福田 俊司 1948年、栃木県宇都宮生まれ

幼年時代、つまり60年以上前の故郷の自然は、じつに豊かでした。育った処は、栃木県庁から500メートルでしたが、 夜ごと、フクロウの鳴き声がとどろき、無数のホタルが点滅し、池にはカワセミが飛び込みました。
祖母が嫁いできた頃は、ムササビが飛び交っていたそうです。 そして日本の高度成長…人々は活気にあふれ、生活は便利になりましたが…身辺から故郷の生き物たちがひっそりと消えました。
せめて彼らが生きていた証(あかし)をフィルムに残しておこう…これが、わたしのネイチャーフォトの原点です。
そして1990年6月、縁あって、ハバロフスク地方へのフィッシングツアーに参加しました。其処には、タイムトンネルを抜けた、わたしの故郷があったのです。 街をとぶフクロウ、群れるチョウ、咲き乱れる花々…それは想い出の故郷そのものでした。 ロシア科学アカデミーの協力を得て、シベリア通いが始まりました。
毎年、百日以上、シベリア各地を取材…多くのことを学びました。日本が失ったもの、日本の自然の素晴らしさ、 日本とロシアの自然が密接につながっていること。
このホームページを通じ“極東ロシアの自然”に触れて、さらに“日本の自然”の理解を深めていただければ幸いです。





ロシア動物写真家協会会員証

日本写真家協会会員

ロシア科学アカデミー極東支部海洋生物学研究所会員

ロシア動物写真家協会会員

レニングラード・ハンティング&フィッシング倶楽部会員



受 賞世界二大コンテスト制覇


Natural History Museum主催

Wildlife Photographer of the Yer 特別賞
Natural History Museum主催

Smithsonian Museum主催

NATURE'S BEST Backyard Winner
Smithsonian Museum 主催

写真展:個展

「国境なき自然」マリンスキー劇場沿海地方ステージ(ウラジオストク)東方経済フォーラム主催

「鴛鴦」キャノンギャラリー銀座・札幌・名古屋、ギャラリー・ハンナ(宇都宮)

「国境なき自然」ロシア科学アカデミー動物学博物館(サンクトペテルブルグ)

「アムールトラを追う」写真弘社

「大鷲」富士フォトサロン

「ホッキョクグマの王国」ペンタックス・フォーラム

「ロシアの大地」ニコンサロン他多数

写真展:招待作品

SAVE WILD TIGER祭典 王立アルバートホール(ロンドン)

「原始のロシア」ロシア自然の祭典(モスクワ)ロシア連邦文化省、ロシア連邦自然環境省、ロシア地理学会、大統領補助金

講 演

「アムールトラを撮る」ロシア自然の祭典(芸術家の家/モスクワ)

「世界最大の野生ネコを撮る」国際観光医療学会学術集会(ヒルトン東京ベイ)

「アムールトラを撮る」トラベラーズ・フェスティバル(ドバイ王国主催)

「Tiger Untrapped」王立地理学会(ロンドン)

「国境なき自然」ロシア地理学会(サンクトペテルブルグ)

発表誌

BBC Wildlife誌「Where eagles dare」「IONY ISLAND」「SAVING A GHOST」

Smithsonian誌「Cinderella Story」

National Geographic Japan誌、NEWTON誌、

WWF、WCS、GEO、BBC Planet Earh、ФОТО МАТРИЦА 他多数

著 書

「鴛鴦」文一総合出版

「シベリア動物誌」岩波新書

「シベリア博物誌」偕成社

「シベリア野鳥紀行」東洋書店

「日光の野生動物」誠文堂新光社

「アムールトラを追う」東洋書店

「シベリア大自然」朝日新聞社

「ウスリートラを追って」偕成社

「フクロウ」あかね書房

「仙人動物夜話」栃の葉書房


BOOKS

共 著

「北方四島・千島列島紀行」NHK出版





PAGE TOP