アテネ

Parthenon

ギリシャ文明のハイライト

都会でありながらのんびりとした雰囲気


まずはアクロポリスへ

entrance

ギリシャ文明のシンボルともいえるパルテノン神殿は、実際に目にするとその大きさに驚きます。アテネ市街にはアクロポリスを視界からさえぎるような高さの建物の建築は規制されているので、必然的にアクロポリスは町中でひときわ目立つ高さになっています。
古代の人々は、日々あの丘を見上げては何を思ったのでしょうか。統治するものとされるものの距離を無意識のうちに感じさせる威圧感があります。

いざ実際に上って神殿を見てみると、下の方が少し膨らんでいる柱は優しげな曲線で描かれており、また建物には壁がなく中が空洞になっていて向こう側が見えるなど、かえって柔らかいイメージです。柱の膨らみは、下から見上げられることを計算して造られているとか・・・恐るべし!

Theatre

今、パルテノン神殿は大規模な修復工事中で、私たちが行ったときも神殿の中には足場が組まれクレーンが入っていて、中に入ることはできませんでした。建物の柱は、ダルマ落としのように石が積み重ねられていて、中に入っている鉄の芯を錆びないチタンに取り替えているのだそうです。

入場料2,000Drs.は高いと思いましたが、空調完備の博物館に入れられない建造物の保存の難しさを考えさせられます。アクロポリスの入り口の交通量の多い大通りに面して立つハドリアヌスの門は、排気ガスで真っ黒になっていました。

Lykavitos

神殿の周りは、アクロポリス博物館のほかに建物はなく、広々とした丘の上はいたるところ展望台となります。もちろん柵などないので、塀の上に座ろうが下をのぞきこもうが勝手にできます。

神殿を背にした反対側にはアクロポリスとほぼ同じ高さのリカビトスの丘が見えます。また、ここから見下ろすアテネ市街の街並みは、視界をさえぎるような高さのビルはなくて、町の景観を保存していることがわかります。


古代アゴラ

Temple of Hephaestos

アクロポリスのふもとに、庶民が集ったといわれる「古代アゴラ」があります。こちらはもう見事に柱の根元しか残っていない場所が多くて、想像力をたくましくさせる必要あり。ここにはミニ・パルテノン神殿ともいうべき「ヘーファイステイオン神殿」があります。
敷地内にある博物館はギリシャの遺跡で唯一完全復元された建物だそうで、整然と並んだ柱に囲まれた廊下はひんやりとして涼しい。お手洗いもキレイでした。

Old Agra

地図でみるとアクロポリスからすぐ!という感じだったのでほいほい歩いていったら、それらしき場所が見えるのに入口がわからない!周囲をぐるぐる歩くこと30分あまり。
近くには他の遺跡もあってどこからが古代アゴラなのかシロート目にはわからない。確か入り口はモナスティラキ広場に近い方で、地下鉄の線路(といっても少し深く掘られた所を電車が走っている)を超えて入る1ヶ所だった、と思います。

案内の標識も何も出ていないし、旅行者にとっては不案内な路地裏から行くのは至難のわざでした。エルムー通りには小さく案内が出ていたと思います。


プラカ地区を歩く

Monastiraki

プラカ地区は、アクロポリスのふもとに広がる古き良き街並みを保存した繁華街といった感じ。ちょうどアクロポリスから下を見下ろしたときに、茶色の屋根の建物が多いと思ったところがプラカでした。

周囲は大通りに囲まれているのにここの中だけは細く曲がりくねった小道や階段があって、ぷらぷらと歩くのには楽しいかも。キダシネオン通り沿いにはおみやげ関連の店やタベルナが集まっていていつでもツーリストでいっぱいです。

ここのタベルナはシエスタをとらない!らしいのでいつ行っても食べ物にありつけるというのは旅行者にはありがたい。ここも呼び込みがありますが、なんにも言ってこない店がけっこうお客でいっぱいだったりするのでここは冒険してみる価値あり。値段もさまざまです。

☆☆☆

used PC shop

ここからモナスティラキ広場へ向かっていくと、だんだんアテネの庶民の香りがしてきます。日用品を売る問屋などが軒をつらねて、さながらアメ横のよう。
日曜にはのみの市が開かれるという商店街にでたら、古い家具や調度品を修理して並べているアンティークの店がありました。木馬なんか置かれてて、不思議な空間でした。

1軒だけ、中古パソコンショップを発見!中ではアテネのパソコン青年らしき店員がディスプレイのなかの文字とにらめっこしています。店の軒先には、中古のHDがむき出しで炎天下ダンボールの中に山積みされていて、中身がとろけてそうでした。

☆☆☆

meat market

そこから少し歩くと大きな精肉市場と鮮魚市場があります。どこかの大きな店にでも入る感じで簡単に中に入れます。ギリシャでは牛と羊をよく食べるようで、かたまりの新鮮な肉がいっぱい吊るされています。ひょいと見ると、なんかガイコツらしきものが。羊の頭が10コ以上並んでいる!夫はコレをしばらく夢に見ました。

鮮魚市場へは中でつながっていて自然に出られました。なつかしい魚屋のにおい。新鮮な生の魚を手に入れられるアテネは魚料理もおいしい。


ミコノス島 | ミコノスの夜 | サントリーニ島 | サントリーニに火山があった | ピレウスへ | HOME