旅ノート

2003.3 フランス・パリの旅

基本情報 | 生活情報 | リンク集


基本情報

■通貨

2002年1月からユーロになりました。イラク戦争の影響でユーロ高。もっと早く替えときゃよかった。

■両替

CITIBANKのキャッシュカードはPLUSマークのある銀行のATMで使えました。郵便局で1度挑戦したときはなぜかダメだった。
CDG空港に早朝着くと、店も銀行も開いてません!予想していたので少し日本で用意していきました。

■時差

日本とは-8時間の差。サマータイムは3月第4日曜から。今回ばっちり日程中にサマータイムが始まり、忘れてたら市内観光の出発時間に遅れるところでした。

■電圧とプラグ

電圧は220-230ボルト。プラグは2本ピンのCタイプ。

■電話

公衆電話は駅や大きな通り沿いなどで見かけました。テレホンカードを使うことができるらしいのですが売っている店がわからなくて買えずじまいでした。たばこ店で売っているらしいです。ギリシャのキオスクは日本の感覚で探せてわかりやすくて良かったなー。


生活情報

■気候

今回旅行した3月末というのは、パリではちょうど冬と春の真ん中くらいなんでしょうか、日本より寒いと思って冬物中心で行ったらなんとパリは最高気温20℃!東京の方が寒いくらいでした。

私たちが帰ったあと、パリも元通り?の気温に戻ったらしく、平均的には東京よりは寒い感覚なのでしょうけど、今回は服の調節が難しかった。汗だくでしたもん。季節の変わり目には、薄い服を何枚も持っていったほうが調整できていいと思いました。

■ことば

英語で事足りるとナメてかかってたら、街の標識や駅の表示はほとんどフランス語オンリーで、レストランでも店でも駅でもフランス語読めないとちょっと不便でした。
メニューが読めたら食べ歩きもきっと楽しくなります。

フランス語の発音ってさっぱりわかんないってことで、音の雰囲気だけでも予習だと映画「TAXI」を観ました。ヒソヒソもぞもぞ小声できどって話すっていうフランス語の固定概念は見事にぶっとびました。みんな腹の底から大声で話してるじゃん。そりゃそうだよね。

地球の歩き方 フランス語会話集では挨拶などの基本文の発音がオンラインで聞けるので便利。
「ボンジュール」じゃなくて「ぼんじゅー」、「メルシー」じゃなくて「めるすぃ」・・・キリがないのですがとにかく目からウロコでした。

読めたらよかった言葉集

sortie 出口 correspondance 乗り換え pousser 押す tirer 引く ici ここ(現在地)

オンライン仏英辞書 Online English to French to English Dictionary

オンライン仏和辞書 Dictionnaire francais-japonais

■水

水道水は飲めます。でも、飲み水にはミネラルウォーターのほうがおいしいです。空気が乾燥していてノドが乾くので、出歩くときは1本買って持っていると安心。硬水(カルシウム分が多い)なので日本人の口には合わないとか言いますが、私たちがいつも飲んでいる実家の井戸水と同じ味であることを発見。これから実家を「エヴィアン」と呼ぶことにしました。

水やジュース類は、買うときに「ガス(炭酸)入り」「ガスなし」を言わなければなりません。ガス・・・ガズーズ といいます。オレンジジュースにも炭酸入りがあるんです。

■パンがおいしい

ホテルの朝食での風景。15cmくらいの長さに切られたバゲットを、みんな半分にスライスして、バターやジャムをぬったりハムやチーズをはさんでばくっと食べています。う、うまい!パンはホントにどこで食べても日本以上。冷めていても噛むと味がじわっとするんです。フランスパンは固い、というイメージはこれまた吹き飛びました。

バターも、きっとフランスの明治か雪印かってブランドのものなんだろうけどおいしい。クロワッサンは当然のごとくうまうま。

紅茶はティーバッグでした。コーヒーは深入り豆の味。スーパーで買った牛乳は、振らないとクリームが浮いちゃうヤツではなく日本の牛乳のように均一化されていたので、水代わりに飲んでました。朝食で出てくるジュースは、これも特別なジュースではなさそうだけど日本のよりおいしい。ピンクグレープフルーツジュースのファンになりました。

■トイレ

カフェのトイレはほとんど有料らしいです。KENは小用でトイレに入るときに「0.2ユーロ」という張り紙をみてその通り支払って出てきたら、出てきたときにしか見えない場所にタダで小が済ませられる場所があったと憤慨してました。

■チップ

ガイドブックには5%程度のチップを・・・と書いてあったけど、タクシーに関しては要らないって話も。渡そうとしたら断られたって話を聞きました。

■フロアの数え方

1階は地上階(RC)、2階が1階になります。エレベーターで地上階は「0」です。地下はマイナスだったかな?

■地図

街を歩くのに、これは絶対必要。すべての通りに名前があり、住所も通り名で表示されているからガイドブックで見つけた店に行くにしても地図がないと行かれません。フランス語で書かれたものがいいですね。通りには必ず通り名が表示されているのでそれを見ながら現在地確認することって多いと思うので。

私たちはホテルにおいてあったギャラリー・ラファイエットの広告付きの地図が役立ちました。もちろんタダ。でも、通り名から検索できればもっと便利。売られている地図はシンプルなものにもこの機能があるそうです。

■車

うわさには聞いていたけど路上駐車のすさまじいこと。縦列駐車が苦手な私が弟子入りしたいほど、現地の人々のパーキングテクには感嘆しました。どーやってはいんだよってなスペースにも、見事一発駐車。結果、人も通れない間隔で車がびっちり止まっています。そういえば、広い駐車場はどこにもなかったなあ・・・。

タクシーに乗っていると、中心部の渋滞がこれまたすごい。ロータリーが一面車だらけ。ハイウェイに乗れば、車がみんなやたらと右へ左へ車線変更しまくりながら進んで行くけれど、不思議と危ない感じがしないのです。皆飛ばしているからかしら?

■地下鉄

電車のドアは、降りるときドアのボタンを押すシステムです。みんな、ホームに止まる前からびしびし押すのでまだ電車が動いてるうちにドアがばぁあんと開きます。

路線図が東京の地下鉄のようにドアの上にあるし、駅名はホームの壁に大きく書かれているので、読めなくても綴りを覚えれば間違えることはなさそうです。

■スリに遭遇

地下鉄は何回か利用したのですが、プロのスリがいるという話は聞いていたので気をつけてました。ところが、ホテルを移動する日は荷物が多く両手がふさがっていたので狙われたのか、KENのズボンの後ろのポケットの財布が狙われたのです。

4人ぐらいのグループで最後に乗り込もうとしてぐいぐいと押してきたのですが、どうやらそのときに体を押し付けて手を伸ばしてきたみたいです。ポケットにボタンがしてあったことと、気づいたKENが睨みつけたことでてこずったスリグループはあきらめたのか閉まりかけたドアを無理やりこじ開けて降りて行きました。

おそらく、財布をスってドアがしまる直前に飛び降りる予定だったんでしょう。後で、ポケットはふくらんで中に財布があるのがわかるから狙われると教えられました。ちなみに、13号線のBrochant駅に行く人、気をつけてくださいね。

■犬のフンに注意

清掃車 横に犬のイラスト
初日にホテルを出て10歩歩いたか歩かないかで最初の一つに出会いました。パリの第一印象として強烈でした。しばらく見てると、これまた赤やら緑やら・・・いろいろな色をしてるんです。パリの犬はナニ食ってんだ?

道路自体もあまりきれいでなくて、途中ものすごい量の水を吹き付けて道路掃除する車に出会いましたが、結構乱暴な掃除の仕方でした。狭い路地で向かってくるこの車を見つけたら建物の中に避難しないと自分も水浸し。
もちろん、犬のフンは水で流れていきました・・・フンだけ吸い取る掃除機みたいなものを持った清掃車もあるらしいです。

■道路でぶっ倒れてる人にも注意

ホテルの近くの郵便局のATMのそばには物乞いのおばさんが座って「金を入れて」とずっと空き缶を振っていました。朝、寝てるのか倒れてるのかわからない状態で歩道に転がっている男の人も見かけました。誰も気にかけていない様子なのでよくあることなんでしょう。短い期間の旅行でも、この目で直に見るものは得るものが多いです。

■今回のおみやげ

KAZがCDG空港でゲットした木の車
シトロエンだぜ! 18.5ユーロ
お菓子いろいろ
クッキー類はどれもおいしかった(バターが違う気がする)
"MIKADO" というのはポッキー
Du Pareil au Meme(DPAM) のパジャマ
シンプルで色使いがおしゃれ で、安い
日本にも店はあるけど少し高めです




リンク集

パリ情報を中心に調べてみました。

フランス・ツーリズム旅行情報局 パリを中心にフランスへ旅行した人たちの情報が集められているものすごい情報量のサイトです。すばらしいのは、常に最新の情報に更新されていること。旅行のプラン作りの前に、危険情報やホテル情報など必読です。おすすめ。
フランスi パリ直送の写真がすてきです。メルマガがおもしろそう。
Vive La FRANCE! ヴィヴ ラ フランス! パリの街をぶらぶらするなら、写真が充実したここで予習。地下鉄やバスの乗り方もガイドブック以上に詳しい!
プルニエ (prunier) ニース在住のtomoさんによる「ニース観光情報」に、日本とフランスを行き来する人のための「子連れでフランス」というトピックがあります。
coucou パリに住んでいたことのあるsakuraiさんのパリ情報。
infossimo - Travelium Paris パリからの小旅行についても紹介があります。
All About Japan [パリで暮らす] ガイド記事におすすめカフェやフランスでの習慣について載っています。結婚式についての記事を参考にしました。
All About Japan [フランス] フランス全般についての観光情報。季節ごとの見所をガイドが紹介しています。
エールフランス オンライン予約もできるようです。
ブルトイユ城 Chateau du Breteuil 結婚式で行ったお城。一般にも開放しています。
みゅうワールド 大手旅行代理店がヨーロッパ旅行のパーツを仕入れている先のようです。
私たちのツアーも現地連絡先がココでした。直接手配もできるようです

パリ | 日程と宿泊 | 子連れ旅ノート | はじめての子連れでパリ表紙へ | HOME