サントリーニに火山があった


火山の島 ネア・カメニ

on the boat

サントリーニにはティラの他に3つの島があり、これらを船で巡るエクスカーションをどこのエージェントでも取り扱っています。チケットは港でも買えますが、出港時刻をフィラの町で確認してから行った方が良いでしょう。
火山島まではオールドポートから20分程度、揺れは少なく快適な船旅です。島に着くと船長さんが出港時刻を大きな声で伝えるのでよーく聞いてから出発。

島での自由時間は約1時間半。眼前には鬼押し出しのような光景が広がりますが、順路を示す看板も整備された階段もここにはありません。ひたすら前の人が進む後をついていくと、30分程で山頂へ。噴火口の跡も見ることができます。対岸のフィラやイアの町並みが海の向こうに見渡せるすばらしい眺めです。

Nea Kameni

島には日陰というものがほとんどといっていいほど無く、日差しの強さに加えて岩だらけの地面からの照り返しで町にいるときより暑く感じます。履きなれた靴と、帽子と水は持っていった方がいいと思います。

◆オールドポートからフィラに戻るにはケーブルカーや徒歩で登ることもできますが、おすすめは "ロバ"。どうせ観光用とあなどるなかれ!800Drs.でジェットコースターよりもスリリングで楽しいひとときが体験ができること間違いなしです。


アクロティリ

Akrotili

火山の大噴火で埋もれたという、ミノア文明の栄えた跡でアトランティス伝説のもとともなっている遺跡です。ここから、数多くの美術品が発掘されアテネの博物館に展示されていますが、現在も発掘作業は続けられていて、ラベルのはられた大小たくさんの壷があちらこちらに置かれていました。

遺跡は全体が屋根でおおわれていて、入り口から順路に沿って進むと足場から下を見下ろすような感じで遺跡全体を見てまわることができます。発掘された家の造りは石造りの四角い建物で、現在の島の建物にも通じるものがあります。

この写真を撮ったら注意されました。中は撮影禁止。

アクロティリへのバスはフィラから1時間に1本程度で、所要時間は30分。遺跡の入口から下り坂を歩いて5分くらいのところにRed Beachへのボートが出るビーチがあり、カフェも2軒ほどあったので、帰りのバスを待つ間ここでのんびりするのもいいかもしれません。

◆遺跡の外にあった公衆トイレは懐かしの「ジャパニーズ・スタイル」。3畳はあろうかという広々とした空間にぽつんと「それ」があるのです。先に入ったアメリカ人は「ここのトイレ、イスがないわよ!」と驚いていましたが、別のアメリカ人いわく「私の泊まってる宿のトイレにもない」と言っていたので、ひょっとしてこういうトイレはギリシャの他の場所にもあるのかも?


おすすめのタベルナ

フィラのタベルナもミコノスに負けず劣らずにぎやかです。夕日を望める海に近いエリアには、落ち着いた雰囲気の店が多くお値段もちょっと高め。テオトコプールー広場周辺から山側は、手軽なスナック類やサンドイッチを売る店や、地元の人が行きそうな定食屋風の店があり選択肢は幅広いです。この中から懐具合と食べたいものをイメージして探してみました。

dinner at Zafora

ザフォラ Zafora
ケーブルカー乗り場の近くで、見晴らしの良いオープンテラスの店。夕日の眺めが自慢のようで、お店でくれたポストカードにはサンセットの写真と "Heaven is closer than you think." の文字が・・・。夕方6時過ぎに行ったらもう海沿いの席はいっぱいでした。

ここではギリシャでは珍しく女性がサービスしてくれます。(どこの店でも、絶対笑わないような男の人が多かったのでこれがけっこう嬉しかったりする)みんなかわいい人たちばかりで気さくに話しかけてくれます。

スブラキは肉もつけあわせの野菜もボリュームたっぷりで、これまた珍しく野菜を煮込んだスープがメニューにありました。どちらも美味でした。
通路側に座ると、ちょうど港からお勤めを終えて帰るロバ君の一団が横を通って行くのが見えます。
お値段は一品料理が1000〜2000Drs.

He is a professional!

ギロの店
テオトコプールー広場に面して3軒並ぶ店の真ん中の店。左隣のギリシャ風サンドイッチの店は大きくきれいな店構えで結構繁盛しているようでしたが、私たちはぐるぐるまわるギロの機械にひかれてここに入りました。

店員は写真の彼一人。注文するや否やものの10秒で「Special Gyros」が出来上がります。屋台のオヤジも真っ青な手際の良さ。
他の店ではギロの肉はすでに切り落としてあったものだったりしたのですが、ここのギロは熱々のをその場でそいでくれるのでおいしい!冷たい野菜やサワークリーム(ザジキ)とのコンビネーションがたまらない美味さでした。ああ、また食べたい。一個400Drs.

一番海沿いのアギナ・ミウ通りには観光客しか行かないようで呼び込みがきついです。ミコノスの体験もあったので私たちは行きませんでしたが・・・


ミコノス島 | ミコノスの夜 | サントリーニ島 | アテネ | ピレウスへ | HOME