蜂の巣箱
人類はミツバチからハチミツやミツロウという恩恵を授かり、暮らしの中に取り入れてきました。
そこでは、養蜂に関わる豊かな文化と技術が地域ごとに培われてきました。
下の写真の部分を選択しマウスでクリックすると、関連する切手が表示されます。

(1)直径30センチくらいの木の幹を切ったもので、中をくりぬき空洞にして側面に小さな穴が開けられています。ハチたちはこの穴を出入り口にして中に営巣します。横置き型はアフリカ大陸とヨーロッパのアルプス山脈周辺から東にかけてみられ、縦置き型はアジアからヨーロッパに多く分布しているといわれています。
木の幹の縦置型巣箱 木の幹の横置型巣箱
(2)一般的にスケップと呼ばれるタイプの巣箱で、ワラや木の枝で編んだカゴを逆さまに伏せて使われます。
スケップ型巣箱
(3)ハウス型 (4)木箱
ハウス型巣箱 木箱型巣箱

NEXT 切手へ ホームページへ