「青春を返せ裁判」を支援する会 会報 1999年7月・第30号

  支援する会事務局発行 〒700-0054 岡山市下伊福西町1-53 民主会館2F
  国民救援会内 TEL086-254-2799 FAX256-2589 郵便振替「01260-9-33457」
  E-メール=my@i.email.ne.jp   HP=http://www.ne.jp/asahi/a1/b2/

高裁岡山支部 浅 見 証 人 を 採 用

 統一協会の新たな被害者をなくしたいと訴えた「青春を返せ裁判」控訴審(控訴人A男さん)が5月21日、広島高裁岡山支部でひらかれました。
 年度がかわって、裁判官が全員入れ替わりました。A男弁護団の3人の証人調べ請求に対し、片岡安夫裁判長は、「西田さんか浅見さんのどちらかを採用したいのですが」と述べました。そこで河田弁護士は、「西田証人は名古屋高裁で採用されているので、そちらの調書を証拠として提出したい。こちらでは浅見証人を採用していただきたい」と述べました。途中から統一協会側の鐘築弁護士は、「採用するんですか?」「採用するんですか?」と何度も声高に繰り返し、「浅見さんは偏向しているんですよ」などと名誉棄損的な暴言も吐きましたが、裁判長は、「聞いてみないとわかりませんから」と述べて、宗教学者の浅見定雄証人を採用しました。
 次回の裁判は、7月23日午後2時から1時間半の予定で、浅見証人に対する主尋問と反対尋問が行われることになりました。
 閉廷後の集会でA男さんは、「採用されてホッとしました。やっと同じ土俵に上がったところなので、これからが勝負だと思います」と話しました。
 統一協会員となった娘が一時帰宅していたという家庭の父親は、「一度失敗しているので、どちらも緊張していました。オウム真理教について報道しているテレビを見て娘は『あれは共産党』と言いました。悪いのは全部共産党と考えてしまうんですね』と話しました。
 支援する会では、いま取り組んでいる署名をひきつづき集めます。
 そして、次回の裁判の機会に、浅見定雄さんの講演会を計画(4頁参照)します。
  ┌───────────────────────────────────┐
  │   7  月  2  3  日  午  後  2  時  か  ら  の  裁  判  傍  聴  を │
  └───────────────────────────────────┘

各 地 か ら の 激 励 の 手 紙

 署名用紙とともに、全国各地から20通ちかくの手紙が届きました。その中の3通を紹介します。

彼 ら の 幸 せ を 祈 る
(前略)
電話はディスプレイにしてからはピタリと無言電話はなくなりました。やはり相手は協会であったことがよく判りました。
A男さんやB子さんには本当に感謝しています。彼等の今後の幸せを祈らずにはいられません。役に立ちませんがカンパを同封しておきます。よろしくお願いします。
M(岡山市。4/30着)

裁 判 官 の 意 識 が 低 す ぎ る

支援する会のホームページを拝見し、とり急ぎ19名の署名及びカンパをお送りします。
判決文を読ませていただきましたが、商売の世界では、うそ・偽り、あるいは恐喝、それに類似した行為は厳しく罰せられるのに、人の徳を高め、良心から発する行為を促すべき宗教に対して、このような判決が下されるというのは、裁判官の公僕としての意識が低すぎると思います。
今回、私が署名の協力をお願いした方々は、キリスト者の方ばかりですが、私たち自身も、この実態を認識し、地元においても、被害に会われた方、家族を奪われた方と共に、何ができるのかを考え、行動を起こしていきたいと考えております。
公正な裁判が実現しますよう、心からお祈りいたしております。
 1999.5.3
M・H(富山市)
追伸。私が通う教会はとても小さなところなのですが、もう少し声をかけてみようと思います。5/10をすこし過ぎるかもしれませんが、こちらでもがんばってみます。

統 一 協 会 か ら 救 出 し た 親 と し て
 前略.
 霊感商法や詐欺的な勧誘など反社会的な活動を続けている統一協会に対する控訴審で宗教者やマインド・コントロール研究者が証人として公正な証言がされるよう心から願っています。
 実は、私的なことですが私共の子供も七年前までは、統一協会に入会していました。一年間の準備と多くの人の協力、ズィヴィ・パスカル氏のお力添えで救出することができました。今尚、統一協会でマインド・コントロールによって活動している若者達を一日も早く親の元へ帰れるようにするためにも、統一協会の反社会的活動を世の中に広め、「青春を返せ裁判」の控訴審が勝利にむかって前進するよう、子供を統一協会から救出した親として、願っています。
 用紙が届いたのが連休中でたくさんの署名を集めることができませんでしたがお送りします。わずかですが、募金も同封いたします。
北海道深川市 日本国民救援会深川支部 支部長 小川憲二 (5/10着)

最 近 の 出 来 事

5月6日…弁護団が証人採用の必要性を述べた準備書面を提出しました。
5月11日…公正裁判と証人採用を求める署名1800人分を提出しました。
5月18日…ユニバーサルバレエ公演が岡山シンフォニーホールで開かれました。
5月18日…岡山ロータリークラブは、世界平和女性連合岡山県本部事務局長の表彰を延期しました。
5月20日…署名1500人分(累計3300人分)を提出しました。
5月21日…岡山・青春を返せ裁判で、浅見定雄さんの証人採用が決まりました。
6月13-14日…裁判勝利をめざす全国交流集会がひらかれました。
7月9日…全国弁連は、京北病院の賞賛記事を掲載した週刊読売や発行元の読売新聞社に公開質問状を提出しました。

講演会

ハルマゲドンとカルト宗教

ハルマゲドンとは何か。
聖書研究の第一人者である浅見氏は、
さまざまなカルト宗教と戦ってきたことでも有名。
”ハルマゲドン”の実際と、
カルト宗教のねらいを解き明かしてくれる。

とき:7月23日(金)午後6時30分
ところ:岡山弁護士会館(岡山市南方1−8−29)
はなし:浅見定雄元東北学院大学教授
参加費:300円
主催:「青春を返せ裁判」を支援する会 TEL.086-254-2799
   岡山市下伊福西町1−53 国民救援会内

(交通)宇野バスは、岡山駅ターミナル12番のりば(美作方面行き)で乗って約5分、
    「番町口」で降りるとすぐ(裁判所の北隣り)です。
  岡電バスは、岡山駅ターミナル4番のりばで、三野公園行きか妙善寺行きに
    乗って約10分、「番町口」で降りるとすぐ。

「青春を返せ裁判」を支援する会会報・資料に戻る。
「青春を返せ裁判」のホームページに戻る。