日程と宿泊

4泊6日、子連れでもパリまで行けちゃう

移動の記録 | 利用したホテル


◆ 子連れではじめての海外旅行先が、飛行機で14時間かかるパリでいいのだろうか・・・できるのか不安はありましたが、一緒に飛行機に乗ってくれるおばがいること、パリにも親せきが待っていること、そして結婚式にはぜひ出席したい!こんな機会はもう2度とないだろうという決意のもとに周囲を説得?いや了承をもらっていざフランスへ!そうそう、なせばなるっていろんな経験者のHPに書いてあったじゃないか!・・・ドキドキ・・・

移動の記録

パリ6日間
1日目 21:55 成田 発 AF289 夜便は実は機材が古い
2日目 4:35 パリ シャルル・ドゴール着
14時間30分のフライト さすがにバテた
送迎の車ですぐホテルへ
5:30 ホテル 着
アーリーチェックインで1泊分確保
すぐに休憩後、朝食を食べて観光へ

パリ 泊

3日目
パリ 滞在
結婚式に出席
4日目
パリ 滞在
一日フリーで観光
なんとこの日から夏時間で1時間繰り上げ!何か損した気分
5日目 9:35 ホテルをチェックアウト
ドライバーが迎えにくる
10:30 CDG空港 着
日中の市内は渋滞がすごい!
13:30 パリ 発 AF276 機材変更で少し遅れる。オーバーブッキング発生!それにしてもものすごい人・人・人・・・
だれが戦争で旅行を自粛してるのだ?(ワタシもか)
6日目 07:50 成田 着

パリ行きのツアーは選択の自由度が高い

今回はJTB系列のトラベルプラザインターナショナルで、ホテルと航空券プラス空港ホテル間の送迎といういつものパターンのツアーを選択。
ホテルは選択不可、でも追加料金でホテル指定もできるプランでした。ココに決めたのは、比較した中ではエールフランスを指定できて一番安かったこと。なぜかというと、小さい子供を連れて行くのに成田を夜発の便で行くと機内で寝てくれるからラクだ、という経験談を読んでいたからでした。直行便で夜発の便はAFだけなのです。実際、14時間のフライト中半分以上は寝てくれたでしょうか。空いていたこともあり、助かりました。

今回ツアーのパンフレットを比較して感じたのは、今回のような最低限のものだけのツアーでも、追加料金でエアラインを選べたりホテルのある地域、ホテルそのものを選択できるツアーが結構あったこと。自分で全部手配してもいいけど、ツアーの料金も魅力ありますからこれはいいかも。しかしエアラインの比較は大体の理由がわかるものの、ホテルについてはどこがいいのか情報がない。まあ、多少怖そうな地域になってもしょうがないか、とお任せしてしまうことにしました。これが後で後悔することになるのでした・・・。

ホテル選びは慎重に

今回泊まったホテルは下記にも載せたとおりのホテルなのですが、途中結婚式に出席した日だけ、別のホテルに泊まりました。2つのホテルに泊まってみて、ホテルによってこうも違うか!と私たちはちょっと驚いたのでした。

パンフレットにもよく書いてある通り、ヨーロッパのホテルは古い建物を使っているヨーロピアンタイプのホテルと、少し郊外にあるいわゆるアメリカンタイプのホテルがあります。ツアーで振り当てられたホテルは郊外のアメリカンタイプ。7階建ての建物で70室ちかくあり、部屋はシンプルな内装で割りと広め。ただ、建っていた場所がルーブルなどの中心部まで15分ほどかかる(これはパリの市内では外れのほう)ところで、街の雰囲気もどことなく上野あたりのような下町の雰囲気で、夜遅くなると人通りも減って危ない様子。

次に泊まったホテルは部屋は狭いけど内装がアンティーク風な家具やキルトのベッドカバー、壁紙まで部屋ごとに変えてあって気に入りました。建っている場所が、青山か代官山かというおしゃれなエリアで夜も出歩けそうな所だったこと。最初のホテルだけならこんなものかなーで済んだのですが、2つめのホテルに泊まって「こっちの方が良かった!」となってしまったのです。

どちらも星は★★★で、多少2つめのホテルの方が料金は上だったと思いますが、パリの雰囲気を味わうならホテルのロケーションはよく調べた方が良いですね。
子連れの場合、大人だけの時よりさらに詳しい現地情報が必要になるし、リスクを避けたいために安全、快適などの要求レベルが高くなってしまいます。格安ツアーってもう合わないかも・・・そろそろ次は思い切って個人手配かな?

エールフランス

エコノミーでもシャンパン有り
「機内食がおいしい」と聞いていて楽しみにしていた私たち。実際、機内食レベルでは上のほうじゃないかなーと思います。子供用のサービスは「Planete Bleue」(プラネット・ブルー)といっておもちゃなどもついて来ます。メニューは甘いもの中心で、KAZはあまり食べませんでしたが・・・。

食事の後の軽食は、ギャレー(配膳室)そばに並べてあるものを自由に取りにいける方式でした。これって、寝ているところを起こされないし好きなときに食べられて私はいい方法だと思いました。
成田発の便にはおにぎり、パリ発の便にはサンドイッチ。カップめんはどちらもありました。誰かがカップめんを食べ初めてあのニオイが機内に充満し始めたら、みんな立ち上がる立ち上がる。しばらくしてまわり中麺をすする音。すぐ在庫切れになってました。

免税品も、中央部のギャレーでカウンター販売みたいにして売っていました。ワゴンで売りにこられるより、この方がいいなあ。買わないけど・・・。

あと何時間耐えれば・・・(辛)
成田、パリを昼に発つ便は機材が新しいらしいです。私たちが成田発で乗った夜便は、ボーイング747でテーブルとイスがぶっ壊れてました。空いてたので他の席に移りましたけど・・・。パリからの昼便は、ボーイング777-200で各座席にモニター、足元にはフットレストが!でもせまーい。男性はひざがつかえてましたね。ワタシの前の席のおばちゃんは、乗り込むなりリクライニング最大(おいおいまだ食事前・・・)にしてくれて超狭かったっす。

広くて古いのと、狭くて新しいのとどっちが良いか、難しい選択です。パリまではいろいろな航空会社を選択できるから機材まで調べていくのもいいですね。

スケジュールを組むときには休日に注意

パリでは日、月の午前中は店が休みになります。また、火曜日はおもな美術館が休みになります。日〜火を含めた日程を組むときは気をつけたほうがいいですね。

利用したホテル

4泊中1泊目は翌日早朝着だったのでフトンでは寝られませんでした。実質3泊、ホテルは2つ利用。

アブリアル Abrial ★★★

ツアーで手配したホテルです。アメリカンタイプ。8階の道路側の部屋で、部屋から近くの国鉄駅やバスターミナルが見えました。
部屋はエキストラベッドをいれてトリプル利用しましたが、それでも人が通る通路ができるくらいの広さがありました。
バスルームは広さはあるけれどちょっと薄暗く、シャワーカーテンが無かった。廊下も暗いんです。リフトは2基あり。
朝食は1階のレストランでビュッフェ方式。中庭があって、パン、コーヒー、フレッシュジュースにヨーグルトやチーズがありました。
私たちが泊まっているときはアジア系の宿泊客は見かけませんでした。フランス語やドイツ語も聞こえてました。ビジネス向けのような気もします。KENが見に行ったところでは、スーパーやレストランはけっこう周囲にあるみたいでした。場所が17区という市内中心部からすこし外れた下町っぽい雰囲気のところなので、パリのイメージを夢見る人には勧めないかな。


サンポール・ル・マレ Hotel St-Paul Le Marais ★★★

結婚式に出席するゲストや家族が泊まっていたホテルで、1泊だけ私たちも泊めさせてもらいました。
地下鉄St-Paul駅から歩いて3分。4区のマレ地区の中にあるヨーロッパタイプのホテル。
部屋はダブルでした。床にスーツケースを広げるのは不可能だと思いますが、不便を感じる広さではないです。
朝食は地下の倉庫を改装したレンガ造りの壁の部屋でいただきます。内容はパンとコーヒー、ジュースにヨーグルト、フルーツ、シリアルなど。
バスルームがちゃんと広くとってあり、明るかった。部屋に湯沸しポットとティーバッグなどあり。内装がおしゃれでした。窓からは古い建物が多いマレの町並みが見えます。写真がないのが残念!


パリ | 旅ノート | 子連れ旅ノート | はじめての子連れでパリ表紙へ | HOME