやーんもう、うっとりすぎるーー!

劇場版は劇場のスクリーンで見るに耐え難い仕上がりになっていて、舞ちゃんのサービスカットには、これでもかってぐらい影を何段も入れてたりするんですが、他は…でした。
特にオープイングでテリーがアーケードにいてスーリアと出会うシーンがひどくて、例えるならマクロスの最終回かと思ったよ!
(←これもわかる人だけわかってください。ポン!な例えです)
最初からしてこれで、アニメファンからみると、あーあでした。

----------

当時の思い出としては公開記念イベントがけっこうあって、初日の舞台挨拶をいれるとかなりな回数、にっきちゃんに会えました。
イベント時の一番人気は、にっきちゃんではなく「幽遊白書」の飛影をやった檜山さん。
もーーどのイベントでも大人気^^;で、びっくらでした。
いまだと考えられませんが、三木さんはまったくイベントに参加してなくて、今やったらそれはもう大変だわ^^;と思います。(個人的に色んな意味で^^;)

早朝からイベントがあったときに、にっきちゃんが黒の三つ揃いのスーツを着てきて、これがラインがやわらかな、超とっても可愛いデザインで、にっきちゃんにすごく似合っていて、今日はなに?披露宴にお呼ばれなの?!って感じで、きゃーー^^でした。
こんな可愛い格好のスーツは、ファン人生の後にも先にもこれきりなんですが、その日、錦織ファンがわりとすくなくて、ファンに見せたい!見なきゃいかん!と思ったです。
このときだったかな?劇場のスクリーン使って、ゲームでの対戦をして、キャストVSお客さんで、にっきちゃんの相手は、不知火舞ちゃんのコスプレをした^^;
女性の方だったんですが、そういうのに慣れてない錦織くんは「スタッフの方ですか?」と、天然ぼけなツッコミをしてくれたのが大笑いでした。

京都のイベントでは(←笑)主題歌発売が決まって「アニメイトで予約受付中!」と当たり前のような告知に、錦織くんファンだけが「?」となっていて、イベント終了後「アニメイトってなんですか?どこにあるんですか?」と聞いている姿に、あーできれば自分もそんな人になりかった…いたた…と思った思いでも有(笑)

公開時期がちょうどPZと重なったので、夜にあった先行上映では、にっきちゃんは最初の挨拶だけで帰ってしまったんですが、レンガ色のジャケットに、白のブラウスで、ちょっと夏には暑くないか?!と思っていたら、ブラウスのボタンをかなりはずしてくれ見てて、脳みそ沸騰するかと思いました(笑)
のちのちプレスのみの取材があって、雑誌でみたんですが、ジャケット脱いで白ブラウスになってたのが、それがねー、とってもねーうっとりでした^^

----------

舞台挨拶の時は白のTシャツ。紺のジャケット。帽子(だった気がする)
それに膝のとこ破れたジーンズ。その中には膝にバンダナしてて、これもまた、にっきちゃん的には珍しい感じでした。
3箇所でやったのかな?(あれれ2箇所??あれれ^^;??)
94年といえば「MOON」だったので、気持ち的にはこっちの方が楽しかった思い出有。
劇場特典としてセル画が配られたんですが、少年隊ファンがそれに興味があるではなく捨てている人多しで、アニメファンの子がもらっていて、すっごい量になってて、どうするのかしら?と思ったら、Noでならべるとアニメになるとのこと。おお!なるほど!でした。

実は、同時期に「ストリートファイター2」が上映されていて、こちらは覚える方も多いと思いますが、篠原涼子さんが歌う主題歌「恋しさと せつなさと 心強さと」が大ヒットで、上演時期も伸びておりました。
作品自体の仕上がりが「スト2」はとってもすごくて、比べてしまうと(比べるのもどうかってぐらいの違いでしたが)「餓狼」は、あーあって感じ^^;でした。
声優陣がこちらはメインキャストが、清水宏次朗さん、藤谷美紀さん、羽賀研二さんで、これには私的には餓狼の方がWinner!でした。(スト2は、バルログLOVEだわっ!)

そうそうテリーの決め技といえば「パワーウェーブ」なわけですが、アフレコの時に、最終対決シーンで「パワー」と書いてあるので「ウェーブ」だと思った錦織くんがおもいっきり「パワァァーウェーーーーーェェェェーーーブ!!」と叫んだらNGで、なんでなんで?と思って台本の次のページをみたら「パワーゲイザー」の方だったと(笑)
そんな話もしてくれました^^

あと自分が実際に体を使って芝居をしない、ラブシーンがとっても照れくさいと。
声だけの芝居ってすごく大変だと言ってました。

あとはあとは…普通はアフレコは少ないマイクを使って、持ち回りで使うんです。
出番になるとマイクの前に、キャストの方が自分で行って台詞を言う…のが普通なんですが、錦織くんこれに慣れていなくて、最初はそうしていたんですが芝居がはじまるといっぱいいっぱいで、とってもできない。
結局のところ、他の方の邪魔になるので(笑)錦織くんだけがマイクを1本与えられて、そこから動かないで良いですといわれての収録だったそうです(大笑)
にっきちゃん的に、マイクをみんなでつかってやるには、自分はそれこそ舞台のように台詞を全部いれこないと無理ですって言ってました。
台本をその場で渡されて、ちょっと読みあわせをして、すぐに本番でそれができて声優の方たちってすごい!って言ってました。

----------

にっきちゃんは声優の仕事が好きらしく、とってもキラキラ語ってくれていたのでなんだか妙に記憶鮮明な私(笑)←まさにこれこそ無駄な記憶力(笑)
いや、DNAに組み込まれたアニメファンの血がたぎるのかも!?(笑)

数年前に出た「キカイダー」もかなりいい感じだったので、機会があったら久々にアニメで錦織くんの芝居が聞きたいなと思ってしまったのでした。

じゃっ!

--------------------------------------------------------------------------------

あやりん(ニッキ!!)
いやぁーなつかしい。私もアニメ&声優ファンなので、三木さんや檜山さんについてのお話楽しく見させていただきました。
飛影と故・塩沢兼人さん大好きなので、いろいろ思い出がよみがえりました・・・それはさておき、餓狼伝説のイベントは、東京で行われたものに行きました。場所とか思い出せないのですが、難波圭一さんが来てたかな?ニッキが対戦した女の子はコスプレしてたような気がします。
「女の子にバーンナックル!あっまだ朝でした!」みたいなしょうもないことを言ってたのを覚えています^^;
ニッキのテリーはうっとりものでした。
ザプレで告知されていたDVDは、「買い」でしょうか?

--------------------------------------------------------------------------------

SHO(にっきちゃん)
オタクな書き込みにレスありがとうございます。
東京のイベントは松竹のいわゆる「東劇」ってところでした。
早朝と深夜にかけてやった、どっちも同じ所でした。
後者がやたら暑かった日だったように記憶してます。

「コスプレ」ってことを、あまり理解していない錦織くんは「??」って感じで、「スタッフの方ですか?」と聞いたのが、ナイスボケでした^^
違うのよー。好きでやってるのよー。それはコスプレって言うのよーと。言いたかったです。
あと、にっきちゃんその舞ちゃんのコスプレの子に負けてしまって、決め技を出されたときに立ち上がって「!」ってなったのが、笑ってしまいました。

そして案外、錦織一清の名前はアニメ・ゲームファンには知られてなくて(少年隊のニッキならわかったと思うんです)私の近くに座っている人が、始まる前に配られたチラシなどをみて「にしきおり・・・いっせい?」と、読んだときは、心の中で大うけでした。違う違う、それじゃ「ぼくたま」になっちゃうわっ!と、にっきちゃん案外、知名度低いなーと思っていた記憶もありです。

塩沢さんは本当に惜しい人を…すぎます。
声だけなら池田秀一さんなんですが、芝居だと塩沢さんが大好きだー!!!
とオタク語りになってしまいます(笑)

DVDはどうなんでしょう?
特典とかつくのかなーと思って、調べてみたんですが、今のところ特になんもない感じなので…うーん。。。って思ってます。

にっきちゃんは難しいなら、私的に三木さん&檜山さん対談でも案外オッケー!よと思っております。(森川さんが出てないのが残念だわ)
↑しまった^^;またオタク語りになってる(笑)
しかし、マジで、にっきちゃんに久々アニメに出てほしい!(切望)
ってことで、では^^