┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 「青春を返せ裁判」を支援する会   会  報   1 9 9 5 年 8 月 ・ 第 1 1 号 ┃
 ┃                                「青春を返せ裁判」を支援する会事務局発行┃
 ┃                                 〒700 岡山市駅元町9-26 国民救援会内    ┃
 ┃                                 086-254-2799 郵便振替「01260-9-33457」┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ┌──────────────────────────────────┐
も │ 1(12行)…証人却下した池田裁判長を忌避                       │
く │ 2(11行)…12,468人分の署名を提出                        │
じ │ 3(8行)…統一協会の「国際合同結婚式」に反対する岡山集会(案内) │
   │ 4(8行)…国民救援会第14回岡山県本部大会記念講演会(案内)     │
   └──────────────────────────────────┘



1        証  人  却  下  し  た  池  田  裁  判  長  を  忌  避

  8月9日午後、青春を返せ裁判がひらかれました。
  48の傍聴席は、開廷の30分以上前から20数人の統一協会員が座っていて、
開廷直前に着いた支援者はほとんどが入廷できませんでした。
  最初にB子さんの事件について審理され、こちらの書証が裁判所に提出されまし
た。そして、次回の裁判を11月1日午前10時30分から12時まで開くことを
決めました。
  つづいてA男さんの事件が審理されました。原告側は提出済みの書面を陳述・確
認し、統一協会側からは求釈明に答弁する書面が提出されました。そして、原告側
はこれからの立証計画を出し、再度の証人申請をしました。申請した証人は、西田
公昭さん(社会心理学・静岡県立大学助手)、浅見定雄さん(宗教学・東北学院大
学教授)、有田芳生さん(ジャーナリスト)、山口広さん(全国弁連事務局長)の4
人です。
  池田亮一裁判長は、裁判官3人の合議結果として証人申請をふたたび却下しまし
た。弁護団は、「池田裁判官を忌避します」と宣言。池田裁判長は、「裁判を停止
します」と述べ、20分で裁判が終わりました。
  今後は、池田裁判官の忌避について、岡山地裁で池田裁判官以外の3人の裁判官
によって審理され、決定が出されます。決定が出るまでは、Aさんの事件は停止し
ます。  
  弁護士会館で懇談会がひらかれ、支援者40人が参加しました。
  河田英正弁護士は、池田裁判官を忌避したことについて、 事件の解明に欠かせ
ない証人を採用しなかったこと、 争点を共通にするAさんとB子さんの2事件を
併合しないばかりか、「こんなものは民事事件にならないと思っている」と言い放
つなど偏見をもっていること、 原告本人尋問では居眠りをしていたこと、 原告
側が統一協会側に釈明を求めたところ「認否されないのなら必要はありません」と
答弁をさせなかったこと、 他地裁で審理されている同様事件では必要な証人尋問
がなされていることなどから、池田裁判官の態度は公正に欠けるからであると述べ
ました。
  原告のAさんは、参加者にお礼を述べたあと、脅迫によって献金させられたこと
などについて30数枚の陳述書を書いて提出したことを報告しました。そして、統
一協会はまぎれもなく犯罪組織である、自分が献金した金が犯罪に利用されている
ことに我慢できない、と述べ、これからもご支援を、と訴えました。
  大阪から参加した加納雄二弁護士も、まったく非常識な裁判官だと述べました。
  高山正治牧師は、詳しくは20日に報告すると述べながら、36万組を上回る合
同結婚式が準備されている、今パニックになるほどの相談が来ていると述べました。
  今後、忌避申請の審理などに対する活動について、役員会で相談することになり
ました。



2          1  2 ,  4  6  8  人  分  の  署  名  を  提  出
  「青春を返せ裁判」を支援する会では、国民救援会、被害者父母の会、宗教団体、
労働団体などのご協力も得ながら、同裁判の公正な審理と証拠採用を求める請願署
名を集めてきました。そして、4回にわたって合計12,468人分の個人署名と 
225団体の団体署名を裁判所に提出しました。また、4回の街頭宣伝・署名活動、
裁判所周辺でのビラ配り、被害者から裁判官への手紙運動、そして8月1日からは
宣伝カーによる放送宣伝にも取り組みました。
  証人申請はふたたび却下されましたが、これらの活動は、忌避の審理や本事件の
審理に好影響を与えるものと確信しています。たくさんのご支援をいただき、本当
にありがとうございました。なお、本事件は結審されていませんので、今後とも集
まった署名は裁判所に提出しますので、よろしくお願いします。(K)



3
 ┌────────────────────────────────────┐
 │統一協会の「国際合同結婚式」に反対する岡山集会                          │
 │ 参加費:500円                                                       │
 │ と  き:8月20日(日)午後2時〜4時                                 │
 │ ところ:岡山労金ビル5階大ホール(岡山市津島西坂)                     │
 │ 内  容:合同結婚式の実態(羽佐田美千代さん=元信者)、                    │
 │           合同結婚式の問題と救出(高山正治牧師)                         │
 │           統一協会を訴えた「青春を返せ裁判」について(河田英正弁護士)   │
 │    主 催:統一協会の「国際合同結婚式」に反対する岡山集会実行委員会      │
 └────────────────────────────────────┘



4
 ┌────────────────────────────────────┐
 │ 国民救援会第14回岡山県本部大会記念講演会                             │
 │統一協会のマインドコントロールを解明する                                │
 │ 日時:8月27日(日)午後4時30分〜6時                             │
 │       ※6時15分から懇親会(弁当代2000円)を行います             │
 │ 会場:岡山国際交流センター(岡山市奉還町、岡山駅西口むかい)           │
 │ 講師:西田公昭(静岡県立大学)                                         │
 │ 参加:無料(60席ですので、事前にご予約ください)                     │
 │   主催:日本国民救援会岡山県本部(〒700岡山市駅元町9-26  086-254-2799)   │
 └────────────────────────────────────┘



「青春を返せ裁判」を支援する会会報・資料に戻る。
「青春を返せ裁判」のホームページに戻る。