カルメン@大阪

2001/10/05〜31


感想は人それぞれかと思うので、ああ、この人はこんな風に思ったのねって、その程度で読んでください。それではGO→

行ってきました。
青山、中日とはまた違った演出になっていて、演出が違うと全く違った印象で「だから舞台は面白い!」と思いました。
19・20日と行ってきて、2日で4公演という、自分でもオイオイな強行スケジュール(笑)
全体的に「ハッキリした演出」になっていて「誰が見てもわかりやすい」のが今回の「カルメン」かと思います。何事もハッキリしているというか、「含み」がないないのが今回かなと。

真央ちゃんがどの回も全力投球で、すごかったです。
体力あるなーと感心するばかり(^_^;
特に19日夜ペルソナ貸切公演の時は、今回のめずらしくほぼ満席という事もあり、拍手も大きく反応も手応えも有が手伝ってか、一番気合い入っていたように思いました。
真央ちゃんの場合は、上手い下手より以前の人で、それを越えちゃったところにいるわけで、相変わらず存在感すごいなと、しみじみ感じました。

今回、変わったのがスニガ中尉@藤堂新二さん。
でかい(^^;とにかくデッカイです。はい。
にっきちゃん、藤堂さんと並ぶと余計にちっちゃく思えて…うは〜子供みたい(大笑)可愛い(ハート)って感じでした(腐れモード(笑))

海津義孝さんのスニガ中尉は、どこか抜けてて憎めない感じでしたが藤堂さんの場合は、演出が、中年のイヤラシしさというか、イヤ?な好色エロオヤジっていうか「オイオイおっさん君は女でも男でもいける口なのか?」と(笑)そんな感じのスニガ中尉でした。
でも海津さんほど突き抜けたところがまだないので、すげーーーこのオッサンいやらしすぎーー!って所まで行ってないのがちと残念でした。
演出的にはこっちのスニガ中尉の方が好きです。(ホントに絵に描いた悪い人でわかりやすいです)

で、にっきちゃんですが、なんというか「君は一体なにがしたいんだ?」と見れば見るほど消化不良になって帰ってきました。
たった4回しか見てないので、あまり大きなことは言えないんですが、私から見た、錦織くん@ホセさまの感想です。

19日昼 演出でホセやってます
19日夜 ご機嫌さん。でもそれはホセっていうより、錦織くんじゃないのぉ? ?(^^;
20日昼 19日夜と同じく
20日夜 ホセやりたいのか、錦織くんなのかハッキリしろ!

こんな感じでした。

最初にも書いたんですが、演出が全体的に変わっていてホセの演出も、もちろん変わっていて、より弱いホセっていうか「男の弱さ」が出したかったのかな?と。
でも、ホセの弱さを目に見える演出と演技でやられちゃうと、それは一体どうなのよ?と、言いたい感じでした。

ほんと大衆演劇だなぁ?と言った感じっていうか…想像の範囲はいらないのね、と。
まったくもって含みが無いというか、段取り芝居というか…
次は驚くんでしょ、次は泣くんだよね、次は怒鳴って、次はおびえて…とすごくわかりやすいのは良いんですが、個人的には「あれ?こっちにくるんだ」という、見ている方の想像と逆に行っちゃう、良い意味で違った方に行く、良い意味で裏切る錦織くんのお芝居が好きなので、なんでこんなにそのまんまなの?と、演技(演出)だけで弱っちいホセさまを見せられてもな〜私はあんまり萌えないな〜と、そんな感じでした。
可愛い〜〜きゃ〜ホセさまぁ!!となるのは、背中で感じる哀愁と一緒で「見えちゃった」のが良いのであって、「はい、どうぞ」と見せられても…うーん…です。

さらには、私的には、錦織くんが今回のホセさまに感情移入してないように思えて観てても共感できなくて、見れば見るほど飽きるっていうか…(おいおい)
最初は演技しているのが目新しいんだけど、でも回数重ねると「んー…」なのでした。

19日昼は、昼公演だし仕方ないかなと。
一つ一つ演出されたことを丁寧にやってるし、まあこんなもんだろうと。
しかも春以来見る「カルメン」の全体的な演出が変わっていて面白いな〜舞台って演出で印象変わるな〜と思ってみてました。

19日夜は、なんでかご機嫌さんで(なぜなの?(笑))
でもそれって、ホセっていうより、錦織くんじゃないの?(笑)と。
いや、私は錦織くんファンなので、それはそれで良いんだけど、お芝居として見ると、それはどうなのよ?(苦笑)と。
真央ちゃんこの回大熱演で、それにつられて、にっきちゃんも…ってところがあったんですが、にっきちゃんは、ちょっと抜いたところでやった方が良いところあるので、あーもーそんなに、がんばっちゃうと歌とか心配だよぉぉ(><)と思っていたら、やっぱりまんまとだったというか、うん、あんまり気合い入れるとね、ちとドキドキしちゃいます。
ご機嫌さんなので、スニガ中尉と立ち回りをするときに、いつもより多くターンしてみました!な勢いがあって大笑いでした。
←ここ、ほんと、にっきちゃんらしい立ち回りというか、踊る人だよと、動き流れるようよねと、毎回思います。今回惜しいのは、新しいスニガ中尉と呼吸が今イチあってないところ。それで一瞬タメができちゃうのがオシイっす。

この日はペルソナの貸切ということで、最後の最後は、真央ちゃんからのご挨拶がありました。
カーテンコールのカルメンの衣装での登場なんですが、出てきたときから、衣装がカルメンなのに、すっかりそれはもう真央ちゃんで(大笑)隙あらば、ギャグを言ってやろうという顔(笑)なのに、お客さんイヤ〜〜っ!そんなに真面目に話を聞いちゃイヤ??(笑)なのでした。
本日のギャグは「一日に二回公演もやると、腹がペルソナ」←すげーオヤジギャグだーーー(大笑)
真央ちゃんだよぉぉ!!もうすごいよ(大笑)なのでした☆
その後も「みんなペルソナ、ペルソナって言うんですよ」と「いわねーよ!」とツッコミたいご挨拶なのでした(大笑)うはは(^^)です

20日昼は、前日夜と同じく。昼公演なのにご機嫌よしで(なぜなの?(笑))
そして、また、それはホセじゃなくて錦織くんじゃないの?(笑)と。
面白かったのは、アカシアの花が通路に落ちてしまって拾い上げてくれるお客さんがいないので、どーするのかな?と思っていたら、にっきちゃん客席に降りてきて・・・きょろきょろっとアカシアを探して、拾って、そこでお芝居してました☆
胸にしまうまでを客席でやって、それから舞台に戻って…と。
珍しいモノがみられたので、もうこれで良し!という感じです(笑)
ただ、階段無いのにどうやって戻るの?>にっきちゃん(^_^;)
だったんですが、颯爽と戻って欲しかったのが、ちょっとね銃がつかえてしまって、モテモテしてしてしまったのでした(笑)
そして、この回で笑ったのが、カーテンコールで、真央ちゃん呼び込むときに、にっきちゃんってば、えっらい満面の作った笑顔(大笑)で「にこっ!」って下手舞台袖にむかって笑ったと思うと、ぱっ!っと手を挙げて、真央ちゃんを呼ぶ!だったことでしょう(大笑)

20日夜は、ホセやりたいか、錦織くんなのか…それは一体なんなのよ?とまったくもってどっちつかず「??」なのでした。この回のホセさまは1番わかんなかったです(^_^;)
何したかったんでしょう?眉間コイル巻きで見てたんですが…
最後の最後、カルメンを刺すと決めてからが良かったですっ!(ハート)
指輪を投げ棄てられた瞬間、今までのホセさまとは、表情が一転。
ナイフを拾い上げ、カルメンしか目に入らず、たまらず刺した・・・と。
特には刺した後、カルメンを抱いて笑ったホセさま(←好きーーー!!)でも、ぎゅぅと抱きしめても、動かないので「うわぁ」って突き放して、そして「・・・ は・氓あ」と柵を背に力無く崩れ落ちちゃうと…。
こっちの解釈の方が好きなので、いやっほぅぅぅ〜〜ぅ!!スキスキ!!(ハート)でした。
最後これが見られたので、嬉しかったです(^-^)

あと、中尉殿の銃の鎖を直したあと「にこっ」って笑ったのが「できた!」って感じなのが、ちとツボでございました☆
あと、カーテンコールで真央ちゃん呼び込む時、多分、この回から、にっきちゃんが下手舞台袖を指すと、舞台袖の方から「ん…ぱん☆ぱん☆」と音楽に合わせての、手拍子隊の手拍子が聞こえてきました(大笑)

そうそう、この回でおもしろかったのは「あたし踊るわ」と踊るカルメンが途中、ホセにケープを投げた時に、ケープが天井のところに引っかかってしまって、カルメンの踊りを見てる場合じゃなくなってしまったホセさま(笑)よかったよ手が届いて(てへ)

4回見て思ったのは、言ってしまえば「気持ちココに有らず」というか「錦織くんは本当にホセやりたいのか?」と「そのホセはホントにカルメンが好きなのか?」と「この舞台のホセさまを錦織くんは好きでやってるの?」と問いたいホセさまでした。

何かどこかイマイチ納得が行ってないんじゃないかと、そんな風にも思えました。
(つーか、名古屋からこっち、とくに今回の大阪は見ているこっちだって納得行ってないよっ!くそーっだぞ(いろいろ言いたい事はあるらしい))
それとも、にっきちゃんが飽きちゃったのか??(^_^;うーんです。

<青山>は、声が思うように出なくて、歌が思うように歌えなくて、その分どうにかしようとしていた、せつないホセさまがよかったです。
<中日>は「弱っちくてステキ(ハート)」きゃーーー!!(><)//と。
ぽやや〜んとしてて、ほんとに「ホセさまかわいい!!」「弱っちいぃぃ!!」「そこが好きーーーーぃぃ!!」と言う感じでした☆

<梅コマ>は今までで一番見目麗しいホセさまで、ちゃんと声が出てて歌えてるので、もうそれだけで満足!って言えば満足なんですが、メンタルな部分ではどうなのよ?と。
この人って、こういう「絵に描いたようなわかりやすい芝居」する人だっけ???と「含み」はどこにいったの?と。
含みがない分、深みが無くて、全体通すと印象薄いホセさまだな?って感じでした。
真央ちゃんがいつにも増して存在感が大きなせいもあるかもしれないんですが…友達に言われて気がついたんですが、ホントに今回の舞台は更に「真央様のための真央様による、真央様の舞台」って感じなんですよ。
それが当然で、当たり前なんですが、ちとね、やっぱり私は錦織くんファンなので、うーにゅ…です。

真央ちゃんはどの回も全力投球で、すごかったです。
最初にも書きましたが、すごいなーと感心するばかり。
制作会見で「真央さんに負けないように、踏みつけるぐらいの気持ちで」と言ってたにっきちゃんですが、気迫と気合では負けっぱなしだなと思いました。
でも、にっきちゃんが一度オーラを出すとそれはそれで、めっちゃスゴイことになってやりすぎると主役演技になってしまうし、やらなすぎても…うーんだし…(^_^;…
二番手ってのは、難しいですね。ここら辺りが。
オラオラ状態の、これでもかっ!どうだどうだのプレゾンをやった後だと特に難しいのかもしれませんが・・・うーん…です。

あと、今回の、にっきちゃんの「花の歌」は声が出るので歌ってみましたーーー!って歌い方はどうよ?です(今回「故郷」の方が好き(ハート))
オレの歌を聴けーーぇぇ系な歌い方は個人的に苦手なせいもあるんですが・・・。
それにしても、その歌ってば「カルメンの心に届ける気持ち」であって、別に客席に「どうだ!」と歌うもんじゃないだろ?と思うんですが…どうなんでしょうか?
ああいう歌い方すると拍手貰える(貰いやすい)んですが、個人的には興ざめ(ごめん)するところです。めっちゃ嘘くさく感じるっす←うひー(><)ごめんにゃん。
その上、気持ちがノッてないので、その後のお芝居が歌を受けてないっていうか…なんかこう、芝居と歌と気持ちがバラッバラっていうかね…統一感が無いんです。
んーーーなんていうか、見れば見るほど消化不良になるぅぅ!!!(くそー)なホセさまなのでした。

せつなさの青山。
可愛さの中日。
歌(声)と見目の良さの梅コマ(でも消化不良)

私の感想はこんな感じでした。

とは言え…いろいろお楽しみポイントもあり、きゃーー(><)///(ハート)
なところも沢山でした。
・出てきてすぐに、スニガ中尉に銃を使って体ごと抱き寄せられる所(大笑)ナイス演出です!>吉川さん!!ちっちゃいから可愛いんだ(ハート)
・スニガ中尉に足蹴にされるとき(大笑)
・カルメンが逃亡したときに、なんでか建物の影からカルメンを「そっと覗くホセ」(笑)
・カルメンの踊りを見るときに、ベットヘッドにもたれかかって顎を手にのせて、 横座りで「眺めている」姿(笑)
・靴(相変わらず、なぜかカジュアルなホセさまの靴(笑))を履くときに、もてもてしていること(笑)←やはり不器用(笑)
・ 「やめろ!やめるんだ!」と、カルメンに襲いかかるスニガ中尉を止めるときに「あーー出て来ちゃったよぉ?」となってる時(「がんばってぇ!ホセさま!」と言いたくなる(笑))
・スニガ中尉と立ち回りするとき、どーにも呼吸があわなくて(笑)椅子を落とさないといけない演出なのに、そこまで体が届いてない時にも無理に手を伸ばして「えい!」と落としたりするホセさま(大笑)
・スニガ中尉を刺してしまった後、へたれていると、カルメンに無理矢理手を引かれて(「ホセ!」が「ポチ!」又は「お手」に聞こえる所でもある)抱き起こされ、カルメンに力無く縋るところ(←うっとり(><))
・二幕頭「男達」に召集がかかったのに「お前は残れ」と言われてしまったホセさまが「どうして?」と聞き返すんですが、いやどうみてもホセさまは残った方が・・・女達の方が強くて恐いくらいだし・・・特にカルメン(笑)って心の中で突っ込んでしまうところ(大笑)
・エスカミーリオを後ろから蹴り入れる姿勢←すげー良い姿勢(笑)
・エスカミーリオともみ合った後、カルメンに止められて諦めるわけですが(弱っちすぎ(笑))立ち上がった姿が、下向きで中腰で両膝に両手をあてて気持ち内側に足が向いてるのが、なんか可愛いです(ハート)(長距離走り終わった後、立ちながら地面に向かってゼーゼーする格好を思い浮かべて下さい。それです。)
・「オフクロが病気?」は江戸っ子から、泣きの芝居になってました(でもヘンなの(^^;))
・ 「このアバズレ!売女!」がもうまるっきり負け犬なところ(大笑)
・今回もラストシーンはベストを着ていて、可愛いですぅぅ(><)☆
・全体的にカルメンに食われちゃいそうなホセっち☆にハートです。常に主導権はカルメン←恐すぎぃぃ〜〜(大笑)やっぱり今回もお姉ちゃんと僕(大笑)だったなと言った感じでした☆☆

な〜んだ、けっこう見所あるんじゃない(笑)

しょせんファンなので、錦織くんに会えてしまうとそれで案外満足な所があるので(だってそうなんだもんっ!会えると嬉しいじゃないっすか)ファンとしての自分的には良いんですが、舞台としてみると、今回のホセさまは、見目も声も良いのに、気持ちがついていかなくて、イマイチ、うーん…かなと。
「どうだ!錦織くんスゴイでしょ!」と、私的には、今ひとつ言い切れないのが今回のホセさまの消化不良なところだったかと、そんな感じがしました。

毎回がベストって言うのも難しいかと思うので、致し方ないかなと。
ちょっと思ったことを書いてみました。

と、ここまでが帰ってきてからの感想だったんですが、11月5日の夜パラで舞台の話をしてるんですが(夜パラレポ参照)なーんだ、錦織くん飽きてたんだ。そーなんだ。納得☆でした。
日毎に芝居が違うってより、1・2幕で芝居が違うのはいったいどーなのよ?と思っていたんですが、ふーん。飽きてたんだって感じです。
あーだから「花の歌」も心ココにあらずだったのねと。「本当に愛してるんだ」も、めっちゃ嘘くさK〜(^_^;)と思ってたら、ああそうかっ!ポン☆って感じです。
演ってる錦織くんが飽きてるなら、見てるこっちが飽きて当然じゃないかーーーーっ!!です。
いいんだけどさ?いいんだけどさ?いいんだよ。別に。「運命の2人」でソープドラマよろしく終わっちゃう舞台さ。でもさ、でもね…ムカツクーーーッッ!!(怒ってるらしいぞ(笑))

まあ、こんな風な感想の人もいるってことで…。
最初にも書きましたが、こればっかりは人それぞれだと思うので、計算式とは違って答えは1つじゃないと思うので、まあ、こんな感想もあったとぞ程度で読んでおいてくださいまし☆