ライフアカデミーでビデオ受講

ライフアカデミーでビデオ受講

手相をみて「転換期」と言われ

統一協会の偽装団体体験記(2002.11/23 「さかな」さん)

私が通っていた会は千葉県船橋市本町3-33-13フォートリス船橋4Fにある「ライフアカデミー」という会です。

JR津田沼駅の改札を出たところで手相を見せてくださいと言われて見てもらっていました。普段は素通りするのですが、その時は勧誘者の人が弱々しく懇願しているのがわかったので立ち止まりました。

勧誘者(Aさん)は「転換期、今の自分に自信がないでしょ?本来は伸びるのに、いろいろな障害がある」などと言ってその時の私の状況について分析していました。その時私は仕事面やプライベートなことで考えることがあり、かなり精神的に弱い時期だったので、この人には話が通じる、同じ悩みを共感できる人だと思いました。

また、何をやっているのか?と質問をしたら、サークルに入っていて、生き方についてや手相など習ったり、スポーツ大会をしたりといろいろなことを学ぶ所だと言っていました。この部分は突っ込んで聞いてみてもはっきりとした返答はなかったように思います。

その日のうちに会があるビルに行き、かなり入会には渋ったのですが、やってみなけりゃわからないという説得で入会しました。
入会金は72,000円。3分割にすると1万円ほど高くなります。また、学生料金もあるようでした。この入会金を払えば無期限にこの会を利用でき、カウンセリングも何回でも受けられるとの事でした。
ここで私は入会証に拇印を押し、勧誘者Aさんと写真をとり、自分の性格判断として何問かの質問に答えました。

最初のビデオ「幸運をつかむ」というものでした。
会員者にはメンバーズカードがあり、ビデオの受講簿、カウンセラー、セミナー、入会年月日、領収証の項目があります。そのビデオ受講簿の項目に受講内容などを書き込んでいきます。また、ビデオを観るときは一人一人についているカウンセラーがビデオと感想用紙を持ってきてビデオを観ることになっていました。
ビデオを見た後ビデオの内容や、それにこだわらずに今日したことなど話題はその日によって様々でした。

最初から4回目まではAさんが行きも帰りも一緒でした。帰りは、何を話したか?どう思ったか?と聞かれました。私がカウンセラー(Uさん)と話している間は、Aさんは上の階の部屋にいて終わるのを待っていました。毎回手紙お菓子をつけて部屋の受付のところに置いておいてくれてました。私の場合はAさんが私の担当だったらしく、他の担当の人もそこに手紙とお菓子を置いていました。

ビデオは最初の「幸福をつかむ」と「家系の不思議 前・後」はどの人もみな観ている様でした。この時に家系図について話し、その後、自分の今までの生き方について話しました。この内容についてだけはカウンセラーがメモを取っていました。 その後は「知ってるつもり」などを中心とした題材ビデオがたくさんあり、そこからカウンセラーが選んできたビデオを観ました。

何度かビデオを見た後で自分の今を知るために占いを勧められました。
この時点でかなりカウンセラーの人を信用していたし、とにかく親身になって話を聞いてくれたことの嬉しさで、疑問に思うことも押し隠すことができました。 とにかく自分のことを1〜10まで話したので、この人に疑問をもつことが怖かったのだと思います。信頼しているということを自分に言い聞かせないと、プライベートな話が壊れてしまうような気がしました。

この占いは3万円のところを1万5千円にしてもらい、ついでに守護印まで買ってしまいました。あ〜値段を言うのが恥ずかしい!占い師の方も私がお金をあまり持っていないと思ったらしく、値段の安い物を紹介していましたがウン十万円です。
場所は千葉県船橋市前原西2-3-2石井建物1階「アスカ」という占い部屋でした。
ここでも即、契約書を出され、拇印を押しました。とりあえず考える暇がなかった・・・契約書にはクーリングオフもできると書いてありましたが、有効期限は契約してから8日間のみ。気がついたときには遅かった・・・

それからビデオの方は講義になりました。まさに講義とは統一教会の教義内容です。
ここからは感想のほかに講義用ノートが配られ、講義の内容を写して、その後のカウンセリングと称する話し合いのときに使用しました。宗教や哲学について興味があったので、この話も今まで考えもしなかった内容だと思い、のめり込んでいきました。
講義は8本のビデオに分かれていました。その間にエイズについてのビデオ「愛情革命」というのも観ました。これはいわゆる結婚するまで性交渉をもつな!ということを強調する内容でした。

私は偶然にもインターネットで講義の内容を検索したところ、統一教会であることを知りました。
こんなに宗教的な内容を話していたにもかかわらず、何の宗教かと疑問に思うことすらありませんでした。
カウンセラーさんのことを信頼していましたし、その人の話すことについて疑問に思うことが無くなっていました。今でも、外形的にはいい人だと思っています。
私の一番の弱みはその人に話した内容が私自身のことだったので、何でもかんでも話したことを否定したくなくて、ある意味自分を守りたくて信頼するしかなかったのかもしれません。
統一教会だと知ったとき、かなりショックでした。

次の日は最後の講義の日でしたが、行く気なれず電話で辞めると伝えました。 ビデオ講義の後には2日間のセミナーがあり、その後も教義の内容について勉強するセミナーや、講習会があるらしかったです。さらに、私が行っていた会は若い人が中心でしたが、年齢によっていろいろな会に分かれているようでした。 2日間のセミナーは八王子の方に行くと言っていました。その他にも高尾山の方、九十九里の方にも行くことがあるようでした。
また、カウンセラーは担当のカウンセラーの他にそのカウンセラーが相談する上の階級の人もいるらしく、Aさんの言うには私のことはどのカウンセラーさんも知っていると言っていました。
カウンセラーさんは左の薬指に金色の中央に丸い部分がある指輪をしていました。今は合同結婚式に参加していたことがわかります。

そしてAさんに電話をした時は、統一教会なんでしょ!と問い詰めました。このことを知ったときショックだったこと、情報を調べればすぐどういった団体なのか判断がつくこと、ここにいて幸せになれると思わない・・・など思っていることを話しました。 Aさんはそれに対して暗く「うん、うん」とうなずくばかりで、何も話してくれませんでした。最後に話してくれてありがとうと言われました。何がありがとうなの?

カウンセラーさんは合同結婚式に出ているくらいだから、こんなに抗議しても無駄だろうと思っていたので、特に理由などは言いませんでした。でもAさんはひょっとしたら統一教会について疑問に思う事があるかもしれないと思って自分の気持ちを話しましたが、どうなのかさっぱりわかりませんでした。

とにかく私はこの会にいたメンバーについて一度も嫌な思いをしたことがないこと、カウンセラーやAさんのことを信頼し、とても気が合う親友のようだと本気で思っていました。会って1ヶ月もしない間にみんながみんな良い方向に進んでいこうとする、前向きな人だと思っていました。

人間の信頼関係なんて相手のことも十分に知らないのにできるわけないよなー。
少々の疑問が心の中に浮かんでくる事はしばしばあったのに、突っ込むことができなかった。相手がいい思いをしないこと、話したくない内容だという事がわかっていたから。
でも、相手を本当に信頼していたら聞いていたと思う。相手の思う通りに思い、行うことがその人のためでもあり、自分のためでもあると思った・・・やっぱり違うよなーこれから見直してみたいと思う。

TOP BACK HOME