スキッドマークから車の速度を計算する

河原崎法律事務所ホーム弁護士用計算機集
Last updated 2015.4.30mf改訂

交通事故の際の、車のスピードが問題になることがあります。弁護士実務では、運転者の供述のほかに、客観的な証拠として、現場に残ったスリップ痕(スキッドマーク)の長さから、車のスピードを推測(自動計算)します。交通事故の原因調査に利用できます。

車のスピード計算機
スリップ痕の長さ
m
半角数字


路面状況を選び、スリップ痕の長さを入れ、計算ボタンをクリックしてください

頭の数字は、摩擦係数です。
色々な路面の状態に対するタイヤの摩擦係数
路面の状態 / タイヤの状態摩擦係数
乾いたアスファルト/乾いたコンクリート
かつ、タイヤは良好
0.8
乾いたアスファルト/乾いたコンクリート
かつ、タイヤは普通
0.7
乾いたアスファルト/乾いたコンクリート
かつ、タイヤは磨耗
0.6
濡れたコンクリート0.5
濡れたアスファルト0.45〜0.6
砂利道路0.55
乾いた非舗装道路0.65
濡れた非舗装道路0.4〜0.5

【車速は、次の計算式で、計算しています】
速度 km / h = √( 2×9.8×摩擦係数 × スキッドマークの長さ ) × 3600 / 1000


計算例:スキッドマーク25mの場合

速度km/h( 2×9.8×摩擦係数×スキッドマークの長さ× 3600 / 1000
66.7km/h( 2×9.8×0.7×25× 3600 / 1000

四輪車で、(前輪のスキッドマークと後輪のスキッドマークが重なっているため)2条のスキッドマーク(skid mark)しか認識できないときは、前輪と後輪のスキッドマークの重複部分をチェックする。その場合は、スキッドマークの長さから、車のホイールベースの長さ(前輪と後輪の車軸間の長さ)を差引いた数値を、入力してください

弁護士ホーム弁護士の交通事故相談
港区虎ノ門3丁目18-12-301(神谷町駅1分)弁護士河原崎法律事務所 03-3431-7161