土地家屋調査士試験案内-クマちゃんの部屋shiken

クマちゃんの部屋に帰る                                                               

土地家屋調査士試験
受験資格 誰でも受験できます。(高校生でも受けられます。ただし,登録は20才になってから。)
試験内容 筆記試験(午前の部の試験・午後の部の試験)と口述試験(筆記試験合格者のみ。)が実施されます。
   午前の部の試験 択一式問題 10問(計算問題,文章問題 記述式問題1問(計算及び作図)
   午後の部の試験 択一式問題 20問(文章問題のみ) 記述式問題2問(穴埋め式記述,作図

    
試験日時 筆記試験は10月の第三日曜日実施されます。午前の部の試験と午後の部の試験が同日に実施されます。
合格すると,翌年の1月に口述試験が実施されます。
試験の免除

午前の部の試験は、測量士・測量士補、1級建築士・2級建築士の方は免除です。多くの受験者は、午前の部の試験免除で,午後の部の試験のみ受験しています。これから受験する人は,一般に測量士補の受験をします。

測量士補試験
測量士補の受験に関しては、国土地理院の測量士・測量士補に関する試験案内

試験日 例年5月の第三日曜日

願書受付期間 例年1月上旬方から2月中旬まで

試験を受けなくても,大学や短大で一定の学科を卒業すると測量士補が認定されます。調べてみて

測量士補がとれる大学一覧ありました。測量士補がとれる大学一覧

建築士試験 1級・2級建築士の受験に関しては、

建築技術教育普及センター案内
主催者の受験案内

土地家屋調査士の試験に関しては、法務省のホームページへ

  
クマちゃんの部屋に帰る