大丹波川橋梁 

奥多摩町川井 JR青梅線 







 大丹波川橋梁


  大丹波川は埼玉との都県境の山々

 から流れ出る比較的大きな支流で、

 大きな谷地形を形作って川井駅の手

 前で多摩川に合流しています。その

 大丹波川に架かるJR青梅線の大丹

 波川橋梁は、支間長が45mもあり

 戦前に架橋された鉄筋コンクリート

 製アーチ式鉄道橋としては日本一長

 い橋とされています。









 大丹波川橋梁と大正橋


  手前にあるのは青梅街道の大正橋

 で、昭和54年に架け替えられまし

 たが、その先代の橋は昭和11年製

 の鋼アーチ橋でした。大丹波川橋梁

 が建設されたのは先代の大正橋より

 後になるので、時の東京府より景観

 上の配慮を求められ、大正橋に合わ

 せたアーチ橋になったそうです。







 一つ上   ”東京の古い橋

 表 紙 ”小さな旅と四季の風景 ”へ