もうひとつのWJ

 WJというプロレス団体があります。ことしの春に旗揚げしたものの、迷走に迷走をかさね、秋には団体崩壊とまで新聞に書かれた団体です。
 ファンではありませんが、この団体のはじまりからいままでを新聞雑誌やネットで読んだり、試合をテレビで見たりしながら、「なんでこうなっちゃったんだろう。なんでもっとうまくやれないんだろう」といつも思っていました。
 もっと違う道があったはずだ、もっとうまくやれたはずだ、という私の思いを文章にしたのが、この「もうひとつのWJ」です。こうなれたかもしれないWJ、こうなってほしかったWJ。いわば、パラレルワールドのWJです。
 ですから、登場する団体、人物、事件、興行、行動は、すべて架空のものです。実在する団体、人物、事件、興行、行動とは類似していても、まったく関係はありません。


第一話 懺悔(2003/10/7)

第二話 信義(2003/10/7)

第三話 自由(2003/10/8)

第四話 覚醒(2003/10/9)

第五話 教訓(2003/12/3)

Intermission(2003/12/26)


ホームへ戻る