The Differences Between Anne of Windy Poplars and Anne of Windy Willows "Anne of Windy Poplars" と "Anne of Windy Willows" の相違点
by Joanne Wood, Mississauga, Ontario
( June, 1996 )
by Joanne Wood, Mississauga, Ontario
( June, 1996 )
This past spring I re-read the eight "Anne" books in order to reacquaint myself with Anne before I attended the L.M. Montgomery Conference in P.E.I. in June. I found Anne of Green Gables as delightful as always, Anne of Avonlea was charming and Anne of the Island was romantically satisfying. When I came to the fourth Anne book, Anne of Windy Poplars/Willows, I was not expecting to enjoy it for several reasons. First of all, I knew that LMM had written this book later in her life (it was published in the fall of 1936) and that it, along with Anne of Ingleside, was not written in chronological order of Anne's life. Secondly, I had learned that in 1934 the first talking movie of Anne of Green Gables had been released and that LMM had yielded to the public's and her publisher's desire to know more about Anne when she wrote Anne of Windy Poplars/Willows. And thirdly, I had read that LMM had written this book in record short time. All in all, I was not expecting a lot from the book.   この春私は、6月にプリンスエドワード島[大学]で開かれたモンゴメリ学会に出席する前に、アンと再び馴染みになろうと、8冊の「アン」ブックスを読み直しました。 Anne of Green Gables(「赤毛のアン」) は、いつも変わらぬ喜びをもたらし、Anne of Avonlea (「アンの青春」)は愛らしく魅力的で、Anne of the Island(「アンの愛情」)はロマンスに溢れ満足のゆく作品でした。 第 4 のアンブック、 Anne of Windy Poplars/Willows (「アンの幸福」)に取り掛かったときは、いくつかの理由から、この作品を楽しめるとは思っていませんでした。 まず第一に、モンゴメリが晩年になってこの作品を書いた ( 1936 年の秋に出版された )ということ 、そして、Anne of Ingleside (「炉辺荘のアン」)と共に、アンの生涯を年代順に描いたものではないことがわかっていたからです。 次に、1934 年に Anne of Green Gables の最初のトーキー映画が公開されていたということ、そして、モンゴメリがアンについて更に知りたいという大衆と出版社の願望に屈して Anne of Windy Poplars/Willows を書いたということを知っていました。 そして第三に、モンゴメリがこの作品を記録的な短期間で書きあげたということを読んでいました。 というわけで、この本にあまり期待してなかったのです。
I had read the book once before but it was so long ago that I only vaguely remembered it. Since reading the book, I have watched two movie versions of it (Kevin Sullivan's Anne of Green Gables - The Sequel and the 1940 movie Anne of Windly Poplars) and this only served to further fog and confuse the "real" story.   以前に一度読んだことはありましたが、それもずっと昔のことで、内容はほとんど覚えていませんでした。 この本を読んで以来、この本をもとにした映画を2本 ( Kevin Sullivan の Anne of Green Gables 続編、及び 1940 年の Anne of Windly Poplars ) 観ましたが、映画鑑賞は「ほんとう」のストーリーを霧に包み、混乱を招いただけでした。
I did remember one thing though. The first time I read the book I read the "Anne of Windy Poplars" version. So this time I found a dusty old 1936 British edition of "Anne of Windy Willows" to read and, much to my surprise, I was quite enchanted with it. I have always loved LMM's short stories, and much of Anne of Windy Poplars/Willows is episodic. It contains 9 short stories which had previously been published in magazines. Eight of the stories were published in The Family Herald and Weekly Star (Montreal, Quebec) between May 6 and July 1, 1936. The other story "The Little Fellow's Photograph" - found in chapters 2 and 3 of The Second Year - was published much earlier on Sept. 8, 1906 in Classmate magazine.   それでもひとつだけ確かに覚えていたことがあります。それは、初めて読んだときの書名が「 Anne of Windy Poplars 」であったということです。 それで、今回再読のために、ほこりの積もった古い 1936 年の英国版「 Anne of Windy Willows 」を探し出しました。そして非常に驚いたことに、私はすっかりこの作品に魅せられてしまったのです。 モンゴメリの短編小説は大好きですが、Anne of Windy Poplars/Willows の大部分は短い挿話から成り立っており、以前に雑誌に掲載された 9 つの短編を含んでいます。 そのうちの 8 つは、1936 年の 5 月 6 日から 7 月 1 日の間に、The Family Herald and Weekly Star 誌 ( Montreal, Quebec ) に掲載されたものです。 あとのひとつ、「The Little Fellow's Photograph」( 2 年目の 2 章と 3 章に見られる ) は、はるかに早く、1906 年 9 月 8 日に Classmate magazine 誌に掲載されています。
Why does this book have two different English titles? We can thank Maud herself for the answer to this question. She provided it in a letter dated December 27, 1936 to her long time pen pal George B. ManMillan of Scotland. She wrote:   それにしても、なぜこの本は、 2 つの異なる題名を持っているのでしょうか ? ありがたいことに、モード自身がこの疑問に応えています。 長年のペンフレンド、スコットランドの George B. MacMillan に宛てた 1936 年 12 月 27 日付の手紙に、次のように記しています。
My own title was "Anne of Windy Willows." But Stokes (her American publisher) thought this title too reminiscent of Kenneth Grahame's fairy animal story "The Wind In the Willows" ..... I thought this very far-fetched but suggested "Poplars" in place of "Willows". But Harrap (her British publisher) scouted the idea and insisted on retaining "Willows". Mr. Harrap said the English people knew very little about poplars and all about willows!! (My Dear Mr. M., pages 180-1).   私自身は「 Anne of Windy Willows 」としたのです。 でも Stokes社 ( モンゴメリの米国の出版社 ) は、この題名が、あまりに Kenneth Grahame の書いた動物の童話「The Wind In the Willows(邦題:風そよぐ柳の木立)」に似ていると考えたのでした。 それで私は、あまりにこじつけがましいとは思いながらも、「柳」の代わりに「ポプラ」ではどうかと提案してみました。 ところが、 Harrap社 ( モンゴメリの英国の出版社 ) は、この提案を拒絶し、「柳」のままとするよう主張しました。Harrap氏は、英国人はポプラのことはほとんど知らないけれど、柳のことなら何でも知っている、と言ったのです!! ( My Dear Mr. M., pages 180-1 ) 。
So the book was published as Anne of Windy Poplars in United States and Canada and Anne of Windy Willows in England and Australia.   こうしてこの本は、米国とカナダでは Anne of Windy Poplars として出版され、英国とオーストラリアでは Anne of Windy Willows として出版されました。
I chose to read Anne of Windy Willows this time because of something else that LMM had told her friend MacMillan in that same letter as mentioned above. Maud told MacMillan that "Stokes thought some of the incidents mentioned in Anne's walk through the churchyard and later on in her visit to "Tomgallon House" were too gruesome and advised they be cut out" (My Dear Mr. M., page 180) - so Maud did cut out some passages. But LMM thought that Harrap would use Stokes' plates to print the book, as they had done in the past, so she didn't advise Harrap of the changes. As a result, there are passages in Anne of Windy Willows that do not appear in Anne of Windy Poplars. I read Anne of Windy Willows this time to discover those differences.   私は、上に述べた手紙の中で、 モンゴメリが MacMillan に宛てて書いている他の事柄のためにも、今回は Anne of Windy Willows を読むことにしました。 モードは MacMillan に、『アンの教会に隣接する墓地散策中の出来事や、後の「Tomgallon 家」訪問における出来事が、あまりに恐ろし過ぎるので、削除するよう Stokes社が勧めた』と述べています。 ( My Dear Mr. M., page 180 ) − それで Maud は実際いくつかの出来事を削除したのです。 ところがモンゴメリは、Harrap社がそれまでと同様に、Stokes社の版を使って本を印刷するものと思い、変更内容を Harrap社には知らせませんでした。 その結果、Anne of Windy Poplars では削除されている出来事が Anne of Windy Willows には残っているのです。 私は、それらの違いを発見するために、今回 Anne of Windy Willows を読んでみました。
In chapter 5 of The First Year, Anne goes for a walk in a nearby graveyard. She is surprised to meet the local dressmaker, Miss Valentine Courtaloe, there. Miss Courtaloe is able to provide Anne with brief histories on many of the persons buried in the cemetery. There are 9 graves described in Anne of Windy "Willows" that are missing from "Poplars". One of the most "gruesome" is Miss Courtaloe's description of Stephen Pringle's grave:   1 年目の 5 章において、アンはすぐ近くの墓地へ散歩に出かけ、思いがけずこの土地のドレスメーカー、Valentine Courtaloe嬢に出会います。 Courtaloe嬢は、墓地に埋葬されている多くの人々の生涯を手短にアンに語って聞かせるのです。 題名が「柳」となっている方では、 9 つの墓について述べられていますが、この部分は「ポプラ」では削除されています。最も「身震いするほど恐ろしい」もののひとつは、Stephen Pringle の墓についての Courtaloe嬢の描写です :
"This is where Stephen Pringle is buried. They couldn't get his eyes closed. He was buried with them wide open." Anne shivered. She had a dreadful vision of the dead Pringle lying under the sod, still staring balefully upward at her out of eyes that had never been closed. (AWW, Harrap, 1936, page 61).   「ここが、Stephen Pringle が埋葬されているところです。誰もこの人の目をふさがせることが出来なかったので、かっと見開いたまま埋葬されたのです。」 アンは身震いした。 芝生の下から決して閉じられたことのない目で、今なお上方の彼女を悪意を込めて睨んでいる死んだ Pringle について、アンは恐ろしい幻想を抱いた。 ( AWW, Harrap, 1936, page 61 ) 。
In her last letter to Gilbert at the end of the book Anne writes to Gilbert that she "went to my old graveyard and wondered IF STEPHEN PRINGLE HAS CLOSED HIS EYES AT LAST, AND if Herbert Pringle occasionally chuckled to himself in his grave." (Caps mine) (AWW, Harrap, 1936, page 294)   この本の終わりに、ギルバートに書き送る最後の手紙の中で、アンはこう書いています。「古い墓地へ行って、Stephen Pringle がとうとうその目を閉じたかしら、そして Herbert Pringle が墓の中で時おりくすくす笑っているかしら、と思った。」 (大文字は私が強調した部分) ( AWW, Harrap, 1936, page 294 )
Being the perfectionist that she was, LMM had carefully removed this reference to Stephen Pringle when she edited "Poplars" at Stokes request.   完全主義者であったモンゴメリは、Stokes社からの要望に添って「ポプラ」に書き直したとき、この部分での Stephen Pringle に関する言及を注意深く削除しています。
Readers of "Poplars" will find it hard to believe that, despite all the Tomgallon tragedies that they have already read (in chapters 10 and 11 of The Third Year), Miss Minerva Tomgallon revealed 11 more tragedies to Anne in "Willows" than in "Poplars". One of the tragedies - deemed too gruesome by Stokes and therefore changed in "Poplars" - was told to Anne as she prepared to spend the night in one of Miss Tomgallon's spare bedrooms. Just as Miss Minerva is leaving she tells Anne that   「ポプラ」の読者にとっては、( 3年目の 10 章と 11 章で語られる ) Tomgallon家の多くの悲劇を読んでいるにも関わらず、「柳」の中では Minerva Tomgallon 嬢がさらに 11 もの悲劇をアンに漏らすということは、とても信じ難いことでしょう。 Stokes社によってあまりにも恐ろしいとみなされ、その結果「ポプラ」では書き換えられることになった悲劇のうちのひとつは、アンが Tomgallon嬢の客用寝室で一夜を過ごす用意をしていたときに語られます。 Minerva嬢は、部屋から出て行こうとするとき、こう言います。
"Aunt Annabella hanged herself in that closet. She had been ...melancholy...for quite a time, and finally she was not invited to a wedding she thought she should have been and it preyed on her mind. Aunt Annabella always liked to be in the limelight." (AWW, Harrap, 1936, page 275)   「 Annabella伯母さんは、その戸棚の中で首を吊ったんです。彼女は長い間ふさいでいて... それに、招待されるものと思っていた結婚式についに招かれなくて... そのことを気にやんだのです。 Annabella伯母さんは、いつも世間の注目を浴びることが好きでしたよ。」 ( AWW, Harrap, 1936, page 275 )
In "Poplars" LMM substituted the above tragedy with the following. Miss Minerva tells Anne that the spare rooom is   「ポプラ」において、 モンゴメリは下記のように前述の悲劇を置き換えています。 Minerva嬢は、この客室ですよ、とアンに言う。
"The room Oscar Tomgallon came back to life in - after being thought dead for two days. They DIDN'T WANT HIM TO, you know - THAT was the tragedy." (AWP, McClelland & Stewart, 1936, page 280).   「 ここが Oscar Tomgallon が 2 日間死んでいると思われた挙句に、生き返った部屋ですよ。生き返ってほしいとは誰も願っていませんでしたね。それこそ悲劇ですよ。」 ( AWP, McClelland & Stewart, 1936, page 280 ) 。
As I mentioned above, many of the stories in AWW/P were published before the book was as short stoies in magazines. Anne's visit to the Tomgallon House was published under the title "A Tragic Evening" in Family Herald and Weekly Star on June 24, 1936. Interesting enough, the short story contains all the tragedies later edited out of the book, so Canadian readers of the Family Herald may have already read the gruesome tragedies before the book came out anyway.   既に述べたように、Anne of Windy Willows/Poplars の中の物語の多くは、この本が出版される前に、短編として雑誌に掲載されています。 アンの Tomgallon家訪問は、 1936 年 6 月 24 日の Family Herald and Weekly Star誌に、「 A Tragic Evening 」として掲載されたものです。 興味深いことに、この短編小説には、後に本の中では削除されることになる全ての悲劇が含まれているのです。ですからカナダの Family Herald誌の読者は、いずれにせよ本が出版される前に、これらの恐ろしい悲劇を既に読んでいたかもしれません。
As was often the case, LMM had the last laugh when it came to Anne of Windy Poplars versus Anne of Windy Willows. Again I will refer to her December 27, 1936 letter to George MacMillan. It seems that Mr. MacMillan had sent LMM a clipping from the Newsagent containing its comment on the Daily Mirror's choice of Anne as the romantic book of the month. The article also contained a quote from the book. The joke is that the bit quoted as being most amusing was one of the bits that Stokes had cut from the American edition!   よくあることですが、 Anne of Windy Willows と Anne of Windy Poplars が対照されたとき、最後に笑ったのはモンゴメリでした。 George MacMillan に宛てた、彼女の 1936 年 12 月 27 日の手紙をもう一度参照してみると、どうやら MacMillan氏は、今月のロマンチックな本としてアンを選んだデイリー・ミラー紙に関するコメントを含む Newsagent紙の切り抜きを モンゴメリに送ったようです。その記事には、本からの引用も含まれていました。 面白いのは、最も楽しいとして引用された部分が、Stokes社が米国の版から削除した挿話のうちのひとつであったことです !
Avid LMM fans may want to choose the British edition of Anne of Windy Willow for their next reading in order not to miss even one of Maud's amusing anecdotes!   熱烈なモンゴメリファンは、楽しい逸話をひとつとして見逃さないよう、次はおそらく英国版の Anne of Windy Willows を選ぶことでしょう !

Last Update: 28 Jan 1999
<-- 戻る