カルト被害を考える会 会報 2009年8月・第56号
発行=カルト被害を考える会 TEL.086-231-2885 FAX.086-231-2886
〒700-0817岡山市弓之町2番15号3階 河田英正法律事務所気付
Eメール=my@i.email.ne.jp HP=http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/
<もくじ>
パスカル氏講演会のご案内
パスカル氏の著書紹介
最近のカルト情報
2008年度総会・講演会のご報告
2009年度総会・講演会のご案内
会費納入のお願い

パスカル氏講演会のご案内

 カルト被害を考える会では、出エジプト会との共催で次の通り講演会をひらきます。今回の講演会は、ゲストにカルト問題関係の書籍で著名なパスカル・ズィヴィー氏をお迎えして、ご講演いただきます。お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。(現役信者は参加出来ません。)

<日程と場所>

日 程  2009年9月5日(土)10:30〜17:00
   10:30〜 講演会T部
   12:00〜 昼食(※)
   13:00〜 出エジプト会総会
   14:00〜 講演会U部

※昼食は仕出し弁当(飲み物付き)になります
 当日、受付にて1000円をお支払い頂きますようお願いいたします。

場 所  倉敷めぐみキリスト教会
      所在地:〒710―1101 岡山県倉敷市茶屋町1586−1
      TEL:086―476−0264
      JR瀬戸大橋線茶屋町駅から徒歩8分程度

     <会場案内> (地図省略)
       駐車場もありますが、台数によって駐車出来ない場合があります。
       その場合は茶屋町駅周辺のパーキングをご利用下さい。


パスカル氏の著書紹介

『“信仰という名の虐待”からの回復』
もくじ
・はじめに
・なぜこのブックレット?
・“「信仰」という名の虐待”の見分け方
一、被害者の心理的問題
二、回復に向って
三、周囲の人たちのために
四、被害を受けた方へ(The first step)

『マインド・コントロールからの脱出』
( 統一教会信者たちのこころ )

なぜ、若者たちが信者になるのか、
両親や家族は何をなすべきか
もくじ
 1章: 破壊的カルトとは何か
 2章: なぜ統一教会に入るのか
 3章: 恐怖
 4章: 思考停止
 5章: 二重自己
 6章: 統一教会にいるときの心理状態
 7章: カウンセリング
 8章: リハビリテーション
 9章: 脱会したあとの心理状態
 10章: 証言

『カルトで傷ついたあなたへ』
マインド・コントロール研究所編
いのちのことば社
キリスト教関係の書店で購入できます。
破壊的カルト、マインド・コントロールについての解説、破壊的カルトのカウンセリングとリハビリテーションについて書かれています。

『水切り遊び - Ricochet 』
キリスト教視聴覚
家族、その失われた絆を求めて!
 今、子供たちに異変が起きている。その背景にあるのは、子どもの飢えと渇きである。これは子供との対話を失っている、すべての親たちに贈る、ある父と子の愛の風景である。『石が次々に水を切って遊んでいくのは、水面に当たっているからです。言い換えれば、次の水面に当たるためには、前の水面に当たっていけなければなりま せん。フランスでは家族や人生の問題について語るとき、この「水切り遊び」(リッコシェー)という言葉がよく使われます。実は「リッコシェー」という言葉自体に、「(間接的)影響、波及」という意味があるのです。例えば、子どもにある問題が起きた時、その原因を探っていくと、その父親の幼児体験に問題があったことがわかります。さらにその父親は、別のどこかから影響を受けているというわけです。こように、父親に当たった石が、子どもに当たっているのです。』 (本文より)


最近のカルト情報
高山正治
 「カルト被害を考える会」の会報発行が遅れていることを、まず、お詫び致します。
 10月には、総会と特別講演会を行いますが、その件については別途案内させて頂きます。

 初めに、最近のカルト事情について少し述べておきます。
 まず、統一協会ですが、1992年の合同結婚式の後、警察が統一協会の施設に立ち入り検査をするであろうと言われていたのに、この件はいつの間にか立ち消えになってしまいました。そして、随分時間がたってのことですが、最近、立て続けに各地で統一協会に警察の捜査が入り、東京では、(新世)・新潟(神世界)・福岡(サンジャスト福岡)・・・など、各地で検挙者が出ました。では、ここで一挙に統一協会の霊感商法が壊滅するかという期待があったのですが、残念ながらそうは簡単にいかないというのが実情のようであります。
 今年のはじめ、統一協会では、大きな人事異動がありました。最近までは統一協会全体の次期指導者は3男の文顕進であろうと言われていたのですが、何らかの理由で、顕進は失脚し、国進と亨進の2人体制が固まってきたようです。
 統一財団の会長・文国進が指導者として実権を持ち、表の顔としては信者に受けの良い文亨進が宗教面の責任を持つようです。日本の最高責任者は、任導淳からソン・ヨンソクに代わり、12人の最高幹部も今回は選挙で選んだということで、12人の内日本人が2名選ばれ、後の10名は韓国人で、やはり、この宗教は韓国優先のようです。
(これは2月の段階のことで、その後大きな変化がありました)
※7月7日 統一教会人事に大きな動きがありました。比較的良心的なことを言っていた徳野英治会長が外され、元国際勝共連合会長の梶栗玄太郎が、日本統一教会の会長に就任したとのことです。最近の警察の捜査対策上、徳野より梶栗の方が使えると踏んだのでしょう。徳野英治と梶栗玄太郎の会長離着任式が行われ、マスコミに対しては徳野英治が記者会見を行いました。

 ※そのほかの統一協会の動き
 *1978年1月1日発刊の中和新聞が、このたび、2009年7月号を持って新聞としての役目を終え、ファツクスとインターネットによる電子紙面の情報提供に変わると言うことです。最初は月に2回発行されていたものが、月1回になり、今回廃刊になるということです。どんな内部事情があるのでしょうか。隠れた読者としての反牧の私には少し寂しい思いがします。
 *統一協会6代会長であった石井光冶が6月15日、都内の入院先の病院で他界しました。74歳でした。
 *いつも無茶な命令を出している文鮮明は、今回、日本人食口(信者)に、日本に聖殿建設を命じました。韓国清平にある天正宮博物会と同じような神殿を建てよという命令です。言うまでもなく食口は多額な献金を要求されますよね。

「摂理」の動き
 もうひとつ「摂理」という団体ですが、ここは教祖の鄭明析が婦女子に性的暴行を加えた罪で中国で捕らえられ、その後、韓国に移されて10年の刑が確定して現在服役中です。教祖が有罪判決を受けたのであれば、組織は壊滅するほどの打撃を受けるはずなのに、信徒たちは、これは宗教弾圧だ、迫害だと言って、いよいよ信仰を強くしています。信者たちは、先生の無実を今尚、固く信じています。
 面白いことに、鄭明析は、自分は再臨のメシヤだと言っていたのに、今では自分はメシヤではない。イエス様と信者を繋ぐ教役者にすぎないとメシヤ宣言を撤回しました。
 摂理は最近教義を大きく変えています。最近の説教内容は(天国・地獄・天使・・)などの説教が多いと言われます。鄭明析は執筆活動をしていると言いながら、自分の本は出版しないで、他人の書いた本を信者に薦めているのはおかしな話だと思うのですが、どうでしょうか。

 その他には、最近ではミニカルトの相談を受けることが多くなりました。カルトは多様化し、分派活動を起こしていくので、注意してください。


2008年度総会および講演会のご報告

 08年11月22日午後、倉敷市茶屋町の倉敷めぐみキリスト教会で、カルト被害を考える会の2008年度総会と講演会が開かれました。
 今年度の活動方針では、ホームページの運営、相談や被害回復の支援、会報の発行、講演会の開催が決められ、新役員には、高山代表ほか、幹事7名、監査2名が再任されました。
 講演会では、最初に高山正治・倉敷めぐみ教会牧師から、文鮮明の3人の有力後継者のこと、警察が北陸を中心に統一協会の違法な活動を調査していることなど、最近の統一協会の状況が話されました。
 次に、大和谷厚・大阪大学大学院教授から「キャンパスにおけるカルトの実態と教育的対策−大阪大学における取り組み−」と題して、―――阪大の学生委員会では、学生の健康と安全(9項目)の1つとして、カルト問題を考えていること、カルトには、摂理、親鸞会、原理研があること、キャンパス内での勧誘では、コミュニケーションのルールを守らない、学業に影響がある、など問題があることなどが話されました。

(葛原健志)


2009年度総会および講演会のご案内

 カルト被害を考える会2009年度総会および講演会を次の通り予定しています。今年度の総会・講演会は、ゲストに松岡洋一教授(岡山大学学生支援センター長)をお迎えして、岡山大学におけるカルト予防の取り組みについてご講演いただきます。お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。(現役信者は参加出来ません。)
<総会および講演会の日時・場所>
   日時  2009年10月24日(土)14時〜17時
   場所  岡山国際交流センター5階 会議室1
       (岡山市奉還町2−2−1 TEL086-256-2905)
<会場案内> 岡山国際交流センター
※岡山国際交流センターは、JR岡山駅西口から徒歩3分のところにあります。センターに一般駐車場はございません。恐れ入りますが、隣の西口パーキング、または最寄りの駐車場をご利用ください。

プログラム
 T部  14:00〜 総会
 U部  15:00〜16:30 講演会
  ※参加費  無料(尚、終了後に自由参加で実費負担の懇親会を予定しています。)


会費納入についてのお願い

会員のみなさまへ

 2009年度(2008年10月〜2009年9月分)の会費を請求させて頂きます。年会費(個人は1口 1,000円、団体は1口 5,000円)は、同封の郵便振替の用紙で、または電信振替でお送り下さい。
 なお、送金料金および送り先は次のとおりです。

◇郵便振替は、ATMから送れば80円、郵便局窓口から送れば120円です。送り先は、「01320−3−68459 カルト被害を考える会」です。

◇電信振替は、ATMから送れば無料、郵便局窓口から送れば140円です(電信振替は、郵便貯金通帳から相手の郵便貯金通帳に送金する方法です)。送り先は、「15450−26230601 カルト被害を考える会」です。

※ 尚、既に今年度の会費を納入された方で、もし行き違いがありましたらお許し下さい。

TOP  会報・資料  ホームページ