ひまつぶし問題

過去問をベースとした練習問題。学科のみ。内容は受験者が持ち帰った試験問題とほぼ同じですが、管理人の判断で、問題文や選択肢、レイアウトを変えているものもあります。

ひまつぶし問題について

出題年度別とカテゴリ別があります。

○出題年度別

過去問を出題年度ごとにまとめました。出題順は本試験と同じです。

○カテゴリ別

過去問をカテゴリ別に分類しました。カテゴリ名は協会の試験要項に準じています。カテゴリ名の右にある(  )内の数字は設問数です。

<<ひまつぶし問題を利用するにあたってのお願い >>
問題と解答を丸暗記するのではなく、なぜその解答になるのか、きちんとご自身で確認してくださいね。
Web制作の現場では、迅速な判断と、それに基づいた効率の良い作業手順が求められます。
実践につながる知識や技術を身につけるためにも、「問題と解答を丸暗記」という勉強方法だけは、くれぐれもしないでくださいね。

ウェブデザイン技能検定 受験に向けた勉強方法・おすすめの書籍など

過去問とまったく同じ問題は出る?

今のところは類似問題は数問という程度のようなので、ひまつぶし問題だけでは厳しい・・かな。ひまつぶし問題を解きながら用語をまとめるとか、試験範囲・難易度の確認に利用するとか、補助的に使うと効果的のような気がします。

傾向ってある?

カテゴリ名の右にある(  )内の数字は設問数なので、傾向らしきものがちょっとは読み取れる・・かな?

おすすめの書籍

益子貴寛さんの「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」は、本当に教科書です。読みやすく、分かりやすく、それでいて細かいところまでとても丁寧に解説されています。受験者のみならずWebに関わる方には必携の書だと思います。

おすすめのサイト

仕様書等へのリンク」ページにあるサイトは目を通しておいたほうが良いと思います。日本語版もあります。私は印刷して試験に出たところはマーカーで線を引いたりしました。その他、勉強に利用したサイトは数え切れないほどありますが、中でも「 Web for Beginner 作成支援 」の「PHP入門」では大変お世話になりました。見やすく分かりやすく、大変ためになるサイトです。オススメです。

問題集はある?

2級対策問題集」「3級対策問題集」が出版されています。私は2級を受験した時に使用したのですが、良い勉強にはなりました。試験対策になるかどうかはレビューを参考にしてください。

初心者なのですが・・・。

「HTMLって何?CSSって何?」という方は、・・・これは違う資格試験の問題集なのですが、「Webクリエーター能力認定試験(HTML4.01対応)<初級>公認テキスト&問題集【改訂版】 (よくわかるマスター) ←初級です。」がオススメです。巻末に過去問題があります。この問題が、制限時間の約3分の2程度の時間で解ければ、3級実技に関しては合格圏内に入れるのでは、と思います。またXHMTLに関しては、「よくわかるXHTMLとCSSによるWebサイト作成 (よくわかるトレーニングテキスト) 」がオススメです。XHTMLを学びつつ、Webサイト制作の流れについても知ることができます。

私は仕事柄(インストラクター)FOM出版のテキストをよく使うのですが、ここの書籍は、本なのにまるで誰かが手取り足取り教えてくれるような作りになっていて本当に親切です。それでいて随所に深い知識がさりげなく散りばめられているので、初心者以外の方にもかなり読み応えがあると思います。

実技対策はどうすれば・・?

協会サイトに練習問題があります。また、「2級対策問題集」「3級対策問題集」も出ています。それ以外ですと、他の資格試験の対策本になってしまうのですが、上記でもご紹介した「Webクリエーター能力認定試験(HTML4.01対応) <上級> 公認テキスト&問題集【改訂版】 (よくわかるマスター)←上級です。」を利用しても良いかと思います。巻末の過去問題を見直しも含めて制限時間内に余裕で解き終えれば、コーディングに関して、3級実技はもちろん2級実技も、なんとか合格圏内に入るのではないかと思います。他の資格試験対策本なのですが、一押しのFOM出版の書籍なので、とてもためになります。