クマちゃんの部屋 土地家屋調査士の仕事

クマちゃんの部屋に帰る sigoto

1.どんな仕事

 身近なところは、建物を新築したとき
,,,増築したとき,取り壊したときに所有者に依頼されて登記所に登記を申請します。これは,法律で所有者が登記をしなければならないことになっているからです。マンションやビルを新築したときも,登記をすることになっています。
 
 
土地についても,相続した土地の境界がわからない。 相続した土地一部を売りたい
 
と言ったときに,所有者に代わって,調査測量士,登記所に申請します。 

登記所では,土地や建物の登記を行っており,その所有者が申請することになっていて,現地で測量や調査をすることを土地家屋調査士が,権利に関する登記を司法書士が申請しています
2.土地家屋調査士ってあまり知られていない

司法書士というの看板を見たことあるけど,土地家屋調査士はあまり目にすることがないかもしれません。
建物を新築したときには、建築士や施工会社、融資した金融機関がと土地家屋調査士を紹介してくれることが多く,個人で土地家屋調査士を探すと言うことがありません。つまり,新築したときは施工業者や融資を受けrときは
銀行や税理士さん、不動産会社にいろいろ相談しているうちに,土地家屋調査士が実際には依頼されていると言うことが多いからです。プロはよく知っている資格です。

3.どうしたら土地家屋調査士になれる

 
法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格した後、日本土地家屋調査士会連合会に登録をすれば、調査士として仕事をすることができます。
 そのときに、都道府県ごとにある調査士会に入会します。


 

4.今後の調査士は

これからは,IT社会になり,いろいろ仕事の形態が変わり流と言われています。土地家屋調査士は,依頼者や登記所の登記官に代わって,調査測量から登記の申請を行うPプロです。なかなか,これに代わる者はいないと思われます。

最近では土地の境界に付いての争いや不明な点が多く、法務局で筆界特定制度がはじまり、これを申請することができるようになり,さらに,
 裁判で境界を争うとしても、費用と時間がかかることから、裁判外でこれを弁護士と解決することができます。



5.測量士とどう違う

測量士や測量士補は、役所が発注する公共測量に従事するための資格です。
測量士も公共測量において,土地の調査や測量を行いますが,土地の境界を調査して登記するには土地家屋調査士でなければなりません。



クマちゃんの部屋に帰る