タンザニアの昆虫切手

タンザニアはアフリカ大陸の東部にあり、ケニアやモザンビークと国境を接し、5895mのキリマンジャロが聳えビクトリア湖も抱えています。19世紀にドイツ領となり、第1次大戦後はイギリスの支配化に入ったが、1961年に独立し翌年にタンガニーカ共和国となりました。1964年に本土とザンジバル島の連合が成立しタンザニア連合共和国に改められました。
このタンザニアから1987年に昆虫切手4種と小型シート1種が発行されました。切手自体には発行年号が1986年と印刷されていますが、実際の発行は1987年になってしまいました。
2011年にバッタ切手4種とバッタ切手6種を含む小型シート1枚とバッタ切手1種を含む小型シート1枚が発行されました。
2013年に昆虫切手4種を含む小型シート1枚と昆虫切手1種を含む小型シート1枚が発行されました。

Tanzania タンザニア
1987.4.22 昆虫切手
セイヨウミツバチ
Apis mellifera
(ミツバチ科)
キクイムシの一種
Xyleborus xyleborus
(キクイムシ科)
ツェツェバエ
Glossina palpalis
(ツェツェバエ科)
アシナガバチの一種
Polistes polistes
(スズメバチ科)
ハマダラカの一種
Anopheles anopheles
(カ科)


2011.4.15 バッタ切手
サバクトビバッタの一種
Truxalis sp.
(バッタ科)
トゲムネバッタの一種
Phymateus morbillosus
(オンブバッタ科)
ショウリョウバッタの一種
Acrida acuminate
(バッタ科)
アカトビバッタ
Nomadacris septemfasciata
(バッタ科)
トノサマバッタ
Locusta migratoria
(バッタ科)
オンブバッタの一種
Dictyophorus spumans
(オンブバッタ科)
トゲムネバッタの一種
Phymateus viridipes
(オンブバッタ科)
キリギリスの一種
Homorochoryphus nitidulus
(キリギリス科)
アフリカケラ
Gryllotalpa africana
(ケラ科)
マンシュウヤブキリ
Tettigonia viridissima
(キリギリス科)
エレガンスミヤビイナゴ
Zonocerus elegans
(オンブバッタ科)


2013.7.7 昆虫切手
トゲムネバッタの一種
Phymateus viridipes
(オンブバッタ科)
カマキリの一種
Blepharopsis mendica
(カマキリ科)
ミモザオナガヤママユ
Argema mimosae
(ヤママユガ科)
ベニイトトンボの一種
Ceriagrion glabrum
(イトトンボ科)
シロモンオオツノハナムグリ
Chelorrhina polyphemus
(コガネムシ科)


NEXT 切手へ ホームページへ