カルト被害を考える会 会報 2010年12月・第62号
発行=カルト被害を考える会 TEL.086-231-2885 FAX.086-231-2886
〒700-0817岡山市弓之町2番15号3階 河田英正法律事務所気付
Eメール=my@i.email.ne.jp HP=http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/

<もくじ>
・総会ひらき、議案を承認、新役員を選出
・村上密氏講演「関係修復の対話法」
・新宗教の潜在信者をのみ込むスピリチュアルの勃興
・総会返信はがきの「ひとこと」紹介

総会ひらき、議案を承認、新役員を選出

 カルト被害を考える会は11月6日、倉敷めぐみキリスト教会で2010年度総会をひらきました。
 柚木薫さんの司会で議事が進行しました。
開会あいさつで河田代表は、岡山青春を返せ裁判で大きな成果を上げ、霊感商法が違法であることに加えて、正体を隠した伝道・教化も違法であることを裁判で確定させたことを紹介し、この会は、その裁判支援運動を引き継いでいると述べました。
 次に葛原事務局長から議案が提案され、満場の拍手で承認されました。
 つづいて次期役員の選出が行われ、下記のとおり代表1名と幹事6名、監査1名が2010年度役員に選出されました。
 閉会のあいさつで高山正治幹事は、統一協会がめまぐるしく変化していて、被害も続いており、この会の活動が被害を防ぐためにも重要であると述べました。
【2010年度役員】
代表 河田英正(再)
幹事 6名(再任4名、新任2名)
監査 1名(再)


村上密氏講演「関係修復の対話法」

 11月6日の総会後、出エジプト会との共催で、村上密牧師の「関係修復の対話法」と題する講演会が行われました。講演の概要は次のとおりです。
--------
 私は、統一協会に3カ月間所属したことがあります。その経験から、牧師になって 21才から現在55才までカルトの相談を受け、500人以上救出しています。
 最初のころは、カルトの矛盾したところ話して説得すれば辞めていました。しかし最近は、「統一原理の2割は間違いを書いている」と教え込まれていることもあり、聖書との違いを指摘しただけでは辞めません。
 そこで、「関係修復の対話法」を導き出しました。これは、カルトや夫婦関係、親子関係でも使えます。
 子どもを「子ども」として見ていると心を開いた対話ができません。子どもっぽいのですが、大人として見るとともに、それに相応しい言葉を使って意思疎通しましょう。
 言葉づかいは、次のことに注意しましょう。
 カルトでは、親に嘘をつかせ、親子関係を壊すことを教えます。メンバーは、対話する人を求めています。
 「命令」は反発を生むので、「提案」や「依頼」に切り替え、語調にも気をつけましょう。「提案」では、イエスとノーが選択できなければなりません。ノーを受け入れることも必要です。
 全否定すると対話になりません。いいものは肯定し、問題点については「疑問」として伝え、相手の言うことに対し(賛成ではなく)「理解」を示しましょう。そして、2回目、3回目と続けられる対話をしましょう。相手の言いたいこと(心の表面)を全部聞いていくと、その後は、心の底にある気持ちが言えるようになっていきます。
 論破して脱会しても、その後で、いい関係にはなれませんでした。親身になって聞き、対話することです。
 困難な状況は、永遠に続くわけではないので、未来を悪く予想して落ち込むようなことばは出さず、1年後、3年後、5年後の明るい未来を期待しましょう。
 オウムは、以前の3万人が現在では1000人を切っています。ハルマゲドンが来ると言いながら、幹部だけは年金に入っていたことがわかり、離れて行きました。
 統一協会でも、文鮮明は痴呆にかかり、実質的な指揮権はありません。3男と7男が4男と対立・分裂しています。
 気がついた信者が突然帰ってくることもあります。脱会してきたら、1年間何も要求しないで、今の状態のままで受け入れましょう。


新宗教の潜在信者をのみ込むスピリチュアルの勃興

 『週刊ダイヤモンド』(2010.11.13)に「特集 宗教とカネ」がPart1からPert3まで、48ページにわたって掲載された。その最後の数ページに「新宗教の潜在信者をのみ込むスピリチュアルの勃興」という小見出しの項があった。
 ビジネスとしては、「スピリチュアルは“30万人マーケット”と言われるほどの市場を持ち、今もなお拡大し続けている」、「この市場の顧客は価値を感じてくれれば、多少値が張っても財布のヒモを緩めてくれる人たちだ」という。
 “パワースポット”ブームは、スピリチュアルの裾野をさらに広げていて、新宗教は信者数を減らしている。スピリチュアルは宗教よりも気軽に神秘の世界に触れられるからだといわれる。
 世の中はますます不安定になり、心のよりどころを求める人は多い。「潜在的に宗教ニーズを持つ人びとが宗教にたどり着く前に」、スピリチュアルがその心をとらえてしまう。そして、宗教法人に寄付金などを捧げてきた人が減り、スピリチュアルの物品やサービスにカネを回す人が増えることになるという。
 これも、世の流れなのかもしれない。
 多くの宗教が、歴史の中で調整され、社会に受け入れられる態様になり残ってきた。スピリチュアルを取り入れる宗教、または利用して反社会的な活動に導くカルトもある。勃興するスピリチュアルは、これから社会との調整をすることになるだろう。(K)


総会返信はがきの「ひとこと」紹介

※会員名は最初のひらがなだけを表示しました。
会員名
ひとこと
私自身は、日本キリスト教団の会員ですが、「聖書」を利用されないために、入会しました。貴重な情報をお知らせくださり、感謝しています。
何時も新しい情報をお送り下さいまして有難うございます。子供が入信してから20年以上、孫3人となってどうすることもできないでいる身でございますが、オウムの次は統一協だと言われているのに、警察庁なり検察庁は何故動き出さないのか、何とかして欲しいと願う外ありません。
国民文化祭に出演の為出席出来ません。毎年案内を頂きながら欠席ばかりで申し訳ございません。
今後もカルト被害根絶に向けて頑張って下さい。講師の村上密牧師によろしくお伝えください。
いつもたいへんお世話様になります。
カルト問題大変ですね。がんばりましょう真実を訴えて。
当日、大阪でも第19回統一協会対策特別セミナーが予定されています。又、大阪の2つの韓国系小・中・高では、ほぼ100%ならび50%の生徒が、祝福2世の子供達によってしめられ、周辺住民への啓蒙をどのようにすればよいか、頭をなやませています。
いつも連絡いただきありがとうございます。村上先生のご講演を拝聴したいと思いますが、夫の手術と重なり、残念です。
他の行事と重なってしましました。
何もお手伝いが出来ず、申し訳ありません。それなりに元気にはしているのですが、当日はどうしても都合がつきません。
お世話になっております。遅くなり申し訳ありません。現在金沢に赴任中です。(妻より)
被害者の勝評がつづき、ご奮闘ごくろうです。文鮮明の息子たちの後継争いなのか、世界で5万組の合同結婚式!ご健闘いのります。
統一教会はカルト教団で本当にこまります。
いつも連絡していただきありがとうございます。丁度親戚の法事がありますので又の機会にお願いします。
毎度お世話頂き有難うございます。私事、体調悪くて勝手させて頂きます。
近年体調すぐれず、一人旅することができなくなりました。事務局をはじめ会員の皆様には、たいへんお世話になっております。感謝申し上げます。
いつも欠席ですいません。
よろしくお願いします。
大学での公務のため残念ながら出席できません。皆様によろしくお伝えください。
村上密先生の講演会、楽しみにしております。出エジプト会に通い始めて4年近くになります。被害報告は後を絶たず、家族の一員として胸が痛みます。
体調の方は毎日変わるので不安定ですが床に就くほどではありません。
TOP  会報など  ホームページ  PDF