クマちゃんの部屋

口述試験再現問題

平成9年口述試験 午後の組

 1 (氏名,住所,受験番号,生年月日が聞かれた)

 2 それでは,不動産登記法について伺います。
  土地の合筆登記について,被相続人A名義の甲土地と乙土地が接続しています。
 Aの相続人B,Cのうち,B単独で合筆できますか。

 3 相続人の一人からできないのは,なぜですか。

 4 それでは甲土地についてA2分の1,B2分の1とする相続登記が,乙土地にはA3分の1,B3分の2とする登記が完了しているときは,合筆できますか。

 5 そうですね。合筆禁止ですね。なぜ合筆が禁止されているのですか。

 6 では,建物について伺います。既登記の建物を隣地にえい行移転したときはどのような登記を申請しますか。

 7 そのとおりです。では,既登記の建物の全部を取壊し,その材料をもちいて建築したときはどうしますか。

 8 ではえい行移転と全部を取壊し建築した場合とはどのように違うのですか。

 9 そのとおり同一性の問題ですね。
 では,被相続人名義の建物を相続人が取壊し,その材料をもちいて建築場合はどうなりますか。

 10 抵当権の登記がある建物を取り壊したとき,抵当権者の承諾書が必要ですか。

 11 またそれはどうしてですか。

 12 先ほどのえい行移転した建物に抵当権の登記があるときはどうですか。

 13 所有権証明書として工事引渡証明書に工事人の印鑑証明書を添付するとき,作成後3ヶ月内である必要がありますか。

 14 では,試験に合格後開業するにはどのような手続きを取りますか。

 15 では,登録後に他の法務局または地方法務局の管内に事務所を移転しようとするときは,どうしますか。

 16 最後にあなたが調査士として業務を行うにあたって,その心構をおっしゃってください。

以上


平成12年口述試験 午後の組

 1 まず,受験番号,氏名,生年月日をおっしゃってください。

 2 表題登記の申請において,所有権証明書を添付する理由を述べてください。

 3 工事人の工事完了引渡証明書の添付が必要な理由はなんですか。

 4 それでは,表題部所有者としてA3分の1,B3分の2として登記されていて,正しくは2分の1づつであるときの登記の目的は何ですか。

 5 では,持分を変更したときにはどうしますか。

 6 質問を変えます。Bが新築してCに売却した場合の申請人は誰ですか。

 7 Bが新築の登記をしたらどうしますか。

 8 では,調査士の業務について伺います。正当な理由がなければ,依頼を拒否できない理由は何ですか。

 9 ある測量士が作成した図面について,登記の申請だけを依頼されたら,どうしますか。

 10 またそれはどうしてですか。

 11 依頼を受けた後,病気になり入院したときはどうしますか。

 12 別の調査士を紹介すべきですね。

 13 では,調査士の心構えをおっしゃってください。

以上 


年度不明 午前の組

 1 緊張せずにリラックスしてお答え下さい。まず,本人確認をしますので,氏名,年齢,生年月日をおっしゃってください。

 2 筆界特定制度について,どのような制度か簡単に説明してください。

 3 筆界特定の申請人は,誰ですか。

 4 筆界特定をする専門委員をなんといいますか。

 5 土地の表示に関する登記には,どのようなものがありますか。

 6 土地の表示に関する登記を大別すると2つあります。それぞれなんといいますか。

 7 報告的登記には,どのようなものがありますか。

 8 所有権界と筆界の違いを述べてください。

 9 地積測量図に記載する座標値は,原則どのようなものですか。

 10 近傍に三角点等の基準点がない場合,どのようにしますか。

 11 恒久的地物とは,具体的にどのようなものですか。

 12 質問を変えます。建物の増築とはどのようなものですか。

 13 区分建物とは,どのようなものですか。

 14 登記することができる敷地利用権の種類を述べてください。

 15 所有権敷地権の登記がされている土地の分筆登記の申請は誰がしますか。

 16 最後に,調査士制度の目的を述べてください。

 17 調査士の業務を3つあげてください。

 18 調査士に対する懲戒処分の種類を述べてください。

 19 調査士が業務の禁止処分を受けたらどうなりますか。

  以上


年度不明 午前の組

 1 これから口述試験を始めます。氏名,生年月日,住所,受験番号をおっしゃってください。

 2 所有権の登記があるA地と所有権の登記がないB地は,合筆できますか。

 3 それは,どうしてですか。

 4 今の登記の申請に,申請人の印鑑証明書が必要ですか。

 5 建物について伺います。

  既登記の甲所有の建物があり,同敷地内に甲建物以前に建てられた新築年月日が不詳の乙建物があります。

  主と附の関係にあるとき,表題部の変更の登記ができますか。

 6 そのとき各階平面図が必要ですか。

 7 では調査士法について伺います。調査士の業務を述べてください。

 8 調査士は,他人から依頼を受けたときはこれを拒むことができますか。

 9 依頼を拒否するときに,何か必要ですか。

 10 補助者を雇うときに,どのようなことに注意しますか。

 11 依頼人から,依頼を受けたときにどのようにしますか。

 12 調査士として業務を行う上で,その心構えを述べてください。

 以上


年度不明 午後の組

 1 省略

 2 まず,不動産登記法について伺います。被相続人名義の土地の合筆登記を相続人の一人から申請できますか。

 3 それは,なぜですか。

 4 先の例で,相続登記として相続人A2分の1,B2分の1と登記されている甲土地と相続人A3分の1,B3分の2と登記されている場合,甲土地と乙土地は合筆できますか。

 5 それは,なぜですか。

 6 建物について,伺います。既登記の建物を隣地にえい行移転したときは,どのような登記をしますか。

 7 ではその建物を全部取壊し,その材料を用いて隣地に立て替えたときは,どのような登記をしますか。

 8 では,えい行移転と,全部取壊し,その材料を用いて隣地に立て替えたときとは,どのような違いがあるのですか。

 9 被相続人名義の建物を相続人が取り壊し,その材料を用いて新築したときは,どうしますか。

 10 では,滅失の登記をする建物に抵当権が登記されているときは,何か添付書類が必要ですか。

 11 それはなぜですか。

 12 試験に合格したあと,調査士となるにはどのような手続きが必要ですか。

 13 では,登録後他の法務局または地方法務局管内に事務所を移転しようとするときは,どうしますか。

 14 最後に,調査士として業務を行う場合のあなたの心構えを教えてください。


年度不明(平成12年頃) 午後の組

 1 省略
 
 2 建物の合体とは,どのようなことですか。

 3 区分建物の合体というのがありますか。

 4 では,合体の場合の登記の目的を述べてください。

 5 その場合の申請書は別々ですか。

 6 その場合の申請人は誰ですか。

 7 たとえは,Aの所有権登記がある建物とBの所有権の登記がない建物を合体したときは,誰のために所有権登記をしますか。

 8 今の事例で,Aから申請できますか。

 9 申請人は,登記所に出頭する必要がありますか。

 10 合体後の所有者はどうなりますか。

 11 では,未登記建物同士の合体はどうなりますか。

 12 そのときの登記原因及びその日付はどう記載しますか。

 13 主である建物とその附属建物を合体したときは,どうなりますか。

 14 次に土地家屋調査士法について伺います。

 15 公共嘱託登記土地家屋調査士協会の目的は何ですか。

 16 社員は誰ですか。

 17 社員の制限がありますか。

 18 協会の業務の制限がありますか。

 19 それでは最後のあなたが土地家屋調査士として業務をおこなう上での注意点を述べてください。

以上



年度不明(11月12日) 午前の組 大手町合同庁舎

 1 これから口述試験を始めます。はじめに受験番号,氏名,年齢,生年月日を聞かせてください。

 2 登記所には,どのような図面がありますか。

 3 地積測量図には,境界標があるときにはこれを記載することになっていますが,どのような理由からですか。

 4 AとBが共有する一筆の土地の一部をCに売却した場合,Aは単独で分筆できますか。

 5 Cが所有権の移転の登記を受けるために,Cができることがありますか。

 6 Aが申請する前に死亡したら,相続人はどうしますか。

 7 Cが所有権の登記を受けるには,どのような申請をするか,知っていますか。

 8 それでは,調査士法について伺います。試験に合格後開業するためにどのような手続きが必要ですか。

 9 開業後,補助者をおくと思いますが,そのときの注意点はなんですか。

 10 最後に,調査士としての心構えをお聞かせ下さい。

以上

  東京法経学院 口述模擬2000円