浜 川 砲 台 跡

品川区東大井二丁目、勝島運河堤防沿  




  嘉永六年(1853)のペリー来航に対して、幕府は海上に砲台を築きましたが(前章参照)土佐

 藩も下屋敷があった品川宿立会川の海辺に、大砲8門を備える砲台を築いて異国船の再来襲に

 備えました。なお、その折に坂本龍馬もこの地で警備の任に着いていたそうです。

  この砲台は浜川砲台と呼ばれ旧東海道東側の海岸沿いにありましたが、今では大部分が住宅

 地になり、僅かに堤防近くの小公園が残されているだけです。さらには肝心の海も、かつては

 目の前に東京湾が広がっていましたが、今では沖合いが埋め立てられて勝島運河となってしま

 いました。ただ立会川河口の堤防の脇に、砲台を築く時に使われた礎石と説明板が据えられて

 いて、かつてこの地に砲台があった事を今に伝えています。




     浜川砲台跡


  この浜は土佐からの物資の

 荷揚地でしたが、ペリー来航

 の翌年に海岸防備の砲台が築

 かれました。この大小の石は

 砲台に使われいてた礎石で、

 2004年付近で建築工事をした

 際に出てきた物です。







     勝 島 運 河


  今では対岸のビルや高速道

 路に囲まれた、波穏やかな運

 河ですが、かつては目の前に

 江戸の海が広がっていて、そ

 こに黒船が現れたのですから

 江戸中の人々を大いに驚かせ

 た事でしょう。






     付 近 の 図


  旧東海道がかつての海岸線

 で、砲台は立会川の海岸を一

 部埋め立てて築かれたようで

 す。また下屋敷は浜川中学校

 の地を中心に立会川駅の西側

 にありましたが、藩主山内容

 堂はこの地が気に入ったよう

 で、彼の墓も屋敷から500米

 程北の丘の上にあります。





    坂本龍馬の銅像


  立会川駅東側の商店街に面

 して立っています。この地に

 滞在していたというだけで銅

 像とは大げさな気もしますが

 上記の礎石の一部を龍馬の地

 元の高知に寄贈したお礼に、

 高知から贈られた地元公認の

 銅像だそうです。






 一つ上 ”都内の古城址について

 表 紙 ”小さな旅と四季の風景 ”へ