作品・素材集->MIDI->日本の伝統曲->いなかの四季
  日本の伝統曲をアレンジしました。  
 

 
いなかの四季 日本
「いなかの四季」は、「道をはさんで畠一面に」という歌詞の作曲者不明の曲です。作詞は、堀沢周安という人です。
日本の農家の様子を1番から4番まで、春夏秋冬、順に歌っている歌です。
アコースティックギター風、癒しのハープ風などいろいろなアレンジでファイルを用意しています。下に用意されている以外のアレンジで曲を聴きたい方は、ページ中央の「音楽スタイル・バリエーション」で取得してください。(無料)
FirstSongEditorのオートアレンジの機能を使用して、伴奏を作成しています。
 

 

 
無料ダウンロード 童謡・唱歌・伝統曲 五十音別索引

アコースティックギター風

  カラオケ歌詞入りMIDIダウンロードMP3ダウンロード MP4ダウンロード iPhoneダウンロード

癒しのハープ風

  MIDIダウンロード MP3ダウンロード  MP4ダウンロード iPhoneダウンロード
 
 
歌詞
道(みち)をはさんで 畠一面(はたいちめん)に 
麦(むぎ)はほが出(で)る 菜(な)は花盛(はなざか)り
眠(ねむ)る蝶々(ちょうちょう) とび立(た)つひばり
吹(ふ)くや春風(はるかぜ) たもとも軽(かる)く
あちらこちらに 桑(くわ)つむおとめ
日(ひ)まし日ましに 春蚕(はるご)も太(ふと)る
並(なら)ぶ菅笠(すげがさ) 涼(すず)しいこえで
歌(うた)いながらに うえ行くさなえ
永い夏(なつ)の日 いつしか暮(く)れて
植(う)える手先(てさき)に 月(つき)かげ動(うご)く
帰(かえ)る道々(みちみち) あと見(み)かえれば
葉末(はずえ)葉末に 夜(よ)つゆが光(ひか)る
二百十日(にひゃくとおか)も 事(こと)なくすんで
村(むら)の祭(まつり)の たいこがひびく
稲(いね)は実(み)がいる 日よりはつづく
刈(か)ってひろげて 日にかわかして
米(こめ)にこなして 俵(たわら)につめて
家内(かない)そろって 笑顔に笑顔
松(まつ)を火(ひ)に焚(た)く いろりのそばで
夜(よ)はよもやま 話(はなし)がはずむ
母(はは)がてぎわの 大根(だいこん)なます
これがいなかの 年(とし)こしざかな
たなのもちひく ねずみの音(おと)も
ふけてのきばに 雪降積(ゆきふりつも)る
 
 
無料楽譜の表示と印刷

ポップス、アニメ 五十音別索引

この曲の楽譜を表示したい人は左のボタンをクリックしてください。(無料です。表示までに多少時間がかかります。)
この曲の楽譜を印刷したい人は、FirstSongEditorをダウンロードしてください。(無料です。)
 
 



音楽演奏のペーパークラフトの紹介を見る

 
 
音楽スタイル・バリエーション

上の音楽スタイル以外のファイルもダウンロードすることができます。
下で音楽スタイルを選択したあと、[取得]ボタンをクリックしてください。

音楽スタイル

音楽スタイルは、なるべくリストの上部から選ぶことをお勧めします。下にいくほど、変な音楽スタイルが入っています。
ダウンロードページに移動するまでに時間がかかることがあります。
長い曲は、曲の後半を切り捨てる場合があります。

曲を取得するまでに10秒程度かかります。

技術提供 (有)ミューテック

 
 
童謡・唱歌の無料カラオケソフト
FirstKaraokeは採点機能付きの 無料のPCカラオケソフトです。
このページで紹介している曲をはじめ、FirstKaraokeでは、童謡・唱歌100曲以上がすぐに歌える曲として用意されてます。ポップスやアニメのヒット曲も、このサイトのMIDIアーカイブからファイルをダウンロードして追加することができます。