魅惑の食べ物


ギリシャの料理では、魚介類にオリーブオイルたっぷりの地中海料理と、牛・ラム・マトンを食べるアラブ料理、それぞれのおいしいところを一度に食べられます。
炭火で焼く、素揚げする、といった単純な調理法なだけに素材が勝負なので、おいしい素材を扱う店を見つけることが肝心!らしいのですがけっこうこれが難しかったりして・・・

●スブラキ Souvlaki
souvlaki
毎日こればかり食べていたお気に入り。牛や豚、ラムなどを塩・コショウして串にさして炭火で焼いたもの。トルコ料理ではケバブと呼ばれています。
店によって、大きな皿にどーんとのってくる場合もあれば、焼き鳥くらいのサイズの場合もあり。
●ギロ Gyros
gyros
これはまさにトルコの影響を感じます。大きなかたまり肉をぐるぐる回るヒーターで焼き、その表面をそいで落とした肉を、ザジキやレタス、トマトといっしょにピッタというパンでくるみ、油でコーティングした紙でクルリと巻いて出されます。
脂っこいので腹持ちのいい軽食になります。これ1本とコーラで私は満足。スブラキ・ピッタという名前で出ていることもあります。
●ザジキ Tzatziki ヨーグルトに千切りのきゅうりとにんにく、オリーブオイルで味付けしたディップみたいな食べ物。さっぱりとしていて、タベルナで出てくるパンにつけて食べるとおいしい。
●ドルマーデス Dolmadakia
dolmadakia
みじん切りの野菜をいれてオイルでマリネしたごはんをぶどうの葉でくるんだもの。冷たいんです。おつまみに合います。
●タラモサラタ Taramosalata たらこみたいな卵を、レモンとオリーブオイルで混ぜたもの。名前から「サラダ」をイメージしていたらぜんぜん違った。ソース状で、パンにひたして食べる。
オリーブオイルを「油」というより酢やソースのように味を加えるものとして使うのだなあと感じた食べ物。
●フェタチーズ Feta "Greek Sarad"を頼むと、トマトとちぎったレタスのうえにコレがまるで豆腐のようにどかんと乗っかって出てくる。こってりとしたヤギのチーズ。
●ムサカ Mousakas ナスのミートソースグラタン。中にジャガイモやパスタが入っている場合もあるらしい。上にかかるのがチーズだったりベシャメルソース(ホワイトソース)だったり、店によって違う。ほんのり甘いのはミートソースに入っているシナモンの味。
●カラマリ Kalamaraki 輪切りにしたイカのから揚げ。レモンをぱっと振っただけで地中海風。島に行ったらぜひ食べて!
●ギリシャコーヒー Greek Coffee 深煎りの豆を細かく挽いたものを、なべで水から煮出して上澄みを飲む。入れたてはまだ豆が沈殿してないので待つことしばし。色の割に苦くなくてこくのある味。
●ウゾ Ouzo
ouzo
ぶどうのしぼりかすからできる超キツイお酒。ほんのりと松ヤニの香りがする。注文するとコップ1杯の水といっしょに出てくるので、割って飲む。透明だが水に入れると白くにごる。
●カフェ・フラッペ Cafe Frappe
icecoffee
アイスコーヒー(iced coffee)を注文するとこれが出てくる。ギリシャのマクドナルドのメニューにも"Mac Frappe"の名であるメジャーな飲み物で、ネスカフェを水で溶いて泡立てたもの。
注文すると、砂糖とミルクを入れるか聞かれる。全部混ざって出てくるのです。ちょっと生ぬるーい感じが、私の舌には合い結構よく飲みました。
●サントリーニのワイン
wine
サントリーニ島にはワイナリーがあります。お土産用にパッケージされたものも売っています。くせのないさっぱりとした軽めの味。
●ビール
beer
夫は大のビール好き。どこの店にも置いてあったオランダ産"AMSTEL"を飲んでいました。ハイネケンより安かった。ギリシャのビールはプラカのタベルナでみつけた"Mythos"。


思い出のおみやげ | 日程と宿泊について | 知ってると便利 | リンク集 | HOME