◆◆◆ 巻第十 国造本紀 ◆◆◆


++++++++++++++++++++++

先代旧事本紀102 投稿者:HISASHI  投稿日: 6月 9日(水)18時29分58秒

◎本日分

本日から、巻第十 国造本紀です。それぞれの国造の由来です。

本日分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天孫の天饒石国饒石天津彦彦火瓊瓊杵尊(あめのぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎのみこと)の孫の磐余彦尊(いわれひこのみこと)は日向の国を出発して倭の国に向かわれた東征の時に大倭の国に海夫(あま)を見つけ、左右の者に

「海中に浮かんでいる者は何者だ」

と言われた。粟忌部首(あわのいむべのおびと)の先祖の天日鷲命(あめのひわしのみこと)を遣わしてこれを調べさせた。還ってきて復命し

「これは、椎根津彦(しいねつひこ)と云うものでした。」

と言い、召して率いてきた。天孫は

「お前は誰だ」

と問われた。答えて

「私は皇祖の彦火火出見尊(ひこほほべみのみこと)の孫の椎根津彦と言います」

と言った。命じられて

「朕を従えて、道案内が出来るか」

と言われた。答えて

「私は、海陸の道を良く知っています。道案内させていただきます」

と言った。天孫は勅して

「椎根津彦を案内人とする」

と言われた。遂に天下を治平され、初めて橿原に都を造られ、天皇位に登られた。勅して功績と能力を褒め国造(くにのみやつこ)を賜った。その後、逆らうものを誅殺し、県主を定められた。これはその始まりで有る。椎根津彦を大倭の国造とした。大倭直(おおやまとのあたい)の先祖である。剣根命(つるぎねのみこと)を葛城国造(かつらぎのくにのみやつこ)とした。葛城直(かつらぎのあたい)の先祖である。彦己蘇根命(ひここそねのみこと)を凡河内国造(おふしかわちのくにのみやつこ)とした。凡河内忌寸(おふしかわちのいみき)の先祖である。天目一命(あめのめひとつのみこと)を山代国造(やましろのくにのみやつこ)とし山代直(やましろのあたい)の先祖である。天日鷲命を伊勢国造(いせのくにのみやつこ)とした。伊賀伊勢国造(いがいせのくにのみやつこ)の先祖で有る。天道根命(あめのみちねのみこと)を紀伊国造(きいのくにのみやつこ)とした。紀河瀬直(きのかわのせのあたい)の先祖である。宇陀県主兄猾(うだのあがたぬしのえうかし)を誅し、弟猾(おとかし)を建桁県主(たけたのあがたぬし)とした。志貴県主兄磯城(しきのあがたぬしえしき)を誅し、弟磯城(おとしき)を志貴県主とした。三人の臣を選んで遣わし、治めるか否かを巡察させた。功績が有るものは、その能力のままに国造を定められた。逆らうものは誅殺し、その功績と能力を測り県主を定められた。任せた国造の数は百四十四国。

・大倭国造(おおやまとのくにのみやつこ)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に椎根津彦命を初めて大倭国造とした。

・葛城国造(かつらぎのくにのみやつこ)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に剣根命を初めて葛城国造とした。

・凡河内国造(おふかわちのくにのみやつこ)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に彦己曾保理命(ひここそほりのみこと)を凡河内国造とした。

・和泉国造(いずみのくにのみやつこ)
  元は河内の国で霊亀[元正天皇]元年に割いて茅野監(ちののつかさ)を置く。改めて国とした。元は珍努官(ちぬのつかさ)

・摂津国造(せっつのくにのみやつこ)
  法令を批准する摂津職(せっつのつかさ)と言う。初めは京師(みやこ)とし、柏原帝[桓武天皇]代に職を改めて国とした。

・山代国造(やましろのくにのみやつこ)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に阿多根命(あたねのみこと)を山代国造とした。

・山背国造(やましろのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に曾能振命(そのふりのみこと)を国造に定められた。

本日分ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++

先代旧事本紀103 投稿者:HISASHI  投稿日: 6月10日(木)18時28分11秒

◎本日分

国造本紀の続きです。

本日分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・伊賀国造(いがのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に皇子の意知別命(おちわけのみこと)の三世の孫の武伊賀都別命(たけいがつわけのみこと)を国造に定められた。難波の帝[孝徳天皇]の御世に伊勢国に属し、飛鳥の帝[天武天皇]の御世に元の様に割いて置く。

・伊勢国造(いせのくにのみやつこ)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に天降る天牟久努命(あめのむくぬのみこと)の孫の天日鷲命(あめのひわしのみこと)を勅して国造に定められた。

・島津国造(しまつのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に出雲臣(いずものおみ)の先祖の佐比禰足尼(さひねのすくね)の孫の出雲笠夜命(いずものかさやのみこと)を国造に定められた。

・尾張国造(おわりのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に天別の天火明命(あめのほのあかりのみこと)十世の孫の小止與命(おとよのみこと)を国造に定められた。

・参河国造(みかわのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に物部連(もののべのむらじ)の先祖の出雲色大臣命(いずもしこおのおおおみのみこと)の五世の孫の知波夜命(ちはやのみこと)を国造に定められた。

・穂国造(ほのくにのみやつこ)
  泊瀬朝倉の帝[雄略天皇]の御世に生江臣(いくえのおみ)の先祖の葛城襲津彦命(かつらぎそつひこのみこと)の四世の孫の菟上足尼(うちかみのすくね)を国造に定められた。

・遠淡海国造(とおつあうみのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に物部連の先祖の伊香色雄命(いかしこおのみこと)の子の印岐美命(いきみのみこと)を国造に定められた。

・久努国造(くぬのくにのみやつこ)
  筑紫の香椎の帝[仲哀天皇]の御世に物部連の先祖の伊香色男命(いかしこおのみこと)の孫の印播足尼(いなばのすくね)を国造に定められた。

・素賀国造(すがのくにのみやつこ)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に始めて天下を定められたときに従者であった美志印命(みしいにのみこと)を国造に定められた。

・珠流河国造(するがのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に物部連の先祖の大新川命(おおにいかわのみこと)の子の片堅石命(かかしにみこと)を国造に定められた。

・廬原国造(いおはらのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に池田坂井君(いけだのさかいのきみ)の先祖の吉備武彦命(きびのたけひこのみこと)の子の意加部彦命(おかべひこのみこと)を国造に定められた。

・伊豆国造(いずのくにのみやつこ)
  神功皇后の御世に物部連の先祖の天○桙命(あめのみほこのみこと)の八世の孫の若建命(わかたけのみこと)を国造に定められた。難波の帝[孝徳天皇]の御世に駿河国に属し、飛鳥の帝の御世に元の様に割いて置く。

・甲斐国造(かいのくにのみやつこ)
  纏向の日代の帝[景行天皇]の御世に狭穂彦王(さほひこのおおきみ)の三世の孫の臣知津彦公(おみちつひこのきみ)の子の塩海足尼(しおうみのすくね)を国造に定められた。

・相武国造(さがみのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に武刺国造(むさしのくにのみやつこ)の先祖の神伊勢津彦命(かむいせつひこのみこと)の三世の孫の弟武彦命(おとたけひこのみこと)を国造に定められた。

・師長国造(しながのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に茨城国造(いばらぎのくにのみやつこ)の先祖の建許呂命(たけころのみこと)の子の意富鷲意彌命(おおわしおみのみこと)を国造に定められた。

・无邪志国造(むさしのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に出雲臣(いずみのおみ)の先祖の名は二井之宇迦諸忍之神狭命(ふたいのうかもろおのかむさのみこと)の十世の孫の兄多毛比命(えたもひのみこと)を国造に定められた。

・胸刺国造(むさしのくにのみやつこ)
  岐閇国造(ぎへのくにのみやつこ)の先祖の兄多毛比命の子の伊狭知値(いさちのあたい)を国造に定められた。

・知知夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に八意思金命(やこころおもいのかねのみこと)の十世の孫の知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)を国造に定められた。大神を斎奉る。


本日分ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++

先代旧事本紀104 投稿者:HISASHI  投稿日: 6月11日(金)18時47分26秒

◎本日分

国造本紀の続きです。

本日分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・須恵国造(すえのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に茨城国造の先祖の建許呂命の子の大布日意彌尊(おおぬのひおみのみこと)を国造に定められた。

・馬来田国造(まくたくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に茨城国造の先祖の建許呂命の子の深河意彌尊(ふかかわおみのみこと)を国造に定められた。

・上海上国造(かみうなかみのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に天穂日命(あめほひのみこと)の八世の孫の忍立化多比命(おしたちけたひのみこと)を国造に定められた。

・伊甚国造(いじみのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に安房国造(やすふさのくにのみやつこ)の先祖の伊許保止命(いこほとのみこと)の孫の伊己○(人偏呂)止直(いころとのあたい)を国造に定められた。

・武社国造(むさのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に和邇臣(わにのおみ)の先祖の彦意祁都命(ひこおきつのみこと)の孫の彦忍人命(ひこおしひとのみこと)を国造に定められた。

・菊麻国造(きくまくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に无邪志国造の先祖の兄多毛比命の子の大鹿国直(おおかくにのあたい)を国造に定められた。

・阿波国造(あわのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に天穂日命の八世の孫の彌都○(人偏呂)岐命(みつろぎのみこと)の孫の大伴直大瀧(おおとものあたいおおたき)を国造に定められた。

・印波国造(いんばのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に神八井耳命(かむやいみみのみこと)の八世の孫の伊都許利命(いつこりのみこと)を国造に定められた。

・下海上国造(しもつうなかみのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に上海上国造の先祖の孫の久都伎直(くつきのあたい)を国造に定められた。

・新治国造(にいはりのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に美都呂岐命(みつろぎのみこと)の子の比奈羅布命(ひならふのみこと)を国造に定められた。

・筑波国造(つくばのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に忍凝見命(おしこりみのみこと)の孫の阿閇色命(あへしこのみこと)を国造に定められた。

・茨城国造(いばらぎのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に天津彦根命(あまつひこねのみこと)の孫の筑紫刀禰(つくしとね)を国造に定められた。

・仲国造(なかのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に伊豫国造(いよのくにのみやつこ)の同じ先祖の建借馬命(たけかしまのみこと)を国造に定められた。

・久自国造(くじのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に物部連の先祖の伊香色雄命(いかしこおのみこと)の三世の孫の船瀬足尼(ふなせのすくね)を国造に定められた。

・高国造(たかのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に彌都呂岐命の孫の彌佐比命(みさひのみこと)を国造に定められた。

・淡海国造(おうみのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に彦坐王(ひこいますのおおきみ)の三世の孫の大陀牟夜別(おおたむやわけ)を国造に定められた。

・額田国造(ぬかたのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に和邇臣の先祖の彦訓服命(ひこくにふくのみこと)の孫の大直呂宇命(おおちろうのみこと)を国造に定められた。

・三野前国造(みののくちのくにのみやつこ)
  春日率川の帝[開化天皇]の御世に皇子の彦坐王の子の八瓜命(やつりのみこと)を国造に定められた。

本日分ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++

先代旧事本紀105 投稿者:HISASHI  投稿日: 6月12日(土)19時18分35秒

◎本日分

国造本紀の続きです。

本日分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・三野後国造(みののしりのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に物部連の先祖の出雲大臣命の孫の臣賀夫良命(おみかふらのみこと)国造に定められた。

・斐陀国造(ひだのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に尾張連の先祖の○(おき)津世襲命(おきつよそのみこと)の子の大八埼命(おおやきのみこと)を国造に定められた。

・上毛野国造(かみつけぬのくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に皇子の豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)の孫の彦狭島命(ひこさしまのみこと)が初めて東方十二国を平定されたとき封ぜられた。

・下毛野国造(しもつけぬのくにのみやつこ)
  難波高津の帝[仁徳天皇]の御世に元は毛野国を分けて上と下とにした。豊城命の四世の孫の奈良別(ならわけ)を初めて国造に定められた。

・道奥菊多国造(みちのおくのきくたのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に建許呂命(たけころのみこと)の子の屋主乃禰(やぬしのね)を国造に定められた。

・道口岐閇国造(みちのくちのきへのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に建許呂命の子の宇佐比乃禰(うさひのね)を国造に定められた。

・阿尺国造(あさかのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に阿岐国造(あきのくにのみやつこ)の同祖の天湯彦命(あまのゆつひこのみこと)の十世の孫の比止禰命(ひとねのみこと)を国造に定められた。

・思国造(おもいのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に阿岐国造の同祖の十世の孫の志久麻彦(しくまひこ)を国造に定められた。

・伊久国造(いくのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に阿岐国造の同祖の十世の孫の豊島命(とよしまのみこと)を国造に定められた。

・染羽国造(しばのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に阿岐国造の先祖の十世の孫の足彦命(たらしひこのみこと)を国造に定められた。

・浮田国造(うたのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に瑞籬の帝[崇神天皇]の五世の孫の賀我別王(かがわけのおおきみ)を国造に定められた。

・信夫国造(しのぶのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に阿岐国造の同祖の久志伊麻命(くしいまのみこと)の孫の久麻直(くまのあたい)を国造に定められた。

・白河国造(しらかわのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に天降った天由都彦命(あまのゆつひこのみこと)の十一世の孫の塩伊乃自直(しおいのこしのあたい)を国造に定められた。

・石背国造(いわせのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に建許○(人偏呂)命の子の建彌依米命(たけみよりめのみこと)を国造に定められた。

・石城国造(いわきのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に建許○(人偏呂)命を国造に定められた。

・那須国造(なすのくにのみやつこ)
  纏向の日代の帝[景行天皇]の御世に建沼河命(たけぬまかわのみこと)の孫の大臣命を国造に定められた。

・科野国造(しなののくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に神八井耳命(かむやいみみのみこと)の孫の建五百建命を国造に定められた。

・出羽国造(ではのくにのみやつこ)
  諾羅(なら)の帝[元明天皇]の御世の和同五年に陸奥・越後の二国を割き始めてこの国を置く。

本日分ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++

先代旧事本紀107 投稿者:HISASHI  投稿日: 6月14日(月)18時18分32秒

◎本日分

国造本紀の続きです。

本日分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・出雲国造(いずものくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に天穂日命(あまのほひのみこと)の十一世の孫の宇迦都久怒(うかつくぬ)を国造に定められた。

・石見国造(いわみのくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に紀伊国造と同祖の蔭佐奈朝命(かげさなあさのみこと)の子の大屋古命(おおやこのみこと)を国造に定められた。

・意岐国造(おきのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に観松彦伊呂止命(みまつひこいろとのみこと)の五世の孫の十挨彦命(とおえひこのみこと)を国造に定められた。

・針間国造(はりまのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に稲背入彦命(いなせいりひこのみこと)の孫の伊許自別命(いこじわけのみこと)を国造に定められた。

・針間鴨国造(はりまのかものくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に上毛野(かみつけぬ)と同祖の御穂別命(みほわけのみこと)の子の市入別命(いちいりわけのみこと)を国造に定められた。

・明石国造(あかしのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に大倭直と同祖の八代足尼(やしろのすくね)の子の都彌自足尼(とみじのすくね)を国造に定められた。

・美作国造(みまさかのくにのみやつこ)
  諾羅(なら)の帝[元明天皇]の御世の和同六年に備前国を分割して美作国を置く。
・大伯国造(おおくのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に神魂命(かみむすびのみこと)の七世の孫の佐紀足尼(さきのすくね)を国造に定める。

・上道国造(かみつみちのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に始めて中彦命(なかつひこのみこと)の子の多佐臣(たさのおみ)を封じて始めて国造とされた。

・三野国造(みぬのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に始めて弟彦命(おとひこのみこと)を封じて次に国造を定められた。

・下道国造
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に始めて兄彦命(えひこのみこと)名は稲建別(いなたけわけ)を封じて国造を定められた。

・加夜国造(かやのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に上道国造と同祖の中彦命(なかつひこのみこと)を封じて改めて国造を定められた。

・笠臣国造(かさのおみのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に始めて鴨別命(かもわけのみこと)の八世の孫の笠三枚臣(かさのみひらのおみ)を封じて国造を定められた。

・吉備中縣国造(きびのなかつあがたのくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に神魂命(かみむすびのみこと)の十世の孫の明石彦を国造に定められた。

・吉備穴国造(きびのあなのくにのみやつこ)
  纏向の日代の帝[景行天皇]の御世に和邇臣(わにのおみ)と同祖の彦訓服命(ひこくにふくのみこと)の孫の八千足尼(やちのすくね)を国造に定められた。

・吉備品治国造(きびのほむちのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に多遅麻君(たじまのきみ)と同祖の若角城命(わかつのきのみこと)の三世の孫の大船足尼(おおふねのすくね)を国造に定められた。

・阿岐国造(あきのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に天湯津彦命(あまのゆつひこのみこと)の五世の孫の飽速玉命(あきはやたまのみこと)を国造に定められた。

・大島国造(おおしまのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に无邪志国造(むさしのくにのみやつこ)と同祖の兄多毛比命(えたもひのみこと)の子の穴倭古命(あなやまとこのみこと)を国造に定められた。

・波久岐国造(はくきのくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に阿岐国造と同祖の金波佐彦(かねはさひこ)の孫の豊玉根命(とよたまねのみこと)を国造に定められた。

・周防国造(すはのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に茨城国造と同祖の加米乃意美(かめのおみ)を国造に定められた。

本日分ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++

先代旧事本紀108 投稿者:HISASHI  投稿日: 6月15日(火)18時43分52秒

◎本日分

国造本紀の続きです。

本日分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・都怒国造(つぬのくにのみやつこ)
  難波高津の帝[仁徳天皇]の御世に紀臣(きのおみ)と同祖の都怒足尼(つぬのすくね)の子の鳥足尼(とりのすくね)を国造に定められた。

・穴門国造(あなとのくにのみやつこ)
  纏向の日代の帝[景行天皇]の御世に櫻井田部連(さくらいのたべのむらじ)と同祖の邇伎都美命(にぎつみのみこと)の四世の孫の速都鳥命(はやつとりのみこと)を国造に定められた。

・阿武国造(あむのくにのみやつこ)
  纏向の日代の帝[景行天皇]の御世に神魂命(かみむすびのみこと)の十世の孫の味波波命(うましははのみこと)を国造に定められた。

・紀伊国造(きいのくにのみやつこ)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の五世の孫の天道根命(あめのみちねのみこと)を国造に定められた。

・熊野国造(くまののくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に饒速日命(にぎはやひのみこと)の五世の孫の大阿斗足尼(おおあとのすくね)を国造に定められた。

・淡道国造(あわじのくにのみやつこ)
  難波高津の帝[仁徳天皇]の御世に神皇産霊尊の九世の孫の矢口足尼(やぐちのすくね)を国造に定められた。

・粟国造(あわのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の九世の孫の千波足尼(ちはのすくね)を国造に定められた。

・長国造(ながのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に観松彦伊呂止命(みまつひこいろとのみこと)九世の孫の韓背足尼(からせのすくね)を国造に定められた。

・讃岐国造(さぬきのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に景行天皇の神櫛王(かむくしのおおきみ)の三世の孫の須賣保禮命(すめほれいのみこと)を国造に定められた。

・伊余国造(いよのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に印幡国造(いんばのくにのみやつこ)と同祖の敷桁彦命(しきけたひこのみこと)の子の速後上命(はやのちあがりのみこと)を国造に定められた。

・久味国造(くみのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に神魂尊(かみむすびのみこと)の十三世の孫の伊與主命(いよぬしのみこと)を国造に定められた。

・小市国造(おいちのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に物部連と同祖の大新川命(おおにいかわのみこと)の孫の子致命(こちのみこと)を国造に定められた。

・怒麻国造(ぬまのくにのみやつこ)
  神功皇后の御世に阿岐国造と同祖の飽速玉命(あきはやたまのみこと)の三世の孫の若彌尾命(わかみおのみこと)を国造に定められた。

・風速国造(かぜはやのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に物部連の先祖の伊香色男命(いかしこおのみこと)の四世の孫の阿佐利(あさり)を国造に定められた。

・都佐国造(とさのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に長阿比古(ながのあひこ)と同祖の三島溝杭命(みつまのみぞくいのみこと)の九世の孫の小立足尼(おたてのすくね)を国造に定められた。

・波多国造(はたのくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に韓襲命(からそのみこと)を神の教えにより国造に定められた。

本日分ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++

先代旧事本紀109 投稿者:HISASHI  投稿日: 6月16日(水)18時25分5秒

本日で先代旧事本紀の全巻終了です。長かったぁ。

◎本日分

国造本紀の続きで、今日で巻第十が終了です。

本日分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・筑志国造(つくしのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に阿倍臣(あべのおみ)と同祖の大彦命(おおひこのみこと)の五世の孫の田道命(たみちのみこと)を国造に定められた。

・竺志米多国造(じくしまたのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に息長公(おきながのきみ)と同祖の稚沼毛二俣命(わかぬけふたまたのみこと)の孫の都紀女加(つきめか)を国造に定められた。

・豊国造(とよとくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に伊甚国造(いじみのくにのみやつこ)と同祖の宇那足尼(うなのすくね)を国造に定められた。

・宇佐国造(うさのくにのみやつこ)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の孫の宇佐津彦命を国造に定められた。

・国前国造(くにさきのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に吉備臣(きびのおみ)と同祖の吉備都命(きびつのみこと)の六世の孫の午佐自命(うまさじのみこと)を国造に定められた。

・比多国造(ひたのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に葛城国造と同祖の止波足尼(とはのすくね)を国造に定められた。

・火国造(ひのくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に大分国造と同祖の志貴多奈彦命(しきたなひこのみこと)の子の遅男江命(ちおえのみこと)を国造に定められた。

・松津国造(まつつのくにのみやつこ)
  難波高津の帝[仁徳天皇]の御世に物部連の先祖の伊香色男命(いかしこおのみこと)の孫の金弓連(かねゆみのむらじ)を国造に定められた。

・末羅国造(まつらのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に穂積臣(ほずみのおみ)と同祖の大水口足尼(おおみなくちのすくね)の孫の矢田稲吉(やたのいねき)を国造に定められた。

・阿蘇国造(あそのくにのみやつこ)
  瑞籬の帝[崇神天皇]の御世に火国造と同祖の神八井耳命(かむやいみみのみこと)の孫の速瓶玉命(はやみかだまのみこと)を国造に定められた。

・葦分国造(あしきたのくにのみやつこ)
  纏向の日代の帝[景行天皇]の御世に吉備津彦命(きびつひこのみこと)のこの三井根子命(みいねこのみこと)を国造に定められた。

・天草国造(あまくさのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に神魂尊(かみむすびのみこと)の十三世の孫の建島松命(たけつままつのみこと)を国造に定められた。

・日向国造(ひゅうがのくにのみやつこ)
  軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に豊国別皇子の三世の孫の老男(おいお)を国造に定められた。

・大隈国造(おおすみのくにのみやつこ)
  纏向の日代の帝[景行天皇]の御世に平らげ治め隼人と同祖の初小。仁徳天皇の御世には伏布を日佐として国造に定められた。

・薩摩国造(さつまのくにのみやつこ)
  纏向の日代の帝[景行天皇]の御世に薩摩隼人等を討ち仁徳天皇の御世に日佐を改め直とする。

・伊吉島造(いきのしまのみやつこ)
  磐余玉穂の帝[継体天皇]の御世に石井(いわい)に従う者と新羅の海人を討ち、天津水凝(あまつみずこり)の後、上毛布直(かみつけふのあたい)を造とする。

・津島縣直(つしまのあがたのあたい)
  橿原の帝[神武天皇]の御世に高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の五世の孫の建彌己己命(たけみここのみこと)を改めて直とする。

・葛津立国造(ふちつたちのくにのみやつこ)
  志賀高穴穂の帝[成務天皇]の御世に紀直(きのあたい)と同祖の大名草彦命(おおなくさひこのみこと)の子の若彦命(わかひこのみこと)を国造に定められた。

本日分ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

++++++++++++++++++++++